« 絵本は、本屋さんにご注文ください! | トップページ | 絵本の反響 »

2006年1月 1日 (日)

本当の救急疾患に

たまたま、テレビ番組を見ていたら、

「アルコールを弱い人も強い人も飲ませて、カラオケ屋の下の角に救急車を待たせておくの」という発言をされている方がいました。

急性アルコール中毒は致命的になる事があること、
未然に防げること、
救急車を確信犯的に呼ぶと言うこと、
幾つもの側面から大変に問題な無責任な発言だと思いました。

なるべく、小姑のようなことは書きたくないのですが、ときどき、本当に人の命にかかわる無責任な発言が多くて、困ります。

先日も、救急科の教授の先生と、こういった防げる疾患によって、本当の救急疾患に救急車が出遅れる問題を話したばかりだったのでした。

年末年始、アルコールの量が増えやすいですが、救急車を未然に防げる疾患で呼ばないようにしましょう。

もし、発生するのを判っていて、あらかじめ呼ぶようなこのような行為が本当になされていたのであれば、救急隊に謝罪すべき位の行為だと考えています。

本当に救命救急隊の方は、日々訓練を繰り返し、救命のために真摯に働いているのに・・・

救急システムが無料であり続けてきたことに、功罪がありそうです。

こういった行為は、救命システムの有料化を推し進めることになってしまいます。
厳に慎んでいただきたいと心から願っています。

|

« 絵本は、本屋さんにご注文ください! | トップページ | 絵本の反響 »

04.栄養運動医療アドバイザー / 医療コラムニスト」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130679/7952298

この記事へのトラックバック一覧です: 本当の救急疾患に:

« 絵本は、本屋さんにご注文ください! | トップページ | 絵本の反響 »