« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月

2006年4月30日 (日)

納豆の威力/7-O-Malonyl Macrolactin A(MMA)

私は、以前から納豆に秘められた力を認めてきました。

例えば、咋冬から大流行した、ウイルス性胃腸炎の患者さんにヨーグルトと納豆を組み合わせて食べてもらうと、治りが早かったり、入院患者さんの抗生剤性の下痢の改善によかったり、様々な点で納豆には助けられてきました。

納豆菌(Bacillus subtilis
)は最近、いろいろな新しい知見が重ねられています。

Antimicrob Agents Chemother. 2006 May;50(5):1701-1709.
7-O-Malonyl Macrolactin A, a New Macrolactin Antibiotic from Bacillus subtilis Active against Methicillin-Resistant Staphylococcus aureus, Vancomycin-Resistant Enterococci, and a Small-Colony Variant of Burkholderia cepacia.

Romero-Tabarez M, Jansen R, Sylla M, Lunsdorf H, Haussler S, Santosa DA, Timmis KN, Molinari G.

私は、これまで、腸内細菌を整える作用が好影響を及ぼしているのかと思っていました。

なんと、納豆菌自体がMRSAなどの悪玉細菌を制する物質を作り、積極的に攻撃しているというのです。

マロニル マクロラクチン A(MMA)という物質が同定されたというのです。

続きを読む "納豆の威力/7-O-Malonyl Macrolactin A(MMA)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月29日 (土)

俳句界

師事している冬男先生が俳句界という雑誌載り、献本いただきました。
先週、産経新聞にも掲載されていただけでもすごいのに・・・

俳句界 2006年 04月号 [雑誌]
俳句界 2006年 04月号 [雑誌]

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

その後に上野千鶴子さんと佐高信さんの対談が続いています。
素晴らしいことです。

乾坤の一滴となり裸なり (宇咲冬男)

この無駄の無い美しい言葉の結晶が冬男先生の魅力です。

『あした』には、私の大好きな三枝正子さんが冬男の句の鑑賞文を寄稿しています。
三枝さんは角川書店からも句集を出されているプロです。 

続きを読む "俳句界"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サイボーグの時代

私は、以前より脊髄小脳変性症、パーキンソン病や、ALSの方々に筑波大が開発しているパワースーツが装着できないかずっと考えていました。

山海教授のHALというロボットスーツです。

筋力低下や小脳失調によるふらつきは、こういった補助ツールで改善されるかもしれないとおもったのです。

また、日々、患者さんを抱き上げる看護師さんや介護者に装着してもらえば、彼らを腰痛から守る事ができると思いました。

ところが時代はさらに先に進んでいたのです。

先日、サイボーグの話をなんと、以前記事に書いた私のものすごく大好きな攻殻機動隊とともに立花隆さんがNHKが放映していたのです!!

そして、その中で、神経内科に縁の深いパーキンソン病治療のためのDBS(脳深部刺激術)も紹介されていました。

続きを読む "サイボーグの時代"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月27日 (木)

医療と詩

医療は詩と切り離す事はできません。

詩はもちろん、絵や音楽、料理、俳句、お酒の味などもみな詩(し)であり詩(うた)です。

お酒は杜氏の作り出す詩です。

詩は人間の血であり肉であり、人間の血と肉を守る医療と切り離す事ができないからです。

どれほど詩が人の命を守ってきたでしょうか。

どれほど詩が人々に希望を与え、感動を与え、人々の心を揺さぶってきたでしょうか。

私は自分の命をかけて美しい詩を書いていきたいと思っています。

魂が揺さぶられなければ、人は生きていけません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月26日 (水)

アリクイ・ありくいの絵

アリクイはもともととても好きな動物です。

午前中、太陽の光が良かった日に、久しぶりに絵を描きました。

060416_20560001忙しい中にぽっかり開いた不思議な時間でした。

もちろん、BGMは、むしまるQの『アリクイの歌
です。

実は、むしまるQの歌は非常に優れているのです。

続きを読む "アリクイ・ありくいの絵"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月25日 (火)

