« CSテレビの収録 | トップページ | 失われし星 »

2006年3月 8日 (水)

高橋先生の『うつ』の本

高橋先生のうつの御本が出版社より届きました。

utsu

きれいなオレンジシャーベットの装丁。
思わずその色の美しさに惹かれます。

夏の終わり、ものすごく忙しい各方面のデザイナーさん、コピーライターさん、私がほんのつかの間だけ集合した時を思い出します。

このコーヒーの30分後には僕たちは東京都下のあちらこちらに散らばっていたのです。

束の間の集合です。こういったことができる事が信頼関係の素晴らしいところです。

その時の写真はこちら。
zutuSummer夏の日差しは独特の色合いがあります。
まだデザインはプロトタイプで、いろいろな手触りの紙質を試しています。
このかわいらしいデザイン。
表紙がなく、幅広の帯がカバーとなっています。

この本は実はデザイナーさんが準備した、ツカが同じ高さの別の本なのです。
帯兼カバーはカラーコピー。

買った人しかわからない、この帯をめくった後のギミック。

この後のシリーズ化を見晴らした秀逸なデザインです。

今思うと、夏の日差しにブルーがすがすがしいです。

高橋先生のオレンジシャーベットは暖かい。

さすが、アストラカン

でも、この時の夏のランチのコーヒーはおいしかった。
デザインに落ちる夏の陽も美しかった。

こうしていつまでも継続できる事は本当にうれしいです。

高橋先生の御本の内容は非常にわかりやすく、医療者の私にもとても参考になります。

例えば、うつは知らないうちにどの人にも忍び寄っている事。
治療、周囲の人の対応、予防。

「うつかな?」、「うつが心配だな。」と思う方必見です。

言葉は判りやすく書かれていますが、内容が非常に濃い。

今日はデザインを中心に触れました。

気がついた素晴らしい点が幾つもありますので、順次ご紹介しましょう。

購入してしまう方が早いかもしれません。

うつ うつ
高橋 祥友

新水社  2006-02
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

購入すれば、この本の洗いざらしのリネンのような手触り、デザインの秀逸さ、表紙をめくったギミックを見ることができます。

良い本に久しぶりに出会いました。

チタン食器もそうですが、本物は時間に磨かれるはずです。
とても楽しみです。

この良書、このシリーズは青年期、働く時期、主婦の方、老齢になっても女性たちの心強い支えとなっていくでしょう。

この本には高橋先生の優しさがあふれています。

|

« CSテレビの収録 | トップページ | 失われし星 »

04.栄養運動医療アドバイザー / 医療コラムニスト」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130679/9006028

この記事へのトラックバック一覧です: 高橋先生の『うつ』の本:

« CSテレビの収録 | トップページ | 失われし星 »