« 継続リハビリテーション打ち切りに対する反応 | トップページ | フェンネル(茴香 ういきょう)/カレーの素晴らしさ »

2006年8月18日 (金)

旭山動物園のよさ/あさひやまどうぶつえん

旭川にある、旭山(あさひやま)動物園に来ています。

あさひやま動物園の素晴らしさは、さまざまな素晴らしい展示方法など、報道がなされている通りで満足しています。

でも、最も大切な事は、動物園が手作りで、職員さんの努力もいろいろ伝わってくる、『温もり』を感じられる動物園であるという事だと思いました。
Penguinhekiga
この壁画を見てみてください。

このように様々な壁画も展示物もほとんど全て手描きなのです!!

Tenijihyoujiこのように、展示案内も発泡スチロールをくりぬいた、『学芸会』風のかんじです。

東京の動物園では、業者に頼んで活字の立派なものを作るところでしょう。

Penguinletter ペンギンの説明ですら、黒板にチョークで書かれたような雰囲気をかもしだしています。

幾つ物このようなものがありますが、よく見ると、きちんと印刷されているものもあり、計画し、徹底してPenguinsetumei 手描き風で統一されている事がわかります。

生活史はこんな感じです。

硝子の壁に貼り付けられています。

こういった、人が人に直に伝えようとする文字からは活字とは異なる熱意が感じられます。

また、一番原始的でありながら、無味乾燥な活字による説明に慣れてしまった私達には、『もっとも新しく』感じます。

イタリアンレストランなどでも黒板にメニューが書かれたものも良く目にします。

そんな感じがします。

あさひやま動物園の素晴らしさ。

それは、手作りの温もりに支えられた、斬新かつ最先端の動物展示方法だったのです。

良い経験になりました。

|

« 継続リハビリテーション打ち切りに対する反応 | トップページ | フェンネル(茴香 ういきょう)/カレーの素晴らしさ »

11.お役立ちの話題」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130679/11473777

この記事へのトラックバック一覧です: 旭山動物園のよさ/あさひやまどうぶつえん:

« 継続リハビリテーション打ち切りに対する反応 | トップページ | フェンネル(茴香 ういきょう)/カレーの素晴らしさ »