脊髄小脳変性症の話しにくさ

脊髄小脳変性症の話にくさの原因は難しいものです。

小脳症状
パーキンソニズム
筋力低下
球麻痺
言語中枢のトラブル

といった原因が複合的に起きてきます。

筋肉は使わないと「廃用性萎縮」という筋力の低下が起きてきます。
やはり、定期的なリハビリテーションが必要だと思います。

続きを読む "脊髄小脳変性症の話しにくさ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月24日 (月)

湘南鎌倉ラインと山手線

※高田馬場ー池袋間での線路異常のため、首都圏交通がストップしたことが分りました。新宿駅の事故とは直接関係無かったようです。

通勤は、電車で支えられているので、こういったことがあるととたんにストップしてしまいます。

こちらに、線路の盛り上がりのきれいな写真があります。(追記16:00)

4月16日に横浜で内科学会総会があり、横浜へ行ってきました。

横浜は良いところです。
Pa0_0141このレリーフをみると、横浜という感じがします。

桜木町なので、一駅乗り換えです。

続きを読む "湘南鎌倉ラインと山手線"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アメリカ内科学会の収穫

内科学会総会が横浜で3日間開催されましたが、私が僅かに行けたのは土曜日の数時間のみでした。

その間を全て、アメリカ内科学会のフォーラムをお聞きする事にあてました。

060415_22540001講演会のパンフレットです。

尊厳死と終末期医療についての日米の医療の比較や現場での苦労、患者さん側に立つNPOの方のお話など、最先端でかつ有意義な講演会が続きました。

一つも聞き逃さないようにがんばってノートしてきました。

続きを読む "アメリカ内科学会の収穫"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月23日 (日)

燃える新松戸/馬橋/衆議院補選

新松戸付近が盛り上がっています。
Pa0_0191
マツキヨの前の看板


Pa0_0192反対側の歩道の看板



Pa0_0190
がっぷり四つの駅前の看板です。

これほど大物政治家さんが次々と乗り込んでくるのは珍しいです。

続きを読む "燃える新松戸/馬橋/衆議院補選"

| | コメント (0) | トラックバック (2)

絵本と天使の羽/RESISTANCE

少し前の曲なのですが、中島美嘉さんの Resistanceを繰り返し聞いています。

“白い天使の羽がふりつもっていく・・・”

で始まるこの美しい曲は疲れきってもさらに先に歩いていく時に大きな勇気を与えてくれます。

最近聴きなおして、スチールドラム風のパーカッションが、空に鳴り響くお寺や教会の鐘のようで、新たな感動です。

リストのラ・カンパネルラに通じるものがあります。

この曲を繰り返し聴きながら、絵本の延長線上にある仕事を開始しました。

こどものおいしゃさん をネット上に載せるという計画が持ち上がったのです!

続きを読む "絵本と天使の羽/RESISTANCE"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月22日 (土)

なまず/へびりちゃん

前回、日本周辺の地震を予知した(?)なまずのへびりちゃんですが、ここ数日はとてもおとなしいです。

伊豆で頻繁に地震があるみたいですが、ぜんぜん変りません。

しばらく、大きな地震は大丈夫じゃないかと思います。

アマゾン生まれのなまずが日本の地震を当てられるか、楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

選挙でもえる新松戸/衆議院補選/7区

今日は、クリニックのウエブを立ち上げるためにデザイナーさんがいらっしゃいました。

丁度、松戸が選挙でもえている時期で、話題には事欠きませんでした。
Pa0_0153
消防署の前の横断幕です。

ローカルな良い感じが出ています。

Pa0_0152マツキヨの前の看板が生々しい感じです。

熱気が伝わります。

続きを読む "選挙でもえる新松戸/衆議院補選/7区"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月21日 (金)

小児科医の苦労と苦悩

私の友人の小児科医はとても優しくて信頼できる方です。

でも、とても疲れていて、普通に喫茶店で話している最中にもボーっとしていて、眠り込みそうになってしまっていました。

なんと、40時間連続で働いていたのです。

こちらに、コアラメディカルリサーチ 江原 朗先生の、
これらの問題をきちんとお話されているサイトがあります。

本当に泣けてきます。

続きを読む "小児科医の苦労と苦悩"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月20日 (木)

