« beacon urban chophouse/寺田倉庫 | トップページ | さんまのからくりテレビ/子供の時にすべき事 »

2006年5月 6日 (土)

ボシュロム/レニューの角膜炎

ソフトコンタクトレンズ用液で角膜炎おこす可能性があると報道されました。

最初は、液による接触性の炎症かと思ったのですが、真菌性の角膜炎という事で、少し驚きました。

FDAからの報告はこちらにあります。

この形の角膜炎はまだ日本では報告が無いようなので、大丈夫だと思います。

ただ、炎症の原因になっている真菌(カビ)はいたるところに存在しているので、コンタクトレンズを取り扱うときにはできるだけ清潔操作を心がける事が大切です。

日本ボシュロムからのお知らせはこちらにあり、FDAの勧告書をきちんと翻訳して要約した上で、対応の仕方を説明していて、誠意が感じられます。

要点がきちんとまとめられています。

今後使用されている方は時々チェックしていく必要があるでしょう。

|

« beacon urban chophouse/寺田倉庫 | トップページ | さんまのからくりテレビ/子供の時にすべき事 »

04.栄養運動医療アドバイザー / 医療コラムニスト」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130679/9895549

この記事へのトラックバック一覧です: ボシュロム/レニューの角膜炎:

« beacon urban chophouse/寺田倉庫 | トップページ | さんまのからくりテレビ/子供の時にすべき事 »