2016年12月10日 (土)

「腸健康法」 / 藤田先生の本

Fujitadr 藤田先生の本をコンビニで見つけたので、思わず購入しました。

腸管粘膜免疫の話をしていたところなので、ものすごい偶然。

一生太らない体をつくる「腸健康法」 ~我慢しないでムリなく痩せる81の方法 (だいわ文庫) 一生太らない体をつくる「腸健康法」 ~我慢しないでムリなく痩せる81の方法 (だいわ文庫)
藤田紘一郎

大和書房  2016-07-09
売り上げランキング : 9181

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

寄生虫で有名な藤田先生は、父親の同級生です。ユニークな先生が多く、亡くなってしまった一の宮先生も面白い先生でした。やはり同級生だった鳥屋先生は、なんと青山病院に勤務したときの院長先生でした。父親と同門の久保田先生は、東京共済病院の院長先生をしています。

医科歯科の歯学部に歯を治しに来た父親と、記念講演にいらした藤田先生と、附属病院の外来で働いていた私が、病棟16Fのオークラで会って食事をしたのは、良い思い出です。

健康な肥満の方の便を、やせている腸の病気の人に治療のために移植をすると、やせていた人が太ってしまったという事が報告されています。

腸内細菌が、人間の代謝をコントロールしている。そこにフォーカスをあてた本になっています。父親の世代なのに、本を次々だしているエネルギーには、頭が下がります。素晴らしい。

|

単純な化合物から複雑系へ / まだ動ける

今日は、お仕事を一生懸命しました。

その後に基礎研究のお話をさせて頂きました。
創薬の話を本に書いた時から考えていたことについて語り合うことが出来ました。

微生物と戦うための簡単な化合物を発見。真菌や放線菌などの地中の微生物から、様々な抗生物質を単離。抗体のような、高分子の生物学的な製剤へ進化。その先は、生きた菌をつかった生体のメカニズムを整える方向へ・・・

シンプルな鍵と鍵穴のようなメカニズムのものから、生体の持つ複雑系へ良い影響を与える方法論への進化。そういったことを語り合いました。本当に楽しかった。

その後、落ち着いた所で、待って頂いた方々に一つずつ一生懸命おたよりしました。

時間も遅くなり、一瞬、とってもガンバった気がします。

でも、きっとガンバっていない。こんなの、まだ努力が十分ではない。

数時間後にはトレーニングの時間がやってきます。

そこで頑張れるか。

「限界は自分で決めるな」 師匠の言葉を胸に、また走り始めようと思います。明日は、絶対に自分に負けない。

アンダーアーマーのDOMEとアディダス、Reebokからお便りがきました。
とっても有利な条件だったので、プロテインや冬ウエアを購入しました。

一歩ずつ。

|

2016年12月 9日 (金)

トレーニングと炭水化物 / ケトンで運動 / カーボバックローディングの治癒効果

Sky1125

今朝は、出版社の方に脳とカラダは呼応していて一体化している ということについてお伝えしました。

運動が、脳を変化させることは知られるようになってきました。

ダイエットのことを考えるときには、食事だけでなくトレーニングも重要であることをお話ししました。この二つは両輪。

太りすぎのときには、食事療法が重要。
その後の維持期や身体能力増加期には、運動の質と量の比率がたかくなります。その時期になると、今度は運動が主でそれを支える食事に変わっていく。

同じ人でも色々なフェーズがある上に、人による違いが大きい。 食事療法のいろいろなことが水掛け論になってしまうのは、その人がどんなフェーズでどんな生活をしているのかを細かく見ていないからだと思っています。

最近、僕はあまりカーボ(炭水化物)を取らなくても長時間運動できるようになりました。けれども、ハードな筋トレをした後は、カーボバックローディングをするようにしています。こういった環境下でも、
採血してもらったら、ケトン体が出ていました。

カーボバックローディングの利点は、筋肉痛が和らぐ速度が早くなって翌日には治ることと、体脂肪増加にはつながっていないからです。

午前に10km走って、2000-3000m泳いでおいて、午後に筋トレするためには、
僕のカラダには、運動後の炭水化物が治癒を早めるメインテナンスになります。カーボがあってもデータに異常きたさない。体の回復が早くなるのは、カーボが修復に効率的だからだと思っています。運動の合間の昼は、たんぱく中心にして、あまり炭水化物とっていません。運動中にプロテイン補給したりしています。ゴールドジムやDNSのプロテインには少量のカーボが含まれています。

その人その人で、体にある代謝系は様々。すこしずつ、チューニングして改良していけばよいのだと思っています。

できるだけ健康的に長い間、パフォーマンスのよいカラダと脳を維持することがターゲット。それを支える食事には、原則がありますが、応用は様々だと思っています。

日々、一歩ずつ変化を繰り返し試行錯誤してパフォーマンスを高めていく。そこが面白いのではないかと思っています。

|

2016年12月 7日 (水)

