« ココログクラッシュ・過去の日付で書いてみよう!! | トップページ | ココログクラッシュ・未来の日付で今日書こう!! »

2006年6月 8日 (木)

野の花クリニック/その2

静けさが 白く 夏花に 解けていく (大和田優仁)

Photo_13野の花クリニックの中庭に揺れていた白い花です。

患者さんやご家族の奏でるアリアに静かに揺れていました。

この草花が死や生を語っているように思いました。

その様子を詠んだのが上記の句です。

徳永進先生は死と言うものを語ってきた先生です。

死ぬのは、こわい?
死ぬのは、こわい? 徳永 進


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

死は自然なもので、汚らわしいものでも、逆に持ち上げるべき特殊なものでもありません。

良質な死生観を私たちはそれぞれ手に入れ、共有していく必要があります。

医療崩壊について書こうとしていたところに、良いクサビが打ち込まれた気持ちです。

徳永先生は『パッツォ』と呼んでいました。

より良い『パッツォ』が私の心に宿るように、祈るような気持ちで句を詠みました。

白く という言葉が夏花(げげ)にも解けていくにもかかるようにしました。

とけるも、『溶ける』でなく、『解ける』にしました。

生きているときに、こんがらがってしまった沢山のものが、死に行くとき解けて(ほどけて)『とけていく』事をこめて、そして、何らかの解(答え)に近づくことをこめて詠みました。

古文風な語尾にしてもよかったのですが、あえて口語体にして、ぶった切って余韻を残す感じにしました。

全ての人が去っても、この白い花は初夏の風を受けて中庭で揺れ続けるでしょう。

かつて、御地蔵さんに『暑かろうと』水をかけてくれた人々が去っても。

かつて、イタリアのアリアを優しく歌った人々が去っても。

崩壊しつつある医療システムの鎮魂歌かもしれません。

|

« ココログクラッシュ・過去の日付で書いてみよう!! | トップページ | ココログクラッシュ・未来の日付で今日書こう!! »

04.栄養運動医療アドバイザー / 医療コラムニスト」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130679/10401694

この記事へのトラックバック一覧です: 野の花クリニック/その2:

« ココログクラッシュ・過去の日付で書いてみよう!! | トップページ | ココログクラッシュ・未来の日付で今日書こう!! »