05.ランとスイム 

2018年4月 1日 (日)

桜とマメルリハ / 桜とともに走り、泳ぐ / 勇気をもらうもの

Mamerurihasakura201804

沢山走って、たくさん泳ぎました。
道を走っていると、桜が沢山舞っていました。
道の風がとどまるところには、山のように降り積もっていました。

SALOMONのバッグに上澄みの花びらだけを少し頂いてきました。
朝、5時に集めた花びらを煮沸消毒したら茶色くなってしまったので、走りながら考えました。桜の花びらはフラボノイドが多いので、乾燥してマメルリハのエサに。

Sakurahanafubuki2018 桜が舞っていて、その下を走るのはうれしい。到着したプールでは、1000m位泳いだ後、背泳ぎのキックをゆっくりしながら、天窓からさしこむ空の明かりをのんびり見上げていました。

Sakura20180401 圧や熱の影響、散ってからの時間で茶色くなっていきます。
一度、マメルリハの下に花びらをひいてその上に乗ってもらいました。バサバサとしただけで、全部散ってしまいました。

何回か、繰り返したけれども難しい。

走りながら、考えました。

♢綺麗な花びらを得て、煮沸しないで生を使うこと。
♢花びらを固定する方法が必要。

その2点です。

新鮮な花びらは、走りながら得る事ができました。
花びらの固定。

それは、『舌切り雀』。ここに出てくる『のり』は、デンプンの『のり』。ブドウ糖が分枝しているデンプンを加熱すると、線維が接着性を持つため貼り付ける粘着力を有するようになります。サランラップのファンデルワールス力などとは違う。

マメルリハが口にしても、問題ありません。鳥は、ものすごく肺と腸が弱い。有機溶媒や塩素、フライパンのフッ素樹脂からでるフッ素で致命的になってしまう。

児童クラブで習った、アルコールランプで古いご飯を煮る方法。いらない封筒のクラフト紙を細く切って、煮汁を塗ってセロテープの代わりにしていました。竹ひごをまげて、いらない障子紙とデンプンのりで凧も作った。僕の凧は良く揚がりました。カワイイ女子にプレゼントしたのも良い思い出。

鍋で、凍らせて置いた古いご飯を一握り水を入れて煮立たせました。柔らかくなったところで裏ごし。ご飯自体が接着力が高いので、ざるの下のお米の粒子はくまなく回収。いまでも、フエキ糊はトウモロコのシデンプンだけが原材料

自分で作るのが大切。

Sakura2018daishi 得た花びらを『デンプンのり』で台紙に舞わせる。茶色い花びらはアクセントの物以外は減らして行きました。
一晩、乾燥。

さらにその上に、赤い花びらを置いたバージョンでマメルリハを撮影。

桜のサクライロとマメルリハの碧。脳内に描いた絵が、実現できました。春の温かな電車の中で、シドニアの衛人(もりと)を語れたのは財産。

僕は、自分で工夫した工作をする時間が必要なことが良くわかりました。色とバランス。形や繰り返し、曲線の流れ。

Photo 2年に一度の診療報酬体制の改定がありました。その準備や、作業も行いないました。いつも、事務作業はひとりぼっち。エラーがでると、とても時間がかかります。それでも、さみしくなかった。

言葉も形・デザインも一緒だと思いました。明日は、朝走ったあと、診療に向かおうと思っています。

マメルリハと若者に勇気をもらっています。それで戦う。それがカビサシや重力子放射線射出装置。そして、マメルリハの体温。

|

2018年3月26日 (月)

運動で脳を回復させる / アクティブレスト / 週末頭痛

0325sakurasml

桜が満開でした。日射しも強く、春の訪れを感じさせます。
太陽と桜を一緒に撮影したくて、色々なアングルを樹の回りをジョギングしながら見つけていきました。

太陽を取り囲むような、サクラ。

0325run2 橋を渡るときに川をみわたすと、違う種類のカモが気持ちよさそうに浮かんでいました。
冬の時とは、動きが違う。

1時間ほどゆっくり走る予定で出発したものの、道草が多くて時間が超過しています。

0325run 白い花も満開。青い空とのコントラストが美しい。
子供たちは親御さんと遊び、若者はサッカーやフライングソーサーをしていました。

公園の水を飲みながら、ゆっくり眺めていました。そこで中間地点の4km。

長く寝すぎたり、忙しさから急に解放される週末に強い頭痛がおきる、『週末頭痛』。休み中も、早起きして運動したりすると改善されます。

アクティブレスト。

日々と違うアクティビティを行うことで疲労を取る、という作業。ウイークデイに全力を尽くすために、脳の別な場所を活性化させる能動的な作業が必要です。

今日は、RUNとSWIMで脳を休ませる日でした。

合間に早朝に一つ、日々を支えるための提出用公的文書の作成。栄養学会の演題のチェック、ウエブサイトの医療校正、他の医学会のための文書の準備を行いました。

全くのオフは土曜日の午前中だけだったけれど、自分で時間をコントロールできるだけ少しリフレッシュできました。

|

2018年3月25日 (日)

