« びっくりの偶然/チームバチスタ/オートプシーイメージングと出版社 | トップページ | 選挙でもえる新松戸/衆議院補選/7区 »

2006年4月21日 (金)

小児科医の苦労と苦悩

私の友人の小児科医はとても優しくて信頼できる方です。

でも、とても疲れていて、普通に喫茶店で話している最中にもボーっとしていて、眠り込みそうになってしまっていました。

なんと、40時間連続で働いていたのです。

こちらに、コアラメディカルリサーチ 江原 朗先生の、
これらの問題をきちんとお話されているサイトがあります。

本当に泣けてきます。

今一度、暖かな医療を取り戻したいと願っています。

医師の献身的な命を削る作業の上に立つシステムはいつか崩壊してしまいます。

そして、医療サービスが低下してしまいます。

産科、小児科の先生たちが倒れないようなシステムにして、働く女性も子供を楽に生んで育てられるシステムにして少子化に歯止めをかけなくてはなりません。

男性にも優しい、ゆっくりした社会で良いのです。

|

« びっくりの偶然/チームバチスタ/オートプシーイメージングと出版社 | トップページ | 選挙でもえる新松戸/衆議院補選/7区 »

04.栄養運動医療アドバイザー / 医療コラムニスト」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130679/9671875

この記事へのトラックバック一覧です: 小児科医の苦労と苦悩:

« びっくりの偶然/チームバチスタ/オートプシーイメージングと出版社 | トップページ | 選挙でもえる新松戸/衆議院補選/7区 »