« 大切な子供たち | トップページ | 脊髄小脳変性症の本 »

2006年1月13日 (金)

少子化対策

昨日、少子化に対する政策会議に出席するという事をお話しました。

丁度本日、出産費用の無料化が検討されていると言う報道がありました。

子供を育むというのは、生むだけでなく育てるという継続的な作業の連続です。

生みやすくなるのはとても良いのですが、その後も女性の働く状況の改善、男性の子供のための休暇申請など、幾つもの社会的変革が必要だと思われます。

和田秀樹先生も指摘されているように、日本の社会は北欧の社会保障システムに向かうのが、フィッティングの面でも良いと思います。

グローバリゼーション=アメリカではありません。

混合診療も良いとは思います。

ただ、アメリカ型一辺倒では良くないと思います。

選択肢の一つとして考えて良いとは思いますが、唯一のものでは在りません。

私は、少子化対策や医療システムの改革については、北欧型システムが良いのではないかと思っています。

日本の国民性などを考慮して、より良いシステムの検討が必要です。

出産料が無料になっただけでは不足だと思います。

その他のケアへ発展していく事を祈ります。

|

« 大切な子供たち | トップページ | 脊髄小脳変性症の本 »

04.栄養運動医療アドバイザー / 医療コラムニスト」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130679/8138207

この記事へのトラックバック一覧です: 少子化対策:

» 出産の無料化を検討 [語り合おう]
猪口担当相、少子化対策で [続きを読む]

受信: 2006年1月13日 (金) 15:09

» 出産の無料化を検討 [語り合おう]
猪口担当相、少子化対策で [続きを読む]

受信: 2006年1月13日 (金) 15:15

» 出産の無料化を検討 [語り合おう]
猪口担当相、少子化対策で [続きを読む]

受信: 2006年1月13日 (金) 15:16

» 少子化対策 [ヤクルト狂の独り言]
少子化対策として出産費用を無料化すると猪口担当相が述べたが、安倍官房長官らが否定。 そもそも、少子化対策で出産費用を無料にしたからといって有効な手段ではないことは明白だ。 少子化の問題は働く女性が増えてきたことが最大の原因だと思う。 少子化対策のためには....... [続きを読む]

受信: 2006年1月16日 (月) 13:13

« 大切な子供たち | トップページ | 脊髄小脳変性症の本 »