« 俳句の添削 | トップページ | 『医療崩壊』から・4 »

2006年6月19日 (月)

金属が降る夢

先日、黒い大きなものが飛んできて、それが落ちてきて、銀色の金属がものすごい勢いで飛んでくるという夢を繰り返し見ていたので、それをお書きしました。

今日、ミサイルのとても不気味な報道がなされていました。

これまでも、繰り返し見る夢が出現する時には何か意味が無いことも無いなあ という感じでしたが、今回は少し不安です。

私の夢は、報道のような黒い棒状のミサイルではなく、何か翼が付いたもので、逆光で黒っぽく見えるものの、そのものも、破片も銀光りしていました。

しかも、最終的に落ちてくるものは、テレビで見るみたいに細長くなくて、ずんぐりむっくりの径が大きい砲弾のようなものでした。

まず、コンクリートの薄い黄土色の学校のようなビルの鉄の手すりの屋上見たいな所に落ちて、破片が水平に飛んでくる夢でした。

天気はとても強い日差しの日でした。

夢は夢で意味無いですから、杞憂に終わる事を祈ります。

|

« 俳句の添削 | トップページ | 『医療崩壊』から・4 »

17.雑言」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130679/10591145

この記事へのトラックバック一覧です: 金属が降る夢:

« 俳句の添削 | トップページ | 『医療崩壊』から・4 »