びっくりの偶然/チームバチスタ/オートプシーイメージングと出版社

チームバチスタの栄光

チーム・バチスタの栄光 チーム・バチスタの栄光
海堂 尊

宝島社  2006-01
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
という本が余りに面白く、Ai(オートプシーイメージング)も勉強したかったので、本を買いました。

なんと、出版社さんが篠原出版新社さんでした。

続きを読む "びっくりの偶然/チームバチスタ/オートプシーイメージングと出版社"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月19日 (水)

緊急報告:インフルエンザA型の流行

なんと、新松戸地区では現在 インフルエンザA型が大流行しています。

こんな時期にインフルエンザが流行する事があるというのは驚きです。

症状も冬に起きる通常のインフルエンザと同じで、オルセタミビル(タミフル)が効果あります。

理論的には、春でも夏でもヒトーヒト感染する環境があればインフルエンザは流行します。

湿度が高くなったり、最初のインフルエンザを運んでくる鳥がいなくなったりするので、インフルエンザは冬の疾患という印象があるだけです。

高熱が出て、関節が痛くなり、特有のだるさが出るようなら、今の時期でもインフルエンザを疑うべきでしょう。

私のクリニックでは、感度と特異性が最高と言われている検出キットをまた発注いたしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人生を変えた一日

今日の昼下がり、ココロから尊敬する方に会いました。

一緒に人々のための仕事が進みそうな予感に身震いしました。

脳卒中や難病の方々と私たちが一緒に少しずつ進んできた物事に
も、きっと大きな勇気と喜びを与えてくれる仕事になるだろうと思います。

医師生命をかけて成就させたいと思います。

今週末の講演会の打ち合わせを終えて、その足で、原宿に急ぎ、夕方、インタビューを受けました。

子供たちの事を真剣に考えている人々でした。SOC(Sense of Coherence:
首尾一貫感覚)についてよくお話ししました。

なんと、ボーネルンドの『遊びの森
に私の話を載せてくれることになりました。

続きを読む "人生を変えた一日"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月18日 (火)

チームバチスタの栄光

チームバチスタの栄光を読み終わりました。

チーム・バチスタの栄光 チーム・バチスタの栄光
海堂 尊

宝島社  2006-01
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
 by G-Tools

医療者側から見てもとても面白いものです。

なんといっても、個人的には、冴えないようで冴えている優しい神経内科医が主人公なのが良かったです。

続きを読む "チームバチスタの栄光"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月17日 (月)

beacon urban chophouse

以前お書きした、様々な本の企画を相談していた、青山病院前Lu-Chanが閉鎖されて寂しい思いをしていました。

その後、ロイヤルホストができて、子供の城の裏という事もあり子供連れのお母さん方でにぎわっていました。

そのロイヤルホストが急に閉鎖され、物々しい工事が始まりました。

Pa0_0119どうやら、
beaconというきれいなお店になるようです。
この前を通って、通勤しているのですが、ものすごい手の込んだ工事をしていました。
床をコンクリで固めて、大理石を貼っています。

続きを読む "beacon urban chophouse"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月16日 (日)

ココログのメリット

ココログの相次ぐクラッシュを、ココ(ログ)クラッシュと命名した訳ですが、ココログの状況がココに来て安定してきたようです。

文字列に特殊なものが含まれていると、書き出しした時に別な日になってしまったり、エラーを起こしてしまうというのはご愛嬌でしょう。

ココログ(有料版)の良い点を挙げてみようと思います。

続きを読む "ココログのメリット"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月15日 (土)

選挙でにぎやか

いつもは静かな駅前がにわかに騒がしくなってきました。

Pa0_0124
首相が新松戸駅前にやってくるという事です。

15時という微妙な時間。

今日は、横浜で内科学会総会とアメリカ内科学会のレセプションなので、いけなくて残念です。

続きを読む "選挙でにぎやか"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

産科医療の既になされた選択

本日のスーパーモーニングという番組で、産科の先生が減って、お産に苦労しているという特集が組まれていました。

神奈川でも、埼玉でもお産をするのが大変になっているというのです。

ある一定の危険を必ずはらむ、お産に携わる現場の医師を逮捕した司法と、建築的な報道をしてこなかったマスコミによる帰結が 予想以上のスピードでお産の医療を崩壊させました。

