« 『医療崩壊』/小松秀樹 虎ノ門部長の御本 | トップページ | Jade & Steve I. / I Wish One Time »

2006年5月17日 (水)

冬眠

冬眠に必要なホルモンを見つけたという報道がなされました。

 Nippon Yakurigaku Zasshi. 2006 Feb;127(2):97-102  s
Click here to read
The hibernation control system: a new biomedical field developed by hibernation research.

Kondo N.
冬眠に必要なタンパク質が発見されたという事だそうです。

長期の宇宙の旅をするときになど使われるようになるのでしょうか。

冬眠をするリスはしないリスよりはるかに長寿だというのです。

意味の無い会議や移動の間などに小刻みに冬眠を繰り返して長生きする日が来るのでしょうか。

冬眠 というと、クマとかヤマネとかカエルとか、『冬になると寝る動物がいるんだなあ』位の認識でしたが、どうやらとても奥が深いもののようです。

今回の記事では、冬眠が寿命に関連が深く、少ない血流量でも体が大丈夫になり、冬眠中は免疫力も高まると記されています。

これは医学的に応用できると本当に素晴らしいと思います。

重症の脳梗塞などを発症した際、すぐに冬眠してもらい、治療を開始し組織の修復が終わったら目を覚ましてもらうという治療に応用できるかもしれません。

科学の進歩というのは“面白さ発見”の面があって刺激的です。

眠る という生理現象は本当に不思議なものです。

わたくしは、夢の内容が少しモディファイされた形の現実に翌日であったりすると、ほんとに『人間の脳って不思議だなあ』と思います。

また、研修医の頃、疲れているのにじっとり汗をかいて朝目が覚めてしまうときには病院にとても早く出かけていったことが時々ありました。

そういったときには予想もしない患者さんが急変する確率が高かった気もします。

杞憂の事もありましたが。

偶然の重なりなのでしょうけれども・・・

|

« 『医療崩壊』/小松秀樹 虎ノ門部長の御本 | トップページ | Jade & Steve I. / I Wish One Time »

04.栄養運動医療アドバイザー / 医療コラムニスト」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130679/9518139

この記事へのトラックバック一覧です: 冬眠:

« 『医療崩壊』/小松秀樹 虎ノ門部長の御本 | トップページ | Jade & Steve I. / I Wish One Time »