桜の下を走る / RUN & SWIM / 文章を校正しながら考える

Sakura2018

桜が満開です。朝、昼、夕。いつ見ても綺麗です。夕方の光の色が変わる頃、桜の淡い色も変化します。その下を走りました。

先ほど、少しヘビーなメジャー雑誌の文章の医療校正を終わらせました。日本語は難しい。字数の制限もある。

ご飯、うどん・・・ 炭水化物減らすダイエット 60代後半で老化顕著に 糖質制限ご用心

この記事はとても面白く、興味を持って拝見しました。運動をする若者も、糖質制限をあまりしてはいけないことが知られています。難しい内容なのに、記事の文章も読みやすく、よく考えられて書かれています。

ひとつだけ、気になる部分が。正確にきちんと書かれている一方で、一読では少し難しい。

「糖質制限食の個体は、血液中に多く存在するとがんや糖尿病の発症が早くなる可能性が高まる物質が多くなっていた」

というくだり。

血液中に多く存在すると』と『多くなっていた』が離れていることと、『多く存在すると』『多くなっていた』と重なっていること、『可能性を高めてしまう』という点などで、この文章は一読ではスッと頭に入りにくい文章になっています。

糖質制限食の個体では、血液中に増え過ぎると糖尿病やがんの発症を早める確率が高まる物質が多くなっていた

こうすれば、『個体では』で呼吸が入り、『するとがん』とひらがなが続くことを避け、『多く』が重らなくて読みやすくなります。多く存在すると』は、理解しにくい言葉なので、『増え過ぎると』にしてスッキリ。たぶん、正常でも血中に一定量存在する物質だけれども、糖質制限をするとさらに増えるものと予想します。

さらに、

糖質制限食の個体では、糖尿病やがんの発症を早める物質が血液中に増えていた

とすると、正確さは失うけれどもシンプル。

一方で、原文にある『可能性を高めてしまう』は正しい言い方です。個体によって、糖尿病やがんの発症は異なるので、沢山の動物の状態を比べて、疫学的な確立で差を見ていく手法がとられます。

100匹中5匹と100匹中8匹、とか比べていくので『可能性を高めてしまうは正しい表現です。

正確さを追求すると難しくて読み返さないと意味がつかめない文章になる。そのどこに落としどころを求めるか。読者はどんな人たちなのか。正解はありません。その中で、文章を作る僕らは生きている。

この文章も読み返すと、正確に書こうとされている誠意が伝わってきます。記事全体からも。たくさんの情報をまとめて、丁寧に良い記事にされています。

沢山の文章を拝読する仕事を続けていると、気になることがたまに出てきます。正解は無い中で、紡ぎ続ける。どの走る道順でも、泳ぐ時間や泳法であっても、どれも正解。運動と文章は、良く似ています。

RUNとSWIMをしながら、そういった事を考えていました。

|

2018年1月23日 (火)

雪でも雨でも / 水陸両用全天候型を目指して / 子供はすごい

01232

今日の東京は雪でした。一部アイスバーンに凍っていたり、シャーベットのところや水たまりになったりしていました。

鉄道はほぼ正常、バスやタクシーなど道路系の交通機関は大幅におくれていました。

01231
昨日、今日を支えてくれたガジェット。
もっとひどかったら、Salomonを出そうと思っていたのですがスイフトで十分でした。

水たまりもシャーベットも止まっているバスを追い抜いて関係なく走破しました。
パタゴニアは汚れたら、ホースで水洗いできます。

いつもより速い速度で駅につきました。昨日は、500mlの飲み物を5本ぐらい買って雪道を走ったので遅かった。

子どもたちは、よたよたしている大人たちの間を縫って走って登校していました。素晴らしい。彼らのうち、何人かはスイムもできるだろうから水陸両用。

夏や秋には台風の雨の中を、冬には雪の中を、いつまでも子供たちのように走り回れるようにカラダをメインテナンスしようと思っています。DESOTOでぬれてもいいウエアで雨の中を走った時もありました。どうせプールも水の中。

走った日でも、1-2時間はクロールで泳げるので水陸両用を実現しつつあります。
ズゴックのように、水陸両用全天候型が続けられることを願っています。

|

2018年1月 1日 (月)

新年を走る / 仕事を続ける

Kado111

新しい建物が建っていて、陽の光に角が綺麗でした。
今日は、たくさんの人々が歩いていました。

Kado112 ひたすら、地道に走り続けました。
色々な建物には角があり、空とのコントラストが美しい。
こういった角は、人間の活動の証です。

Kado113 学校の校舎も不思議な角を持っています。
休みなので誰もいない。
建物の角は存在し続ける。

Kite11 子供たちがたこ揚げをしていました。ただ、風を受けて空に浮いているだけでも子供たちのうれしそうな姿をみれるだけで幸せな気持ちになります。

今日は満月でした。馬がいない農芸高校でも、お世話をする学生さんがいました。

馬場の砂 冬月のカケラに つむじ風 優仁

Photo 走りながら、冬の満月を眺め、砂が舞い上がる静かさを考えていました。昨日はクリニックで事務作業。今日の午前中はお休みを頂いたので、午後は与えられた仕事を行い、足りない運動を追加しました。