そして、崩壊したままか、再構築されるかは非常に難しい岐路に立っています。

でも、何かを選択してしまったのです。

続きを読む "産科医療の既になされた選択"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月14日 (金)

喘息誘発しにくいファーストフード

風邪を引いて、喉が痛かった時に、マクドナルドの朝マックを食べたところ、いつまでもイガイガしたものが残ってしまいつらかったです。

それなんで、今日はExcelsior Cafe(アクサンテギュ)のモーニングセット、
チャバタサンドセットを購入しました。

なんと、それが素晴らしい。


出てくるまで、5-8分かかります。そこが難点。
マックは1-2分です。

時間が許せば、こちらにしましょう。
朝マックが380円、チャバタサンドセットは400円です。

わずか、20円の違いで格段に高品質!!

写真撮れなくてもったいなかった。今度 アップします。

何といっても、喉がイガイガしない。


食品添加物が少ないんだろうと思います。
喘息も起きず、呼吸が楽です。
なんと、良く調べると、ファーストフードと喘息の関係は報告されていました!
1.   2.   にBBCとCNNの報道があります。
論文はこちら。

 Allergy. 2005 Dec;60(12):1537-41.
Click here to read
Fast foods - are they a risk factor for asthma?

Wickens K, Barry D, Friezema A, Rhodius R, Bone N, Purdie G, Crane J.

Wellington Asthma Research Group, Wellington School of Medicine and Health Sciences, Wellington, New Zealand.

"Frequent consumption of hamburgers showed a dose-dependent association with asthma symptoms, ...."

このように、昨年末に発表されたこの論文には、上記のように、ファーストフードを食べる頻度と喘息について明記されています。

続きを読む "喘息誘発しにくいファーストフード"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月13日 (木)

大切なシゴト

私の能力を全部かたむるべきオシゴトが舞い込んで来ました。

脳卒中や難病の方々のために。

子供たちが楽しく育っていくために。

無事、形になるといいなと思います。

波や風や地面の香り。
身を任せようと思います。

本当によい形になるとよいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月12日 (水)

頭痛/脳動脈瘤/クモ膜下出血/ストロークユニット

昨日、渋谷区におけるストロークユニットの講演会がありました。

青山病院の近くには、日赤医療センターと都立広尾病院があり、これらの病院ではクモ膜下出血を含む脳卒中の救急診療を行っています。

日赤医療センターの先生からはストロークユニットの発表、都立広尾病院脳外科の先生からは、最新式のデバイスの発表がありました。

風船で支えながら、コイルを動脈瘤に入れていくという『神業』的なことも行われています。

クモ膜下出血はその主症状である『頭痛』が大切ですが、この点については、拙書でも触れています。

頭痛 頭痛
大和田 潔

新水社  2005-10
売り上げランキング :
おすすめ平均 

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

続きを読む "頭痛/脳動脈瘤/クモ膜下出血/ストロークユニット"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

インフルエンザに注意!

インフルエンザのシーズンが終わったと思っていましたが、散発しているようです。

他のクリニックでもB型が発生しているという話でしたが、当院にはA型の方がいらっしゃいました。

シーズンが終わったからと、検出キットを用いなくなるので注意しましょう。

小児では、痙攣や異常行動が見られることがあります。

インフルエンザ脳症は怖い合併症ですが、こちらにどのように対応したら良いかの美しいフローチャートが有ります。

続きを読む "インフルエンザに注意!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

衆院千葉7区補選で新松戸大賑わい

クリニックのある新松戸が大賑わいになっています。

衆院千葉7区補選が行われるからのようです。

自民党公認の斎藤健・前埼玉県副知事と民主党公認の千葉県議の太田和美氏の一騎打ちになっていて、盛り上がっています。

特に、民主党の人事が発表された後ということもあり、なんだか、地元の選挙を超えた戦いになっているようです。

大物の人々が、近所のダイエーの前に集まるというのはびっくりでした。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年4月11日 (火)

