« インフルエンザの型とタミフル | トップページ | 医療教育の新しい挑戦 »

2005年12月12日 (月)

新システム発進

いま、一つの挑戦をしています。

詩、俳句、著書、絵画・・・
勤務医からクリニックの医師へ。

幾つかの山を乗り越えてきました。

今、一つの挑戦をしています。

すばらしいものになるように尽力します。

今、看護師の過労死のテレビをやっていました。

先進国では100人の患者あたりナースは100人以上に比べ、日本は40人だそうです。
日本の三人に独りのナースも幻想です。
実際は、夜勤2人で40人ぐらいの患者さんを看る事もざらです。
その病棟に延べ人数が10数人いるので、そういう計算になるだけです。

医師と同様の姿に涙なくしては見れません。
このようなものに普遍性を持たせるためには一つしか手段はありません。

ドキュメンタリーは単発で終わってしまい、継続性が無いですし、普遍性が無い。

より良い患者さんに優しい医療を目指す。

私の挑戦は続きます。

|

« インフルエンザの型とタミフル | トップページ | 医療教育の新しい挑戦 »

17.雑言」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130679/7592597

この記事へのトラックバック一覧です: 新システム発進:

« インフルエンザの型とタミフル | トップページ | 医療教育の新しい挑戦 »