明日からは、クリニックはお休みですが、普段できない残された仕事を進める予定です。数日の時間が本当にありがたい。

慣性の法則を落とさないように頑張ろうと思っています。

|

2017年12月 9日 (土)

冬を走る / you do DVSN

Winter2017

少し寒くなってきましたが、まだ東京は10度近く。
真冬のマイナスよりは温かです。

防寒して、大きめのbluetoothヘッドホンをイヤーマフにして走っています。冬には冬の美しさがあります。


DVSNのyou doを繰り返し聞いています。
イントロが素晴らしい。

DVSNは、情熱を抱えた静けさがあるところがとてもいい。今回のmornig afterも良いアルバムです。

|

2017年11月19日 (日)

冬を走る / 〝鏡面の波〟 / 宝石の国

1119sky

走ると美しい風景にである季節になりました。
冬に向かうことは寒く悲しいように思いますが、湿度が落ちて空気がと透明になり光の粒が見えるようで美しい季節です。

1119sky2 イヤーマフを兼ねて、大きめのヘッドホンで走っています。

〝宝石の国〟の〝鏡面の波〟はコーネリアスのようで良い曲です。


冬にぴったりの曲。

|

2017年11月12日 (日)

カーボローディングとEX / ゴジラが地上波で登場した日

Horse1112

今日は、走っていると園芸高校の文化祭でした。白い馬が顔を出していて、みんなと交流していました。いつもかわいい。
この時点で6kmぐらい。

プールに行き、1時間半じっくり泳ぎました。最近では一番最長の距離。

11km20171112 合計で11kmぐらい走りました。間抜けているところが、SWIM。今週末は、ヨドバシの上のタイ料理屋さんでタイ米を食べたりしてカーボローディングしていました。頭痛学会の時も、駅弁やランチョンセミナーで炭水化物摂取をしていました。
Vo2max20171112
VO2MAXは、順調に育っています。ゆっくり育って行くと良いと思っています。

ゴジラが地上波で流れた日でもありました。


昔からあるオペラのような響きです。歌詞も秀逸。
一つずつ、一歩ずつ進んで行こうと思っています。

|

2017年11月 3日 (金)

成長を続ける / VO2MAX / 大谷先生に協力

20171103_4 11月3日は午前中に10km走り、2000m泳ぎました。体育館では、区民の催し物をしていました。

201703_4 途中の大きな公園では、大きなイベントの準備が進んでいました。神田では、応援しているカレーグランプリに沢山の人が集まっていることを思い浮かべていました。

Vo2max201711 インターバルトレーニングを繰り返しています。少しずつVO2Maxの値が改善していて、42位になっていました。人並みになれるよう、続けて行こうと思っています。

特に、SWIMは関節に負担かけること無く心肺機能を鍛えられるような気がします。ストローク間隔を大きく取り、呼吸数を落として一回一回の息継ぎで沢山酸素を取り込めるように訓練を繰り返しています。

ランニング中に、仲良しの池袋呼吸器の大谷先生から電話がありました。脳のMRIについて協力差し上げれそうで、うれしかったです。作業手順を話しました。

僕ら神経内科は、救急から在宅まで幅広く訓練を受けて育っていき、総合内科専門医を取得している先生も沢山います。先輩の池田先生や塩尻先生など医科歯科の神経内科の先生方がNHKのドクターGの常連なのも、そういった背景があると思っています。大谷先生にも、そういった背景でご協力しました。

高齢化社会の中で、認知症と運転やロコモの栄養管理などさらに社会的ニーズが高まっています。ゆっくり泳ぎながら、若い先生との議論を思い出していました。

今の世の中での神経内科医を自分なりに再定義して、今後やるべき事を考えていました。全てはこれから始まりそうです。

|

2017年10月30日 (月)

課題の解決に向けて / Exを続ける / 

1030morning_2 医局のフットサルで横田教授は、ハットトリックを決めました。石橋先生もいつの間にかゴールの前にいた。コートを走りながらいろいろ考えていました。

いいポジションに素早くついて、正確にボールさばきをされていました。1時間ぐらいボールを追いかけまわしても、昨年ほど疲れなくなっていたのでLSDはまあまあ。けれども、素早く動く能力が低かった。

課題は3つ。

⒈ダッシュの速度を速くする
⒉ポジションのとりかた
⒊ボールさばき
結構、きちんとEx続けていたつもりでしたが、不足。こういうものを「デブの自己満足」と名付けています。つらいからたくさんやったように思っているだけ。合理的でないExであるため、目的を達することができません。
解決策としては、インターバル走とスキップ走を取り入れることと、フットサルが得意な人と対人的な練習をしようと思っています。
Vo2max
VO2MAXは、地道に上昇を続けていました。有酸素運動と、不要な脂肪組織のそぎ落としの継続。
一歩ずつ、ほんの少しずつしか進めないけれど、GRID力を信じて頑張ろうと思っています。

|

より以前の記事一覧