急性胃腸炎

昨年末から急性胃腸炎が猛威を振るっています。

先日ジーコ監督が急性胃腸炎で倒れたとの報道がなされました。

その他にも、急性胃腸炎でマグノアウベスが先月、戦列を離れました。

昨日の日刊スポーツにもゼカルロスとピンゴが相次いで戦列を離れたそうです。

サッカー選手だけでもこれだけの猛威を振るっています。

急性胃腸炎の主な原因は何回か触れましたが、ノロウイルスや、ロタウイルスと呼ばれるウイルスによるものです。

急性胃腸炎の患者さんの便中に多量に排泄されたウイルスが、海に流れ、魚貝類に摂取されまた戻るという循環が指摘されています。

続きを読む "急性胃腸炎"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月10日 (月)

日経DIに連載開始

連載を開始した、日経DIが届きました。

血液検査について判りやすくご説明するというコーナーです。

検査値を知る 【新連載!】


メカニズムに着目して検査値への理解を深めよう

として紹介されています。

医療現場では良く採血が行われますが、採血したあと、幾つかの試験管に血液を分けて入れる姿もよく目にするでしょう。

なぜそういった前準備が必要なのか、採血のデータの判り易い考え方などをお話しています。

続きを読む "日経DIに連載開始"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 9日 (日)

しなやかに力強く生きるということ

私は、再来週インタビューを受ける事になりました。

『しなやかに力強く生きるということ』という事についてお話しようと思います。

昨日、『多角的に考える大切さ』について、少しお書きしました。

起きてきた現象にヒステリックに画一的に反応する事は、物事を作り上げる事にはならないし、逆に大切なものを破壊してしまうという事でした。

続きを読む "しなやかに力強く生きるということ"

| | トラックバック (0)

2006年4月 8日 (土)

過度の単純化は破綻を招く

多角的に物を見る視点というのは、ちょっとだけ努力が必要です。

いま、いろいろなことが過度にシンプル化されてしまっていると思います。

外食産業の味付けも、いろいろなことの報道も、音楽も、シンプルに刺激を強烈にして、沢山売れるようにしている。

こういった弊害があちらこちらで、破綻や破壊を招いています。

続きを読む "過度の単純化は破綻を招く"

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年4月 7日 (金)

桜とパスタと夕方と良い仕事

今日は、懇意にさせていただく方のご自宅におじゃましに行く日でした。

Pa0_0116上る坂の途中の教会もきれいです。

春の夕方。陽が長くなりました。


電柱と電線が日本の情緒をあらわしています。

先を急ぎます。

続きを読む "桜とパスタと夕方と良い仕事"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 6日 (木)

ななんと!マッキントッシュでウインドウズ!純正!

なんと,こんな日が来るとは思ってもみませんでした。

アップルのマッキントッシュでウインドウズが動かせるようになるのです。

しかも,そのベースになるアイテムをアップルが純正で提供するというのです。

是非,マッキントッシュを買ってXPーVISTAを購入する必勝パターンでしょう!

Boot camp(ブートキャンプ)と呼ばれるソフトはこちら

続きを読む "ななんと!マッキントッシュでウインドウズ!純正!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

亡きドイツ生花の達人・詩人に捧ぐ

先週、昨年度の、第一回ヨーロッパ俳句会議の果実として生まれた石碑の落成式に行ってきました。

グレー色の雲は今にも泣き出しそうでしたが、久しぶりにお会いしたドイツ詩人の方々はとても気さくで、本当に去年お会いしてからの懐かしさでいっぱいでした。

ところが、大切な方が独り足りません。

生花の達人であり、日独文化交流の要であった方が急逝されたのです。

続きを読む "亡きドイツ生花の達人・詩人に捧ぐ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 5日 (水)

ココログ・クラッシュ!有料版のみ。(ため息)

ココログ・クラッシュ! 発生です。

ところで、ココログ、何とかなんないでしょうか。

『ココクラッシュ
とかいう名前もかわいいかも。

   ☆     ☆     ☆     ☆

またアップロードできません。(4月4日)