MBCテレビの取材 / PFC比

Mbc

韓国MBCテレビのクルーの方が取材にいらっしゃいました。民放は3つあってそのうちの一つとのこと。テレビ局について、いろいろ教えていただきました。春先には台湾のテレビクルーの人にもいろいろお伺いしたので、日本の近くのテレビ局の様子を知る年になりました。

取材の感じも、日本の方法とほぼ一緒でした。ピンマイクも照明やカメラも、ほぼ同じ。

いろいろなダイエット方法が流行っているとのこと。

やせる と やつれる の違いについてまずお話ししました。
僕は、体のパフォーマンスが落ちてしまうなら、不必要にやせる必要はないと思っています。ちょっとぽっちゃりしてる方が長生きというデータや、ハードすぎる運動はかえって有毒という報告もあります。

太りすぎを改善し、筋力と瞬発力が高レベルで維持できる環境がベストです。
PFC比は、そこから導き出されます。

そういったことをお話ししました。放映されたDVDをフェデックスかUPSで送ってもらえることになりました。




|

徳間書店の方が取材にいらっしゃいました / 高尿酸血症・プリン体のジレンマ

Tokumasyoten2

先週、徳間書店の方が取材にいらっしゃいました。

形上はインタビューを受けているんですが、お話がおもしろくてインタビューアーさんのお話を僕がインタビューしているみたいになってしまいました。

Tokumasyoten3 徳間書店さんは、ナウシカがものすごく印象深い。大学生のころ、白い壁にメーヴェに乗ったナウシカの大きなポスターを張っていました。

アニメージュが今でも健在とのこと。拝見すると、鉄華団が表紙に。世代を超えて愛されているようです。

記事は、来週掲載される予定。

肥満は尿酸値を上げる。
肥満を解決しようとする炭水化物制限や運動は有用ですが、両者とも尿酸値を上げる。
痩せていくときの細胞数が減ることでも尿酸値は上がる。

つまり、肥満のままでも、肥満を解決しようとしても尿酸値は高くなるというジレンマを、男性はかかえている。

筋トレに欠かせない鶏のササミ。僕は、缶詰やサラダチキンで補給していますが、プリン体が意外に多い。ビールでなくてもアルコール自体も、尿酸値を上げる。走っても、尿酸値は上がる。うーん。

その解決方法についてお話ししました。Nさんも証明のMさんも、本当に面白い方でした。この前の週刊ポストの市原さんも山崎さんも素晴らしい人でした。

今日の夜もまた、全く違う分野の新しい方にお会いする予定になっています。

『限界に思えるその先に限界はある。
限界は物理法則に則ってやってくるものであって、自分で作るものではない』

疲れ果てて、もう走れないと思っても、一歩を前に踏み出すことはできるかもしれない。繰り返せば、ヨロヨロ歩くことはできるかもしれない。恩師オリジナルの言葉。

僕は、疲れたら休んでしまうので、足元にも及ばないけれど教えを胸に生きていこうと思っています。

|

2016年12月 6日 (火)

朝RUN / TeckFitを試す / 高脂質食で運動

1206sky

今日は朝RUNに出かけました。
まずは、2km走って体を温めました。次に1km走って公園へ。
サーキットと懸垂をして、1km走って帰りました。

Tecfit2 昨日届いた、AdidasのTechFitで走ってみました。コンプレッションウエアは、インナーとして開発されましたがアウターでも使えます。

アディダスから、時折シークレットセールのお便りが届いたりするので、傷んだコンプレッションを捨てて入れ替えをしています。

Tecfit1 背部のパネルに無数の穴が開いていて、いつも過熱しやすい肩甲骨上部や背中を涼しく保ってくれます。

コンプレッション力がアンダーアーマーより強いので、ワンサイズ上にしておいてよかったです。筋肉をサポートしてくれて、疲れにくい感じ。

TeckFitは、なかなか良い。

今日は、韓国のMBCテレビの取材。きちんとお話ししようと思っています。運動と食事についての、医学的アドバイスが必要とのこと。韓国では、高脂質ダイエット というのが流行っているとのこと。

運動と両輪。トライアスロンやトレイルランの人々は、脂質を取りながら運動を続けたりする。体に脂質を燃やす酵素群を育てている彼らは、それが適している。比エネルギーの高い脂質は少ない量で、たくさん運動できる。ケトン体を燃料にして運動している人もいます。

逆は真ならずで、食べ物を真似してもアスリートにはならない。

トレーニングの負荷の上昇が主で、それを支えるように食事が変化していくことの繰り返し。体重が減らないように気を付けている人も多い。体重減少や血液検査値改善目的のメタボ対策とは、ちょっと視点が違います。

僕は、ケトン体だけで動くようなストリクトなものではなく、パフォーマンス上昇をひたすら願っています。

どの国も人間の代謝は同じシステム。頑張って説明しようと思っています。
一つずつ。

|

2016年12月 5日 (月)

