« バイアグラの視覚障害 | トップページ | 頭痛の本の挿絵 »

2005年9月 1日 (木)

産経新聞の記事

今日は、平成17年6月29日に掲載された産経新聞の記事(テキスト)を報告しようと思います。

スキャン画像は後ほど。

この記事を見て、いらっしゃった患者さんがたの、いろいろな問題を解決できました。
本当に報道の力はすごいです。

 たとえば、歩きにくいという訴えの方々は、それぞれ足の筋肉の病気であったり、肺がんによる衰弱によるものだったり、脊髄小脳変性症など病気は色々でした。

 これらの方々は「なぜ歩けないんだろう」という疑問に応えてもらえていなかったので、新聞記事を大切に切り抜いていらっしゃったのでした。

 遠いところでは青森、佐渡島、宮崎、近いところでは千葉、茨城、神奈川などからわざわざいらっしゃいました。

 10月から、千葉県松戸市新松戸の大和田医院(最寄り駅は新松戸、馬橋(常磐線)、南流山(つくばエクスプレス)、電話047-45-1122)というところで開業するのですが、本当に身が引き締まる思いです。

 産経新聞の記事はこちら(産経新聞社デジタル部のご承諾をいただいております。)

 この記事は、ささやかな私の医療に深い関心を寄せてくださった、宇咲冬男先生(http://www.ashitano-kai.gr.jp/)のご尽力によるところが大きいものです。宇咲先生は著明な俳人で、ドイツでのヨーロッパ俳句会議に招待されました。日本の文化をヨーロッパに伝えていらっしゃいます。
 この場を借りて心より深謝申し上げます。

 また、美人の写真撮影家さんを伴い取材にいらした赤岡記者も大変立派な方でした。彼女は、無農薬農法の方を紹介してくださりました。本当にすばらしい野菜を作られる仙人のような方です。

 このような方々に支えられているのだと思うと、初心を忘れずに進まなくてはならないと気が引き締まる思いです。
 俳句や、詩については場をあらためて書くことにします。人間にとって、一番大切なのは、愛や優しさや、友人だと日々実感しています。

|

« バイアグラの視覚障害 | トップページ | 頭痛の本の挿絵 »

16.講演会/取材など」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130679/5737051

この記事へのトラックバック一覧です: 産経新聞の記事:

» 産経新聞 [【産経新聞】について]
よる資金援助をしていることが株主総会で指摘されたことがある。しかし、鹿内失脚の後、フジが東証に上場して経営の透明性が求められるようになっ産経新聞産経新聞(さんけいしんぶん、題字は産經新聞)は日本の新聞の一つ。フジサンケイグループでフジテレビジョンが過半数を出資している産業経済新聞社が発行している。産業経済新聞。サンケイ新聞。歴史*1913年 大阪にて前田久吉が新聞販売店を創業*1922年 南大阪新聞創刊(後に大阪新聞に改称)*1933年 夕刊大阪新聞社の手により「日本工業新聞」として創刊。(産経新聞... [続きを読む]

受信: 2005年9月28日 (水) 09:14

« バイアグラの視覚障害 | トップページ | 頭痛の本の挿絵 »