« 悩める転院の問題 | トップページ | 栄養経路と誤嚥 »

2005年10月 7日 (金)

ipod nano と suffle と Apple

いまはメインがすっかりウインドウズになってしまった私ですが、その昔は頑なにアップルを使っていました。

SE/30, Powerbook 540, 550, LC, LC475, ..., PBG3

いまでも時々だしてスイッチ入れています。

その影響で、ipodがいつかほしかったのですが、suffleが出たときに購入しました。

データ用のメモリーにもなるからです。
すると、ipod nanoが出たというではありませんか。

この宣伝量の多さといったら、macintoshの比ではありません。

アップルも変わったなあ。
と感慨にふけります。

キャノン販売でマックを売っていたころ。
アキアの代替機が出たころ。
つぶれかけてマイクロソフトから業務提携(?)受けたころ。

いくつもの時代を経て、アップルは変わりました。

こういう戦略だったのか。 といま思います。

「なんでコンピューターメーカーが必死で音楽をやっているんだろう?」と。

来年、インテル製のアップルが出たら、購入しなおそうかな と思っています。

Macintoshはデザイナーさん方では今でもスタンダードだそうです。
しかもフォントの関係で、OS9を使わなくてはならない。
先日、G3OS9でプレゼンされていた方が、「デザイナーたちが動かなければ、われわれは新しい機種を買えない。デザイナーたちは昔の資産を失うことはできない。だから、永遠にOS9なのです。」とおっしゃっていました。

アップルは革新と楽しさを教えてくれています。

私は、アップルが好きです。
これからもがんばっていってほしい。

ipod nanoはなにか、可能性を感じます。ハードディスクが要らない。
可動部分のない音のしないソリッドな感触。

ウインドウズ互換機はどんな箱でもいろんなものをつなげばアメーバ的にマシンが完成する。そこにOSがインストールされる。美しくないアイコン。

初期のプラスやSE/30の持っていた、クローズドでそのもので完成されている、スイッチを入れるだけの思想。
完璧な組み合わせの上でしか、動かないOS。

ipod nano。
黒いnanoを買おうかなと思っています。

|

« 悩める転院の問題 | トップページ | 栄養経路と誤嚥 »

17.雑言」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130679/6293807

この記事へのトラックバック一覧です: ipod nano と suffle と Apple:

« 悩める転院の問題 | トップページ | 栄養経路と誤嚥 »