哀しい教師の劣化  / せっかくの機会を永遠に喪失

私は福島県立医科大学を卒業しました。福島は、海も山も美しいところです。

震災時に私たち医療者は、全力で行うべきお手伝いをしました。あの時は、全国の医学会も立ち上がり、医療機関が福島の応援にまわりました。あるいは、派遣して手薄になった医療機関へバックアップに行った。

その後も、仲間たちとコンタクトをとっています。福島県立医科大学には、震災の関連ページも常設されています。様々なことが続いている。

今でも悲しいことに、生活の基盤が失われたりして他の場所へ避難生活を送り続けている方々もたくさんいらっしゃいます。新潟での出来事が報告されました。怒りと悲しみとは別に、なぜ、これが問題なのか考えてみました。

この問題には、三つの問題が内包されていると思いました。

1. 子供を守るべき、あるいは環境を作るべき教師が、イジメの核となり加速したこと

2. 本来なら異所からやってきた仲間とうまくやっていくというスキルをまなぶ絶好の機会だったはず。子供たちからそのチャンスを奪い去り、エンカウンターに失敗した。教え子が海外に留学したりしたときなど、慣れない場所に異動したときに使えるエンカウンター方法を学ぶ場を奪い去った。

3. 福島の地震と原発のダブルの被害を、正面から捉えて、子供たちと日本の未来を一緒に考察するという機会も永遠に喪失した。さらに、人間と放射能とは関係のないはずなのに誤った風評を肯定した。

慣れない土地になぜやってこなくてはならない人々がいるのか、そのことを考えている人間であれば間違ってもこういった発言にはならない。最初は否定して、次にはyoutuberの名前で言い訳をしてまで逃げようとする。心の劣化。同級生が、先生のウソをTVで証言していました。

避難でなくとも転勤で他の土地に移動する子供たちだって多い。そういった子供たちを守れない。大人が守らなければ子供たちは、社会や学校で自分の身を守るすべがない。

人間は、孤独が一番こたえる。教育機関は猛省して、自分たちの今後のステートメントを発表すべきです。そこから始まる。再発を防止すべき。

ぜひとも、新しい未来へ変える転機に変えるきっかけにしてほしいと願っています。

|

屋内トレーニングが実際のパフォーマンスを向上させる

1204runswim_2 エアロバイクでVO2MAXを向上させて、筋トレで下肢筋力アップさせていました。

それが、実際のパフォーマンスに反映されているかを確かめる日でした。今日は、合計9kmを走って2500mSWIMの日でした。

1204fcwhiteboard先月、サッカー教室のときにFC東京のコーチの方が、準決勝戦の会場が決まっていないとおっしゃっていました。クリスマスイブに味の素スタジアムに決まったようです。

1204pipokunなんと、両面テープで仮止めして直してあげていたピーポくんがビス止めされてものすごく頑丈に修復されていました。ひとりぼっちでトレーニングしている時の唯一の友達。

灼熱の夏、冬の朝、夜が開けたばっかりの元旦の朝も、いつも見守ってくれていました。彼に独り言いったりしていたので、すごく怪しかったかも。

1204skyjetcloud 昼、会議に伺った場所で空を見上げると飛行機雲が。今日は運動に最適だった事をお話ししました。NIKErunを見せて、ペースとか距離について語らいました。

RUNは大体、時速8km(1km6分ぐらい)、SWIMはゆっくりクロールで疲れてダレて来た時に間に200mバタフライでした。余裕でトレーニング終了できて、プールからの帰りの5kmは最速。

屋内トレーニングが、室外の実際のパフォーマンスを上げる事を確認できて本当に嬉しかった。

筋トレがLSDを伸ばしていくという理想に近づけてワクワクしています。それを支える栄養。Super-VAAMを適宜、内服したのがよかったのかも。太ももと体幹の支えをふくらはぎが蹴ってストライドが伸びた感覚が楽しかった。

「足とボールの感覚を磨くように」という練習は全く出来ていなくて、明日の早朝やってみることに。時間が無い、という言い訳は絶対にしない。ちょっと進歩していないと笑われてしまう。冬用のトレーニング用品も揃えました。

何故か、明日は韓国のTV局がメタボ治療など健康の話題について取材に来るらしい。理由を聞いて考えようと思っています。

一歩ずつ。トライ&サクセス。

|

2016年12月 4日 (日)

戦艦武蔵の最期 / 今を考えるヒント / グローバリズム終焉の後の世界

NHKで戦艦武蔵の最期を放映していました。

哀しいこと。若者が言っていました。「単騎で行かざるを得ない孤独が」と。

子供のころに、なんてバランスの良い戦艦なのだろうと、プラモデルを一生懸命作ったことを思い出します。スケールを変えて、いくつも作りました。

小学生の当時、「ライナーを火であぶってアンテナ線にしましょう」とか説明書に書かれていました。上手く行かなくて、燃えるだけだったし、手に落ちてヤケドしまくりだったので、父親に聞きました。

