« 杞憂 | トップページ | クリニックの情報 »

2006年1月11日 (水)

速報!うわさのナノブロック(インフルエンザ マスク)詳細

調剤薬局やクリニックのみでしか手に入らない、ウイルスブロックマスクのナノブロックマスクが到着しました。

nanoblock1

ナノブロックは、ナノブロックフィルターと静電フィルターの二重フィルター構造になっています。優れものですが、7枚で1365円と高価です。

詳細を見てみます。

こちらが箱の裏側です。nanoblock2

マスクの構造についての記載と、ウイルスを100%捕らえるものでは無い、本商品は雑品、雑貨類です、と注意書きがあります。
医療用マスクではないと言いたいのだと思います。
こちらに、その仕組みの説明があります。

nanoblock33

なんと中を開けると、銀色の密封パック。
厳重な感じです。
手触りは重層アルミフィルムの感じ。
少し厚手のアルミホイルのようです。

nanoblock3
裏はこんな感じ。

装着の方法が載っています。

レトルト食品のようです。


                        

nanoblock4中を開けると、こんな感じのマスクが7枚入っています。
実は、このたたまれ方は優れているのです。

こうやって、たたまれていると、裏と表を絶対に間違えません。
上が鼻側になっています。

でも、きれいにたたまれていて、つけた感じが想像できません。
これは、二つ折りにして、横から見たところなのです。

装着するときには、横に広げて使います。
左側に見える穴が耳に掛ける穴になります。

nanoblock5中を広げたところです。
一度装着しておいて見ました。
立体型に広がるので、苦しくありません。
フィット感もまあまあです。

それでは、内部構造はどうなっているのでしょうか。
PA0_0024装着時右側になる部分を切断してみました。
それぞれの層にオレンジ色のポストイットをはさみました。
上から、
1.内側の不織紙、2.静電フィルター、3.ナノブロックフィルター、4.外側の不織紙の四重構造
になっています。
全く図の通りです。

裏と表を間違えずに装着するので、外からのウイルスがナノブロックフィルターで不活化された後、吸い込んだ空気は静電フィルターへ導かれる事になります。

そこで、細かいチリや埃、カビなどが取り除かれると言うわけです。

うーん。上手い仕組みです。

一体型になっているかと思いましたが、本当に四枚のフィルターの積み重ねになっています。
PA0_0023拡大したところです。
内側の層の次の静電フィルター(上から一番目のオレンジの上に乗っているフィルター)は目の細かい丈夫な紙と言った感じです。ナノブロックフィルターは逆に目の荒い構造をしています。
写真で、そのフィルターの目の細かさが判ると思います。

僕は、ウイルスを吸着すると言うナノブロックフィルター(うえから二番目のオレンジの上に乗っているフィルター)の方が目が細かいと思っていたので、これは驚きでした。

ナノブロックフィルターとは、こちらに説明がありますが、インフルエンザウイルスに対する抗体を固定したフィルターで、吸着と同時に不活化する作用があるそうです。

こちらにも判りやすい説明があります。

なんと吸着するだけでなく、加湿し、ウイルスを壊すと言うのです。
なんという技術でしょう。
フィルターに触れてもしっとりした感じはしませんが、呼気などの空気中の水分をある程度キャッチする能力を備えているものと思われます。

開発したダイキンのページはこちら。

かがくるでご一緒した、国立感染研究所との共同開発だったんですね。

しかも、チタンの話も載っています。

吸入するときのウイルスだけでなく、咳をして、放出するウイルスも不活化するので、感染拡大に役に立つとの事です。

ちなみに、この写真のバックに使わせていただいたのは、佐久間先生の立派なアトラスの本です。きれいな群青色です。

ナノブロックマスクは、一日に一枚交換が推奨されています。

でも、一枚200円位するので、ちょっと高価です。

でも、この構造を見ると、理解できるかもしれません。

フィルターが高価なのかもしれません。

結構上手にナノブロックマスクの構造が判りやすいモデルができたとおもいます。
クリニックに展示しました。

|

« 杞憂 | トップページ | クリニックの情報 »

04.栄養運動医療アドバイザー / 医療コラムニスト」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130679/8108535

この記事へのトラックバック一覧です: 速報!うわさのナノブロック(インフルエンザ マスク)詳細:

» 鳥インフルエンザウイルス、特殊繊維が破壊 産学で開発 [zaraの当方見聞録]
鳥インフルエンザウイルス、特殊繊維が破壊 産学で開発  帯広畜産大学(北海道帯広市)と日清紡(東京都中央区)は14日記者会見し、鳥インフルエンザウイルスを破壊する繊維を開発した、と発表した。マスクや作業着といった身近な商品に実用化される予定だ。  日清紡が銅イオンを含む特殊な繊維素材を開発し、これにウイルスを破壊する効果があることを帯畜大との共同研究で確認した。  アルミニウムとナトリウム、ケイ素から成る無機鉱物ゼオライトをコットン繊維の中で結晶化し、銅イオンを付着させることで... [続きを読む]

受信: 2006年1月11日 (水) 13:01

» 日本が世界初! H5N2型インフルエンザ、人への感染の可能性 [医薬品・化粧品・食品に関する情報提供]
高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N2型)が流行した茨城、埼玉両県の34養鶏場を対象に従業員らの感染状況を調べていた厚生労働省と国立感染症研究所は、血液中の抗体検査の結果、過去に感染した可能性があるのは77人と発表した。 感染が疑われた従業員らは、特定の養鶏場には集中していないということです。 【追伸】  インフルエンザに関連してですが、以前、このブログでも紹介いたしました“うわさのナノブロック(マスク)”の詳細についてレポートしているページ(大和田潔 先生のページです)があります。す... [続きを読む]

受信: 2006年1月12日 (木) 23:21

» ウイルスカットマスクでインフルエンザ予防? [「え、それ本当?」興味あるカテゴリをご覧下さい]
 今年は「鳥インフルエンザが変異して人の間でも大流行するようになるのではないか?」と伝染病の専門家も、各国政治家も、医療関係者もこぞって心配しているようです。 現在の世界中での鳥インフルエンザの発生状況と、その致死性を考えると、スペイン風邪のような惨禍...... [続きを読む]

受信: 2006年1月15日 (日) 18:11

» ナノブロック [薬局のオモテとウラ]
ナノブロックウイルスカットマスクというものをご存知でしょうか。 エフティ資生堂というところから出ています。 7枚入りでなんと1365円(税込)。 普通の?マスクのように洗ったらまた使えるわけではなく使い捨てなので、随分と高い印象を受けますよね。 私もそう思います、..... [続きを読む]

受信: 2006年1月25日 (水) 13:08

« 杞憂 | トップページ | クリニックの情報 »