« ニワトリが先か、タマゴが先か | トップページ | 徳永進先生/晴れた日の午後に 鳥取 »

2006年6月 3日 (土)

京都長岡京市/医療システムの研究で出張

京都長岡京市に医療システムの見学に来ています。

島崎先生と一緒です。

長岡京市病院、千春会病院さんを見学しました。

長岡京病院では水黒院長先生千春会病院さんでは菊池院長先生にお会いしました。

御二方ともとても素晴らしい先生方でした。

明日は鳥取に飛ぶ予定です。

長岡京市では幾つもの成果がありました。

未来の医療システムに向けて、様々な取り組みがなされています。

昨年度、諏訪中央病院に鎌田實先生のところに御邪魔し、そのご、あおぞら診療所にも伺い、私の脳みそには様々な地方の様々な医療システムの経験が蓄積されてきています。

正解は難しいのですが、何か答えに対する手ごたえを感じてきています。

ターミナルケアに対する姿勢。

様々な試みや日本のインフラを俯瞰した論文を書き上げられればと願っています。

厚生労働省のスタンス、日本の医療インフラを進める民間の方々、地方自治体の人々。

患者さんへの良いサービスはどこかに存在するはずです。

明日の鳥取も成功すれば良いなと思っています。

|

« ニワトリが先か、タマゴが先か | トップページ | 徳永進先生/晴れた日の午後に 鳥取 »

04.栄養運動医療アドバイザー / 医療コラムニスト」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130679/10366693

この記事へのトラックバック一覧です: 京都長岡京市/医療システムの研究で出張:

« ニワトリが先か、タマゴが先か | トップページ | 徳永進先生/晴れた日の午後に 鳥取 »