« 脊髄小脳変性症(SCD/SCA)の分類 | トップページ | プライマリケアの講演会の依頼 »

2005年9月11日 (日)

宮沢賢治とチタン

宮沢賢治の『やまなし』という本があります。

 小さな谷川の底を写した二枚の青い幻燈です。

 一、五月

 二疋(ひき)の蟹(かに)の子供らが青じろい水の底で話てゐました。

『クラムボンはわらつたよ。』
『クラムボンはかぷかぷわらつたよ。』
『クラムボンは跳てわらつたよ。』
『クラムボンはかぷかぷわらつたよ。』
 上の方や横の方は、青くくらく鋼のやうに見えます。そのなめらかな天井を、つぶつぶ暗い泡が流れて行きます。
『クラムボンはわらつてゐたよ。』
『クラムボンはかぷかぷわらつたよ。』
『それならなぜクラムボンはわらつたの。』
『知らない。』
 つぶつぶ泡が流れて行きます。蟹の子供らもぽつぽつぽつとつゞけて五六粒泡を吐きました。それはゆれながら水銀のやうに光つて斜めに上の方へのぼつて行きました。
 つうと銀のいろの腹をひるがへして、一疋(ぴき)の魚が頭の上を過ぎて行きました。
『クラムボンは死んだよ。』
『クラムボンは殺されたよ。』

やまなし
4894190095 宮沢 賢治 小林 敏也

おすすめ平均
stars版画

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

何の変哲もない静かな日本語。

でも、これは、私にとって、衝撃的な文章でした。

そして、この本の挿絵の版画・・・

そうです。これは、ココログのサンプルに用いられている文章です。

このブログは、プログレスインタラクティブのプロの方に作って頂いた美しい物ですが、ココログを紹介して頂き、目にしたのがこの文章でした。

宮沢賢治の文学は元々好きだったのですが、全てを読んでいたわけではありませんでした。

この文章に触れたとき、私は大きな衝撃を受けました。

谷川の底を写した二枚の青い幻燈

で始まるこの文章・・・ 透明な青いガラスのむこう側の風景をこのように説明できた人はいないでしょう。

谷川俊太郎さんの澄みきった言葉にも通ずる美しい調べです。

自然界の恐ろしさ、それがあるからこそ引き立つ、親子の暖かさ・・・

宮沢賢治の文学は大人になればなるほど恐ろしさを実感することとなり、同時に美しさも感じることができる ということを知りました。

日本人で良かった・・・

私たちは、子ども達に安全性の高い食器を探し求め、専門家の方々の集学的な協力の結果として、チタン食器を生み出してきました。

チタン工場に置いてあった、薄く青く輝くチタンシルバーの生板に私は静かな感動を覚え、そっと手を置かせてもらいました。

『もしかしたら、すごく熱かったりして・・・』

でも、実際は、何ともいえない、鉄のように冷たくない、不思議な冷ややかな感じでした。

静かなつめたさ・・・

『これが錆びることのない、そして、塩水にも金属が溶け出すことのない、食器のために絶対的な優位点をもった金属か・・・』

宮沢賢治の童話につながる青く静かに、ただそこにあるだけの真実のような気がしました。

最近の日本はうるさすぎると思っています。

大音量でがなり立てても人の心には響かない。

こざかしい技を駆使しても、人の心をあざむき続けることは出来ない。

真実というのは、そこにそっとたたずむ物だと思っています。

宮沢賢治の足下にも及ばないけれど、良質な医療と、社会に貢献できる良質な本や食器などの品物を、ゆっくり確実に、生み出していきたいと思いました。

宮沢賢治の文章にインスパイアされて、美しい版画も生まれた。

良質な真実は、人々をインスパイアしさらに輪が広がる物だと思っています。

クラムボンに出会えて、ココログにして良かった と思っています。

もうすぐ、日本の打ち上げたはやぶさが空の向こうで、小惑星と出会います。
よたかに見せてやりたかった。

その後、なんと、やまなし の朗読に出会うことが出来ました。

奇跡的です。

|

« 脊髄小脳変性症(SCD/SCA)の分類 | トップページ | プライマリケアの講演会の依頼 »

15.ドクターレポリス・高性能チタン食器」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130679/5887836

この記事へのトラックバック一覧です: 宮沢賢治とチタン:

» 宮沢賢治/やまなし [Blog 表現よみ作品集]
やまなし [続きを読む]

受信: 2005年9月11日 (日) 19:25

» 「銀河鉄道の夜」の場合(2) [真実の扉]
 宮沢賢治の文学は「銀河鉄道の夜」だけではなくて「注文の多いレストラン」「風の又三郎」など、その作品の全てが霊的世界のことと結び付いています。霊的世界といってもそれは単に愛についての物語であるという理解でもそれなりに感動できるものです。賢治は常に人の幸せを願い、本当の幸せとは、愛とは何かについて考えている人でした。  今回、映画などの文化作品の中のメッセージを書いていて、賢治の「銀河鉄道の夜」... [続きを読む]

受信: 2005年9月14日 (水) 13:45

» 宮沢賢治/やまなし [【別館】表現よみ作品集]
よく朗読される宮沢賢治の作品です。 「小さな谷川の底を写した二枚の青い幻燈です。……」 (「青空文庫」のテキストを使用) 一、五月 二、十二月(10分43秒) 表現よみ:渡辺知明 やまなし 宮沢賢治とチタン(医師の大和田潔さんがリンク)... [続きを読む]

受信: 2006年10月19日 (木) 09:23

« 脊髄小脳変性症(SCD/SCA)の分類 | トップページ | プライマリケアの講演会の依頼 »