« アメリカ内科学会の収穫 | トップページ | 脊髄小脳変性症の話しにくさ »

2006年4月24日 (月)

湘南鎌倉ラインと山手線

※高田馬場ー池袋間での線路異常のため、首都圏交通がストップしたことが分りました。新宿駅の事故とは直接関係無かったようです。

通勤は、電車で支えられているので、こういったことがあるととたんにストップしてしまいます。

こちらに、線路の盛り上がりのきれいな写真があります。(追記16:00)

4月16日に横浜で内科学会総会があり、横浜へ行ってきました。

横浜は良いところです。
Pa0_0141このレリーフをみると、横浜という感じがします。

桜木町なので、一駅乗り換えです。

Pa0_0174ランドマークタワーがきれいです。

会場は、国際会議場でした。
アメリカ内科学会専門医(ACP)の会場は少し離れたところです。

Pa0_0173近未来的なアーチがきれいです。

太陽の光を上手く取り入れる構造です。
暖かな温室のようでした。

Pa0_0171美しいカーブを描いています。

床に落ちる平行な影もきれいです。
明るい中、オレンジ色の照明がなんともいえない感じです。

Pa0_0170
海にでて、少し散歩しました。

風が強いものの、良い潮風です。

その帰り、湘南鎌倉ラインで帰ろうと思ったのですが、なんと、途中どまりだったのです。

新宿駅で大規模な工事をしているようです。

今週号の週間文春にその写真が載っていました。大きな工事です。
週刊文春のカラーの写真はいまひとつなのですが、白黒の写真はいつもとても良いです。

今日は、山手線が全面的にストップしてしまっているようです。何か関係が有るのでしょうか。

週刊文春には僕の好きなアリクイも載っていました。
アリクイも市民権を得始めたのかもしれません。

むしまるQの美しくためになる、アリクイの歌を聴く人が増えるといいなあと思いました。


|

« アメリカ内科学会の収穫 | トップページ | 脊髄小脳変性症の話しにくさ »

17.雑言」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130679/9745451

この記事へのトラックバック一覧です: 湘南鎌倉ラインと山手線:

« アメリカ内科学会の収穫 | トップページ | 脊髄小脳変性症の話しにくさ »