プラモデルに全く興味のなかった彼から炎の距離を教えてもらってたくさん「アンテナ線」を作った。僕は、その後、八木アンテナの本を読みまくりました。アンテナの本の隣には、新しい童話のコーナーがあって、かわいい同級生が来ていた。それも小学生の懐かしい思い出。

戦艦武蔵は前方の甲板に2つ、後方に一つ。艦橋と排気筒の角度とノーズのバランス。僕は、これ以上無い、美しい戦艦だと思う。

父親は、エンタープライズという戦艦のプラモデルを買って来たけれども、美しいとは思わなかった。空母は美しくない。地面やまさに「母」を再現しているような船。個人的感想では、カタチとしては美しくない。

戦艦は、自分で走って自分で戦う。日本の戦艦の名前は、日本書紀から続いている。

グローバリズムの時代が来て、終焉しました。海で切り離されていた独立国の日本が、再び自分で考えられるチャンスが巡ってきました。時代は、決して後戻りすることはありません。人々の記憶に、歴史や爪痕として残る。それを超えて、時代を超えていく。自分で考え、自分の海をわたっていく国になって欲しい。

中国で仕事をした後、今ではアメリカで仕事をしている患者さんが、帰国されて受診されました。というか、会いに来てくださいました。「人なんて変わらない。中国も米国も全然変わらない。人間は一緒。強欲だし、やっていることは一緒。すごく大変。」とおっしゃっていました。

資本主義も共産主義も無い世の中になりました。埼玉や千葉、東京のお隣どうしの関係ぐらいなもの。時代を経て、「人間の作ったシステム」が単に「人間の本性」というものに集約されただけ。

哲学は、そこを哲学すべき。彼らは、政治にはコミットしないけれども、人間の脳は他の生物から連続しているし、地球上に暮らす人間の脳の共通の仕組みが世界を回している。そのために、出発点は異なってもアウトプットは同じものになる。

黙祷。心で忍びながら、今生きている人々の未来を考えたひとときでした。NHKはスゴイ。

|

Long slow Distance の日 / 料理は自分で作る / PFC比を計算

 

昨日は、朝LSDランニング4km。朝練。体温を上げて代謝を高めるため。

本を執筆し、フルトレーニング3時間。懸垂10+3+5回 できるようになりました。ラットプルダウンは80kgに挑戦。ベンチプレスは混んでいて出来ませんでした。ケガに注意して、少しずつ重量を上げるようにしています。

Bp1203

LSDはターゲットHRを140になるように。速く走りすぎると、筋肉の成長を抑えてしまってもったいない。筋トレで放出した成長ホルモンをつかうことと、遊離脂肪酸の消費をターゲットにしています。

250Wエアロバイク24回転/分X20分。VO2MAXを上げる練習と成長ホルモンを放出させるため。屋内は全天候型なのと、給水所とトイレが有る所が助かります。

☆メニューはこうしています。基本は70%の筋肉が集まる大腿、下腿筋の筋トレをして、成長ホルモン放出→遊離脂肪酸をLSDで消費。

☆エアロバイク→筋トレ→ランニングマシーン(ゆっくり)→筋トレ(上半身中心)→ランニングマシーン(少し速く、速すぎない)→筋トレ(体幹中心、レッグプレス)→ランニングマシーン(角度を上げて速度は上げない)

階段掛けのぼってすぐに測定なので、脈も血圧も落ち着いていませんが、110ぐらいでした。始める前と同じぐらい。いつもは、運動後100/80 HR60ぐらいです。2桁のことも。左手で抑えていないと、グラグラしてノイズが入って正しく測れないオンボロ血圧計なのが、公立っぽくていい。

Vegitablecurry PFCを調整し、低炭水化物&高タンパク。カプサイシンを摂りながらトレーニングしたいので、デリーの辛いカシミールカレーにトマト缶を投入して切れ端の安く売っていた魚介を炒めて(DHAとタウリン、亜鉛のため)煮ておきました。リサーラと一緒に朝食べて、LSD。簡単に男子でも調理できる様、レトルトがあるありがたい世の中になりました。

今日は、その結果を持って、公園でサーキットした後バタフライに行って、その後本の執筆に専念する予定です。可能なら論文まで行ければいいけれど。

日曜日は、トレーニングルームがとっても混み合うので避けるようにしています。効率があまり良くない。プライベートレッスンなら、そんなことはないのでしょうけれども区立体育館にこだわってトレーニングしているので、工夫。

与えられた環境で全力を尽くせば、お金なくても大丈夫。時間ある時に、100円玉握りしめて行けばいいだけです。週3回でも、400円X12回=4800円/月。行けなくても、固定費かかりません。

区立体育館はコナミに委託しているので、筋トレマンにいろいろ相談してトレーニング出来ます。鍛えている彼らは、我慢強い人たち。なんの遜色もない。

一つずつ。

|

2016年12月 3日 (土)

