« 生命保険の谷川俊太郎さんの詩/人の哀しさ | トップページ | 沢山の出会いと偶然 »

2006年7月 2日 (日)

滑舌の悪さ

先日のラジオ番組の録音テープを頂戴したので、今日聞いてみました。

「うーん、厳しいなあ。」それが感想でした。

一つは、話題を満載にしすぎて、早口な点。

「いつもこんな風にしゃべっているのか・・・」とちょっと悲しくなりました。

音で聞く自分の声は自分でいつも聞いている声と違います。

なんといっても滑舌が悪い。

ラジオ番組というのは、口が見えません。

テロップもありません。

音で理解していただくというのは工夫が必要です。

そんな簡単な事を十分理解していませんでした。

それでも工夫して、話題を4つに分けて、一つずつ説明していったのですが、最後のまとめのアナウンサーの方の話のなんと分りやすい事か。

もっとゆっくり、易しい言葉で、話題を確認しながら話す必要がありました。

医学用語は眼で見るのと聞くのとは大違いなのも良く分りました。

日々勉強です。

今週は大勢の前でお話しする機会が巡ってきます。

滑舌良く、面白くやっていく事にしましょう。

今度、ラジオ放送のチャンスが来たときには、絶対に皆を「わらかして」楽しめる番組にしてやるぞ! と思いました。

|

« 生命保険の谷川俊太郎さんの詩/人の哀しさ | トップページ | 沢山の出会いと偶然 »

17.雑言」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130679/10757796

この記事へのトラックバック一覧です: 滑舌の悪さ:

« 生命保険の谷川俊太郎さんの詩/人の哀しさ | トップページ | 沢山の出会いと偶然 »