« ひとり、と、Pilgrim | トップページ | 電子カルテ考 »

2006年3月15日 (水)

名刀 正宗

なかなか良いお医者さんがいないという話を伺います。

最近の医師は随分丁寧になって、優しい先生が増えていると思っています。

でも、その患者さんがたのお話を聞くと、医療提供側にピットフォールがあることに気付かされます。

たとえば、バリアフリーかどうかにはじまり、消毒薬臭くないかとか、明るい雰囲気かどうかなど、クリニックの構造について。

あれこれ検査を勧めるのが嫌。

事務の人が無愛想なのが嫌。

ちょっと他のクリニックにかかったら嫌な顔をされた。

医師の感情の起伏が大きく、不機嫌なときにあたらないように願っている。

などなど、結構身につまされる事が多いです。

こういった一つ一つの雑談の中に、自分を鍛える種が埋まっていると思っています。

おとといは松戸の先輩の先生方と、新松戸の医療の未来について話し合いました。

昨日は、夜遅くまで仲間と未来の医療について話し合いました。

私のウイークポイントを正確に捉えた、仲間たちの繰り出すパンチは私を叩きのめし、反論できない自分に悔しさを憶えました。

刀。

刀は何回も何回も鍛冶の業師がたたく事により生まれます。

名刀 正宗になれるよう鍛錬を進めなくてはならないと思いました。

|

« ひとり、と、Pilgrim | トップページ | 電子カルテ考 »

17.雑言」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130679/9100879

この記事へのトラックバック一覧です: 名刀 正宗:

« ひとり、と、Pilgrim | トップページ | 電子カルテ考 »