障害情報にはアップされていない断続的な数多くの障害が存在します。

何が悲しくてココログにいるんだろう。
皆も同じ気持ちなのだろうか。

あしたの昼間、4月4日の記事を完成させる事にします。

ブログにとって、時間というのはとても大切なものではないでしょうか。

ココログの障害の最大の弱点は落ちるときには全て何もできなくなってしまうというところでしょう。

途中でバックアップもできず、全て消えてしまう。

何とか踏ん張って、文字だけは大丈夫とかにすべきです。

無料版が大丈夫というのは非常に腹立たしいです。
私はバックアップブログを作りましたので、そちらで書いておいて、こちらに投稿という事をしています。

このような工夫を全員に勧めるべきだと思っています。

余りに頻発する
ココログ・クラッシュ!の対処方法をコンピューター素人の私が少しお話ししようと思います。

何とか、突然のココログ・クラッシュの損害を小さくするためです。

続きを読む "ココログ・クラッシュ!有料版のみ。(ため息)"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

Victorinox・メッセンジャー・交換

苦楽をともにした、Victorinox・ビクトリノックスのウエブシリーズ、メッセンジャーが壊れてしまいました。

Pa0_0093楽しみにビクトリノックス青山店に行きました。

沢山の原画やパソコンをこのカバンに詰め込み、沢山のところに出かけて、沢山の人に会って、沢山の思い出ができたカバンです。

Pa0_0099
ウエブシリーズメッセンジャーです。

使い込んで、黒かったマークが銀色になってきています。

取っ手の部分がほころび、金具が磨り減ってしまいました。

夏はリュックタイプは背中に熱を持ちやすいのですが、メッセンジャータイプは涼しくてとてもよいのですが・・・


続きを読む "Victorinox・メッセンジャー・交換"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 4日 (火)

今日の昼下がり・アクィールのカレー

今日は外来の合間に壊れたカバンのバックアップを購入しに出かけました。

お腹がすいていたので、まず腹ごしらえです。

大好きなカレーを食べましょう。
カレーなら毎日でもよいです。
ルーならS&Bがすきなのですが。

頭痛の本の出版社、新水社さんの入っているビル一階の薬膳カレーもおいしかったですが。

偶然入ったところのカレーがおいしかった。

オヴァールビル 地下一階のダイニング・アクィール

Pa0_0105
入り口がどこと無くスペイン風です。
この しっくいとオレンジの瓦の組み合わせの色合いが私はとても好きです。

カレー屋さんだと思ったら、テレビチャンピオンの方がプロデュースした西洋ダイニングのお店でした。

続きを読む "今日の昼下がり・アクィールのカレー"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 3日 (月)

患者さんの気持ち

過労から体調を崩し、救急病院を受診しました。

これが予想外のものでした。

不安な気持ちを抱えていったので、駅前の桜など感じる余裕がありませんでした。

きちんとその救急病院が得意な分野だったという事もあると思うのですが、非常に対応が早かったです。

私が救急外来に伺ったときに、広い救急外来には挿管された患者さんが2人もいました。

それでも、混乱無く物事が進んでいました。

それぞれのベッドの作業が滞りなく並行して進んでいるようです。

比較的元気な私のところにも直ぐ担当の医師がやってきて診察が始まりました。

続きを読む "患者さんの気持ち"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 1日 (土)

女性のアンチエイジング

女性の骨粗しょう症と動脈硬化が関係が有るということが報告されました。

骨粗しょう症が進んでいる人ほど、動脈硬化が進んでいるというのです。

続きを読む "女性のアンチエイジング"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

尊厳死と終末期医療

尊厳死の問題と、終末期医療を混同してはいけません。

また、外科医の先生の、『救命治療』のために呼吸器をつけたのであって、『延命治療』のためにつけたのではないから、(ご家族と相談し)はずした。

という救命治療と延命治療を使い分けられている事に注意してください。

予想外の事態に遭遇し、やむなく救命のために、ご本人の意思に反して呼吸器をつけてしまった例が含まれるのかもしれません。

助かりたい人の『延命治療』のための呼吸器をはずしたわけではないところにポイントがあります。

今回のことと尊厳死が異なること。
救命治療と延命治療が異なる事。
彼はきちんと誠意をもって、自分の考えを持って行動したことが伺えます。

紛らわしい部分をきちんと分けて考えて、混ぜないでよく理解する事が大切です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »