« clie(クリエ)で動画/最新動画をyoutubeから/ものすごく役立つ話題 | トップページ | 八月の俳句 »

2006年9月12日 (火)

慟哭は詩に誌しかできない/9・11テロの詩

9・11で息子さんをなくしたお父様の誌がテレビに流れました。

私はお前の姿をプリントする・・・

で始まる詩を聞きながら、不覚にもこみ上げるものがありました。

安住アナウンサーの朗読でなければ、もっと動揺していたでしょう。

少し救われました。

詩としてとても美しい調べでもありました。

静かに、父として愛情溢れる言葉で、しかし、甘えず凛とした詩でした。

悲しいとき、大声で泣き叫ぶ事も必要でしょう。

しかし、心から発信される、矛に収めた鋭い刀のような言葉からなる言葉は、その刀を抜かずとも人の心に、涙の血を流させます。

お父さんは一度も悲しいと言わなかった。

ただ、息子のいない虚無感、悲しみ、怒りの中で、『データをプリントする』のです。

皆にテロの無意味さ、悲しみを伝えるために 黙々とプリントする。

この詩は万言に値する。

慟哭は静かな詩でしか表現できない。

静かに、お父さんの詩の言葉が、重たいかけらとして私の心に沈んでいきました。

紙のように舞った重たい鉄くずのように、心の中に重たいかけらとして沈んでいきました。

|

« clie(クリエ)で動画/最新動画をyoutubeから/ものすごく役立つ話題 | トップページ | 八月の俳句 »

03.絵/詩/俳句/芸術」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130679/11860160

この記事へのトラックバック一覧です: 慟哭は詩に誌しかできない/9・11テロの詩:

« clie(クリエ)で動画/最新動画をyoutubeから/ものすごく役立つ話題 | トップページ | 八月の俳句 »