LSD+筋トレの日 / 出稿が重なった週 / 順調に作業を終える

1203morning

今日は早起きをして、まず、女性自身の記事を校正しました。

私は、自分用の調理を良くしています。昨日、帰りにスーパーをさまよっているとアサリむき身、加熱用カキ、むきみエビが値下がりしていました。Clamsource1足が早いので売ってしまいたいのだと思います。

バターを多めにして、十分炒めて香ばしさを増します。カキから脂溶性の旨味がでてきて、チャウダーにしたときの味が上がります。胡椒だけして、塩分はバターのみ。

Clam2 クラムチャウダーにしたあと、残りは小分けにしてジップロックで冷凍。数回分になります。
早朝、料理をした後、再度校正を見て確認して送付。

Mosaic こんな感じで赤字を入れて直します(なんとなくの色合いのみ)。多い時には数十箇所になります。僕自身が文字を打つ人間なので、優れたライターさんが書かれた文章を医療的整合性があるように磨いて合作。

時間が無いので、移動中にiphoneで確認して大体の修正箇所を記憶。昼休み食事しながらチェックしておいたところを直すことが多い。昼の食事時間が無く、診療が続く時には終了後に。

頂いたその日にとりあえずは終えてしまいます。翌日の早朝、冴えた頭で見直して出稿して校了します。全く別な作業、例えばスープを作ったり、トレーニング用のドリンクを用意したりした後、再び見直すと新しい発見があったりします。

ちょっと労力は増えるけれど直しながら、理由も添えるようにしています。ライターさんの今後のためにもなるし、後の議論のベースになります。多い時にはこの作業が繰り返されます。

取材→原稿→校正→ゲラ。

今週はこの作業が多く、3本の記事を無事出稿しました。運動能力の上昇とともに、作業効率と速度が上がっている気がします。小脳の演算速度?

終了後、まずLSDのジョギング。昼、会議に出た後、筋トレ予定になっています。明日はスイムにも行きたいけれど、雨かも。冬は雨の中走るのは、寒さよりも装備がめんどくさいので空模様しだい。

丁寧に、一歩ずつ。

|

2016年12月 2日 (金)

『今日の治療指針』の依頼 / 東京医科歯科大学講師 / メディアを考える

今日の治療指針 2016年版[ポケット判](私はこう治療している) 今日の治療指針 2016年版[ポケット判](私はこう治療している)
山口 徹

医学書院  2016-01-08
売り上げランキング : 132794

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

『今日の治療指針』の執筆依頼をいただきました。いろいろな病院に1冊は置かれている信頼できる書籍です。

ほかの先生は皆さん大学や大きな病院の教授の先生。医学会の生涯教育委員の席でも、開業医なのは珍しくいつもドキドキして末席に座ることにしています。

先日は、専門医試験の試験問題を作りました。東京医科歯科大学の講師の

Photo

依頼もいただいたので、返書したところでした。医学教育のシラバスづくりに参加したりしました。

こういった、医学会でのしっかりした仕事をしているので、怪しげな仕事は選定しないといけません。先日も、テレビクルーの方がカメラや音声さんも一緒にいらっしゃいましたが、内容をお伺いしてお引き取り願ったりしました。

メディアは、正しい医療情報=つまらない、エセ医療=多少間違っていても面白い と思っているようなところがあります。

どんな構成なのか、よくおうかがいしてから仕事を引き受けるようにしています。医療クイズ番組の校正を継続して行っていますが、彼らは信用できる方々です。誤りを指摘すると、何回でも校正した図や表現のチェックを依頼してきます。

昨日、私の名前を出したところ、きちんとしたお医者さんが取材に応えてくださって、良い記事がかけたとの記者さんからお知らせもいただきました。うれしいことです。真面目なメディアも多い。

私は、ウェブにつながっている視聴者や市民の方々のインテリジェンスが高くなっていて、それを信じるべきだと思っています。キザシでもお話ししました。そのレベルに応えられる人々だけが淘汰されていく。

努力を続けようと思っています。 一歩ずつ。

|

2016年12月 1日 (木)

本格的に始動した日 / 皆で前に進む / ip20 Einrichten / 新クリニックもドイツ製

Members

新しいクリニックを作る素晴らしいメンバーたちです。

設計士の小山さん、ドイツIP20の日本ブランチのエスプリブラン小宮さん、工事一般の知恵袋でもある茂木大将。モテギさんは、現在のクリニックも作られた方。

エスプリブランの部材はドイツから船便でやってきます。メルセデス・ベンツや慶応大学や有名歯科医院や美容外科の仕事をしています。ドイツ製の彼らの製品の信頼感は抜群。人手が間に合わなくて予約制なのにもかかわらず、急ぎのクリニックの新設に協力してくださるのは光栄なことです。

