« 真実を語るのは“実は”楽な生き方 | トップページ | EYEMETRICS/アイメトリクスのメガネ »

2006年5月10日 (水)

5月のインフルエンザA/クリニックの経験

選挙でお騒がせした馬橋地区で、春になってもインフルエンザAが流行していてびっくりした事をお書きしました。

なんと、数日前、インフルエンザAの方がまた見えられました。

急な高熱だったそうです。

当院には治りかけでいらっしゃったのですが・・・

その前の日の主婦の方の高熱は陰性でした。

春になって、初夏になってもインフルエンザを忘れてはいけないというのは、クリニックの経験が無ければ出会えなかった事だと思います。

大きな病院の検査室では大抵、検査室のインフルエンザ検査ができる期間が限定されてしまっているからです。

感染症というのは奥が深いものです。

|

« 真実を語るのは“実は”楽な生き方 | トップページ | EYEMETRICS/アイメトリクスのメガネ »

04.栄養運動医療アドバイザー / 医療コラムニスト」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130679/9847324

この記事へのトラックバック一覧です: 5月のインフルエンザA/クリニックの経験:

« 真実を語るのは“実は”楽な生き方 | トップページ | EYEMETRICS/アイメトリクスのメガネ »