« ハヤブサなんと70mまで! | トップページ | インフルエンザワクチン »

2005年11月11日 (金)

肥満遺伝子一つなのに反対のホルモン!

胃や腸から食欲を抑制する新しいホルモンが放出されていることが報告されました。

オブスタチン
と命名されたこのホルモンは、なんと、遺伝子的には、食欲を促進するホルモン、
グレリンと一緒だったのです!

グレリンの遺伝子を解析していたところ、反対の作用を持つホルモンが同一の遺伝子から発現していることがわかったというのです。

????

どういうことなのでしょう。スプライシングのされ方で、作用が正反対のホルモンが生まれるのでしょうか?

ジャーナルがScienceなので、大学に行ったときにオンラインジャーナルを見てみようと思っています。

すごく不思議です。

胃や腸から脳の食欲中枢を制御するホルモンが出ている。
正反対の2種類のホルモンが作られていて、その遺伝子は一緒。

エキサイティングな情報です。

採血でグレリンーオブスタチンバランスを見ていくような世の中になっていくのでしょうか?
どうしてもドカ食いしてしまう人を精神論で語ることはなくなるでしょう。

人間の肥満へのサイエンスも日々進んでいっています。

ほんとにエキサイティング。
このまま、サイエンスが進化していってくれることを祈ります。
そうすれば、数年で私のやりたいことが実現できるかもしれません。

未来を信じて、土地を耕し、水を引き良い畑を作る。

私にはそれしかできません。

種も自分で作ることはできない。

ひたむきにその作業を進めましょう。

その作業を毎日積み重ね、良い種がやってくることを待つ。

その後は太陽の光や良い風が吹くことを待つばかりです。

こういった作業には時間がかかります。
ゆっくり粘り強く作業をし続けなくてはなりません。

数年後がとても楽しみです。

|

« ハヤブサなんと70mまで! | トップページ | インフルエンザワクチン »

09.ダイエットの話題」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130679/7038599

この記事へのトラックバック一覧です: 肥満遺伝子一つなのに反対のホルモン!:

» 肥満とは? [肥満]
肥満とは、体内の脂肪組織に過剰に月旨肪が蓄積された状態のことをいいます。ただ体重が重いから肥満であるということではありません。ほとんどは一般の基準よりも体重が重いことを指しますが、筋肉質のタイプで体重は重くても、脂肪組織の中の脂肪の割合が少ない人は肥満ではありません。●洋ナシ型肥満(皮下脂肪型肥満〉女性に多いタイプで、下半身型肥満ともいい、腰・尻に脂肪が多くなる肥満です。健康上はあまり問題はありません。●リンゴ型肥満(内臓脂肪型肥満)男性に多いタイプで、上半身型肥満ともいい、...... [続きを読む]

受信: 2007年5月 6日 (日) 09:50

« ハヤブサなんと70mまで! | トップページ | インフルエンザワクチン »