Atarashiitkoro 新しい大原ビルでも、様々な測量が進んでいます。オーナーの大原さんはとってもいい人で、今のビルのオーナーの関野/永野さんもいい人で、本当にいい人の中で生きていることを実感します。助けてもらい続けている。

今日は、ずっと一緒に尽力してくださっているアルフレッサさん、保坂製作所、島津の方々などが参加してくださいました。

Ooharabiru ムリはせず、自分たちに許される範囲で与えられたものの中で全力を尽くすという軸足は、開業当初からずっと貫いてきたものです。どんなに狭くっても、物が置けなくっても、休む場所がなくっても、そこで働けるだけ幸せ。

今回の移設は、急遽、携帯でもたらされました。忘れもしない日。でもそれは、何かのきっかけだと思って覚悟しました。あても無かったけれど何の抵抗も無く、即座に移設を引き受けました。変化は天命。でも、その後随分秋葉原のビルをさまよいました。自分の努力で解決できない問題を抱えるのは、本当に辛い日々だった。

それを救ったのは、筋トレとアクテイブ・レスト。運動がもたらすアクテイブ・レスト効果は、不安を取り除き脳を救いました。走ったりバタフライすると大丈夫な気がしました。

物件について解決したのは、不動産屋では無かった。ただただ、信用。新しいことを始めるのは、人の信用。

ビルオーナーの大原さんが、私共を信用してくださった。彼らに救ってもらいました。今日、いろいろ話あいましたが、彼らの意向が天命だと思って全て引き受けるつもりでいます。どんなところでも、そこで全力を尽くせばそれでいい。御恩を返すべき人が増えました。

新クリニックは、全てが受付に開放されているオープンスペースにしています。受付けから全て見渡せて、処置室まで死角が最小にする構造。看護師さんやスタッフはバックヤードを1周できる。プライバシーを守りながら対応できる救急外来と同じ作り。

これまでやってきた中で、良かった点や困った点を解決しようと皆で考えた結論は、とてもシンプルな作りになりました。数学の問題やポルシェのカタチと一緒で、正解はシンプルな答えに。√やΣ、微分記号がみんな割り算で消えてしまって、体積の合計は結局2πR3乗,,,みたいな。数字の羅列になってしまったときは、大体計算ミスでした。

ドイツIP20は、分解も再生も自由なので、現在のクリニックの部材も持っていって新クリニックでも再利用。第二診察室は、現在の診察室そのものになります。ムダな部材がでないエコシステムを、生き様をもって証明できそうです。

» 続きを読む

|

META FIVE スッキリに登場! / TVに登場 /  全ては小山田圭吾!!! / YMOの次


なんと、META FIVEがすっきりに! びっくりしました。

いろいろ考えて記事にしたことがありました。

彼らが、真面目に紹介されるのも不思議な感じ。

ラッパの音と小山田圭吾・・・・

素晴らしい!

» 続きを読む

|

2016年11月29日 (火)

クリニックのウエブページ刷新した日 / 救命した方が訪れた日

Aecsite

クリニックのウエブページが刷新しました。お引っ越しの準備の一つ。ウエブは、クリニックのライフライン。幾つか、クリアする点がありました。

レスポンシブデザインに変更すること。
もともと使っていないFlashは、絶対使わないこと。印刷してもブラウザによっては「真っ白フラッシュ」に。アドビのシステムをパッチするのは止めなくてはいけない。レガシーデザインとして、避けるべき。

軽量にして、電波状況が悪くてもクリニックの内容など大切なことが頭に表示されること、などなどをお願いしました。読み込みが途中でも、地図に行ける様にとか。

幾つもの条件をクリアして、元ITのWindsScoreの七条さんが作ってくださいました。

WindsScoreは、いろいろな楽曲をブラスバンドのためにスコアに落として、人々に還元する素晴らしい会社です。クリニックの事務スタッフさんたちも、彼らのスコアを使っていたとのこと。いろいろな所でつながっています。

テストのために止めていたTwitterも再開してもらうようお願いしました。

今日は、救命した人が、いらした日でもありました。色々な話をいたしました。看護師さんは、昨日、寝れなかったらしい。事務スタッフさんも喜んでいました。ほんとによかった。皆で、こちら側の人でいられる。蘇る日になりました。

筋トレや走り込んでおいてよかった。瞬時のレスポンスは、体が脳に教えてくれる。やがてくる冬も、僕らは皆で協力し合って乗り越えていく。

僕ら医療者は、全力でそうやって生きている。

皆が帰った後、週刊誌のの取材を終えました。記者さんとも色々な事をはなしながら、いろいろ考えました。一歩ずつ。

|

2016年11月28日 (月)

エピペンが命を救った日 / アナフィラキシー / エピペンとAED / 救急蘇生法は命を守りあうシステム

http://www.119-sys.jp/each-fire-department/sakura-fire%20department/cpr/ibutu/ibutuzyokyo1.html Epipenjpg

