« マルハのリサーラ | トップページ | 尊厳死と終末期医療 »

2006年3月31日 (金)

死というもの

外科医が呼吸器をはずしたという事件は最初ショッキングな見方で報道されました。

『不審死』と言う言葉まで踊っています。

嘱託殺人、殺人と言う恐ろしい言葉まで使われています。

患者さんも家族も望まないのに、密室で医師が単独で呼吸器を停止したという印象を与えるものです。

その時点で、私は、もっと多角的に考える必要性を訴えました。

外科医の先生が真摯に質問に答えていたからです。

院長先生にも相談している。院内のオープンな問題として提議している。

さらに、彼はとてもまじめな先生だったというお話も伝えられています。

本日の報道で、決して密室でもなく、ご家族やご本人の意思を尊重して医師に依頼したものだった事が明らかになりました。

決して『不審死』では無かった。
ご家族やスタッフが御部屋にいて、しかも依頼されたものだったのです。


法が整備されていない状況で
医師は自分の責任でその依頼に応えてしまったと言う点が問題です。

寿命や、死と言うものを皆で一緒に考えていく必要があります。

無理な延命治療の手段を次から次へ注ぎ込むことへ安易に流れやすい。

これらの問題は、医療設備の整った世界共通の問題です。

私の所属するアメリカ内科専門医会でも、その苦悩や方法について論議されています。

END of LIFE CARE : EOL
 という言葉が使われています。

これは、日本語訳の終末期医療よりも、終末期のケアという言葉がしっくり来ます。
ケアと言う言葉が使われているところにそのニュアンスが含まれていると思います。

医療技術の進歩は望まない形で人々を長生きさせてしまうことがあります。

今回の一件が別な世界の一つの事件として終わることなく、より良い議論の端緒となればよいと願っています。

ガイドラインや指針が必要でしょう。
でも、やはり医療は支えあうものであって、相互の信頼関係が無くては成り立ちません。

ご家族は外科医の先生を信じていたからと思いたい。

医療は人を癒すものであるはずです。

その見地からみれば、自ずといろいろな結論が導かれると思っています。

桜がとてもきれいに満開に咲いています。

散る時期がどの桜にも準備されていて、美しさはその表と裏です。

命の大切さは、私たち医師も大切に思っています。

人の命にかかわる作業を一定の範囲内で許可されていて、その作業を継続しなくてはいけない状況におかれている故に、苦悩は絶えないのです。

支えあう気持ちだけが、その苦悩を少しやわらげてくれると思っています。

こういった問題は、多角的に考えていく必要があります。

私は外科医の先生の良心的な側面が見えて少しホッとしました。

ナイーブな問題も含んでいると思うので、全てを報道する必要は全く無いと思います。

でも、犯罪か否かといった一方的な問題では無い事を噛み締め、良く考えていく必要があると思っています。

|

« マルハのリサーラ | トップページ | 尊厳死と終末期医療 »

04.栄養運動医療アドバイザー / 医療コラムニスト」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130679/9354272

この記事へのトラックバック一覧です: 死というもの:

« マルハのリサーラ | トップページ | 尊厳死と終末期医療 »