« 万華鏡 | トップページ | 糖尿病の取材・サンデー毎日 »

2005年9月 6日 (火)

コレステロールをめぐる話題・歯周病

血液中のコレステロールが高くなる、高脂血症は患者さんが増加している大きな問題です。私は、脳卒中の患者さんを診ることも多く、高血圧、糖尿病、高脂血症をお持ちの方を沢山診ることにもなります。

スタチン系と呼ばれる高脂血症の副作用については、拙書『副作用』で触れましたが、最近幾つか面白い話が載っていましたのでご紹介します。

一つは、スタチン系薬剤がC型肝炎に有効というものです。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050904-00000044-kyodo-socihttp://www.asahi.com/health/news/TKY200506300379.html

ともすると、副作用だけに目がいきますが、このような効果もあるというのは驚きです。まだ、in vitroといい、シャーレの上だけの実験結果ですので、今後検証が必要でしょう。

もう一つは、高コレステロール血症の方の歯周病についての話題です。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050904-00000045-kyodo-soci

実は、歯周病菌が手足の血管に悪さをしているという事実を、母校の血管外科の先生が明らかにしています。
http://www.asahi.com/health/news/TKY200506300379.html

口と手足の血管がつながっていたんですね。
実は、ばい菌やウイルスによる感染症が全身の動脈に障害を与える可能性については、以前より良く話題になっていました。

先日のイントロンとエキソンの話といい、医学、科学はどんどん新しいことが分かってきて、エキサイトな分野です。

|

« 万華鏡 | トップページ | 糖尿病の取材・サンデー毎日 »

10.代謝病 / 栄養運動医療アドバイザー」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130679/5811737

この記事へのトラックバック一覧です: コレステロールをめぐる話題・歯周病:

« 万華鏡 | トップページ | 糖尿病の取材・サンデー毎日 »