エピペンという救急薬があります。

様々なアレルギー反応で、血圧や脈拍が低下して命にかかわる時にとても頼りになる薬です。目の前で血圧が急降下するときなど、注射薬を注射器に吸っている暇もないことがあります。免疫反応の連鎖反応は指数関数的に(エクスポネンシャルに)増加します。

Epipen 青いストッパーを抜いて、グーで握って太ももに叩きつけるだけ。それで筋注できます。垂直に叩きつけることで、皮下注ではなく筋注(筋肉内注射)することができます。筋肉は、血流が多いので一刻を争う時には「筋注」でなくてはいけません。蜂毒アレルギーで一本で足りない時には、林業の方々は駆け寄って自分が持っているエピペンを仲間に服の上から筋注します。

以前、登録制だったころに私はいち早く登録医になりました。なぜなら、救命救急センターに良くアナフィラキシーの方が運ばれて来ていたからです。その場で治せる、ものすごい画期的な薬剤だと思い、マイランというところに登録しました。今は、ファイザー。当時、講習会を受けに行って東京都職員共済青山病院で登録医になったのは私だけでした。

今日は、クリニックで事情があって「ごめんなさい!」と言ってジーパンの上からエピペンを筋注しました。消毒は要りませんし、そんな暇ない。夏に新しいエピペンを配置して看護師さんとお話したところでした。

以前、エピペンを使うことをためらった学校の職員を医学誌や新聞のコラムで痛烈に批判したことがありました。どんな人でも使えるように用意されているAEDやエピペンを使わないことは、人の命を見殺しにすることと等しい。

これらは、医療者じゃなくても使える。クリニックではAEDもクリニックで事務員さんと一緒に講習会を行いました。彼女たちも使えます。僕がVTになったら事務スタッフは、私の胸をたくし上げてAEDの指示に従い電気ショックを与えることでしょう。同時に、救急車を呼ぶ。AEDやエピペンが最初の一歩の初期治療でしか無いことも理解しています。頼もしい。

AEDはめったに誤作動を起こさないですし、間違ってエピペンを打ってもそれで大事にはいたりません。エピペンには成人用でもアドレナリン0.3mgしか入っていません。

正常人に間違って打ったとしても、ドキドキするだけで10分ぐらいで収まるぐらい微量。ところが、アナフィラキシーショックの人にとっては、運命を分けます。打てばその場で復活しますが、1−2分遅れれば致命的にも。遅れて打っても救命できない。医科歯科のERの看護師さんも私共のお渡しした練習用キットでやってみていたとのこと。

エピペンやAEDは、命に関わった人のその1分1秒が運命を分ける。僕らスタッフは、全員どちらも使える。この頃と異なり、保険診療で数千円になりました。

「その時に」エピペンやAEDを使えば、人の命は復活する。そして、その後正常に暮らしていける。ただ、それだけ。使わないことのほうが問題。取り返しがつかない。

かつて、私はメディアで瀕死の子供を前にして逃げ回る教育機関の人々を批判したことがあります。おじけづくことは、子供の命を軽視することと同値です。綺麗事や難しいルールなんかいりません。人工呼吸や心臓マッサージと一緒。窒息の時にはハイムリック法でもいい、何か行動をすること。

食事誘発アナフィラキシーは、子供に多い。子供がいる施設で働くなら、エピペンを使うことを恐れてはいけない。心臓震盪だけでなく、さまざまなことで不整脈が起きるかもしれない。AEDも恐れてはいけない。

人間には、お互いの命を助け合うという根本的な「生命共存」の気持ちが共有されている。

今日は、スタッフと一緒に協力して救命処置をした日でした。とてもお待たせしてしまった患者さん方には一人ひとりお詫びしましたが、改めてお詫びいたします。本当に申し訳ありませんでした。

|

2016年11月27日 (日)

博報堂の「キザシ」 / 栄養相談専門士の論文を仕上げた日

Kizashiphoto

博報堂のサイト「キザシ」で、私の取材記事が掲載されました。
クリニックで診療しながら、考えていたことや今後進みたいことについてお話しました。たくさんの方々に支えられて、少しずつ歩を進めてきたことを思い出しお話しました。

今朝は、早起きして臨床栄養協会と栄養学会の第14回大連合会でのシンポジウムの論文も仕上げました。一つ、仕事終わりました。後は、送付するだけ。東京医科歯科大学医学部から届いた非常勤講師の書類も忘れずに送付しなくては。

「朝論文」と勝手に名前をつけているます。前日の夜にラフを書いいたり、情報を集めておいて、翌朝に文章を打つとキレのある文章が効率よく書ける気がします。情報を集めてラフだけ描いて置くと、寝ている間に海馬の情報をもとにして、小脳も含めて脳が作業してくれているんだと思っています。

