« 緊急報告:インフルエンザA型の流行 | トップページ | 小児科医の苦労と苦悩 »

2006年4月20日 (木)

びっくりの偶然/チームバチスタ/オートプシーイメージングと出版社

チームバチスタの栄光

チーム・バチスタの栄光 チーム・バチスタの栄光
海堂 尊

宝島社  2006-01
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
という本が余りに面白く、Ai(オートプシーイメージング)も勉強したかったので、本を買いました。

なんと、出版社さんが篠原出版新社さんでした。

100万人のオートプシー・イメージング(Ai)入門 100万人のオートプシー・イメージング(Ai)入門
江沢 英史

篠原出版新社  2005-04
売り上げランキング : 823,723

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

篠原出版新社さんは拙書『こどものおいしゃさん』

こどものおいしゃさん こどものおいしゃさん
おおわだ きよし

篠原出版新社  2005-11
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

を出してくださったところでした。

そして、江沢先生があとがきに引用された
ヘルタースケルター という本は祥伝社さんの出版でした。

祥伝社さんは、拙書『副作用』

副作用―その薬が危ない 副作用―その薬が危ない
大和田 潔

祥伝社  2005-06
売り上げランキング : 44,784
おすすめ平均 

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

を出版されたところでした。

何という偶然でしょう。びっくりです。

Aiの大切さはチームバチスタの栄光を読むと分りますが、もっと大切なことも沢山かかれています。

こちらもとても良い本なので、またご紹介したいと思います。

|

« 緊急報告:インフルエンザA型の流行 | トップページ | 小児科医の苦労と苦悩 »

04.栄養運動医療アドバイザー / 医療コラムニスト」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130679/9667927

この記事へのトラックバック一覧です: びっくりの偶然/チームバチスタ/オートプシーイメージングと出版社:

« 緊急報告:インフルエンザA型の流行 | トップページ | 小児科医の苦労と苦悩 »