ルーチンの筋トレと有酸素運動の組み合わせも修正して、最適化しつつあります。6パックも夢ではなくなりつつ。朝練が終わったら、本の執筆をして、可能ならよるプールでバタフライ。一つずつ。

|

2016年11月25日 (金)

雪の次の日 / 寒冷馴化 / 朝RUN

Tree1125

今日は朝RUNの日でした。
すっかり樹々も黄金色になり、落ち葉になっています。
Leaf1125
嵐のような仕事が立て込んだ昨日を思い出し、今日はまた仕切り直し。走ると、雪の昨日よりずっと暖かいことがわかります。

Sky1125
上空の雲は高く、流されていました。
Wildduck1125
カモもかわいらしく餌あつめの最中。

朝走っていると、しばらく体温が高い状態が続きます。

そういった日、通勤は半そで半ズボンにしています。ベンガルアザラシのように内断熱しているのではないかと思っています。寒く感じるぐらい皮下脂肪を削ることが目標。

医局旅行でも、若い先生に「そういう子どもいたよね」と笑われました。

今回は、うまく減量中。
以前、体重を落とした時には筋肉が持っていかれてしまいました。痩せてもそれでは意味が無い。トレーニングの質と食事の時間、PFC比を最適化。

これぐらいの気温なら半そでしばらく行けそうです。

|

インターネットの出来事が重なった日 / グーグル認定業者さん / クリニックのサイトがアップ / 博報堂「キザシ」/ 低温と免疫のテレビの取材

週刊女性 2016年 11/29 号 [雑誌] 週刊女性 2016年 11/29 号 [雑誌]

主婦と生活社  2016-11-15
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

今週も、作業が続く日々でした。

11月21日月曜日は、週刊女性さんが取材に見えられました。22日火曜日は、逆に私が専門家さんに新刊書のための取材をさせて頂きました。彼らの話は、私の心の灯火を温めました。

23日休日はトレーニングと執筆。
そして昨日、24日木曜日は、インターネット関連の日でした。

午前中、専門家につくって頂いた新サイトの完成のメール。
程無くして、「博報堂のキザシ」にアップされたとのメール。増量期から引き返した2ヶ月ほど前のキザシの写真より、今の随分カラダは絞られてきてホッとしています。

Photo 島崎先生と、日本中の医療機関を旅したことを思い出します。徳永先生からは、『野の花通信』が今でも届けられます。禅僧の教え。心が医の原点に戻る。もともとは、詩人の谷川俊太郎さんのご紹介でした。素晴らしい方々は、見えない水脈のように心でつながっています。そういった水脈を『水無瀬』と呼ぶんですと、水無瀬編集長さんもおっしゃっていました。

拝見できなかったのですが、寒さと体の免疫低下やインフルエンザの話題などについて昨夕の取材が放映されたとのこと。今日は気温が5−3度に下がったとのことで、ワイドスクランブル取材班などテレビ局の感性には脱帽です。

診療後、グーグル認定業者さんが見えられました。移転などの話も含め、いろいろな話をいたしました。ITを取り巻く環境の進歩には眼を見張りました。関係を継続することにいたしました。

そのころ新移転先では、私は診療で同席できなかったものの志を一緒にした人々が作業を続けてくださっていました。同時進行。設計士さんとPDFのやり取りを繰り返しました。

患者さんの診療が全てです。インフルエンザチェックについてや抗生物質の功罪、睡眠薬についてなど、たくさんの事をご説明しました。

志を一緒にして弾幕を張り続けてくださっている皆様に感謝した日でした。雪の日に走ったのも良い思い出。

ウエブの日。私達の生活は、情報を得たり共有するためにはネット無くしては成立しなくなってきています。そういった環境下で、様々な人と協力して生きていく事を体現していると思っています。いつでも人が大切。

明日は、別な週刊誌の取材が入っています。一つずつ。
パフィー/PUFFY紅白おめでとう。

|

2016年11月24日 (木)

雪が降った日 / 雪道をSWIFTで走る / GORETEX

1124snow

今日は、雪が降った日でした。

公共機関が遅れていたので、動いていない部分は走りました。
ダンロップの靴は防水完璧なんだけれども、重たいのでAdidasのトレッキングシューズSWIFTを愛用しています。

[アディダス] adidas ハイキングシューズ SWIFT R MID Gore-Tex KAP71 [アディダス] adidas ハイキングシューズ SWIFT R MID Gore-Tex KAP71

adidas  2016-10-01
売り上げランキング : 2711

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

Terrex_swift_r 走っても疲れない。アウトソールとゴアテックスが一体化していて、硬い躯体に足を入れる感じ。靴紐も結ぶ必要が無く、解けません。SWIFTはアディダスのオンラインショップで時折とても値引きしているときがあって、6000円ぐらいでした。

明日も雪ならば、走っていこうと思っています。
晴れていれば、早朝RUN。一つずつ。

|

«沖縄で大発生のホウオウボクチバ / モンクロシャチホコ / ヤガの仲間