« 電力は公的インフラではない | トップページ | 私的企業の仕事が公的インフラ化する難しさ/企業の理念が大切 »

2006年9月18日 (月)

交通事故の罪は軽い

井上薫元裁判官さんにお聞きした事ですが、量刑、というのは軽くなりがちです。

一つは、ヒューマニズムに基づくもの、もう一つは、裁判を早めに終わらすための効率化をめざしてということです。

私達は、裁判、というと、真実が明らかにされ、それにしたがって万人が納得する形で、非常に高い能力を有する裁判官の御裁きで決着するという印象を持っています。

ところが現場は大きく違うようです。

もめて、控訴などが起きて、裁判の数が増えるのを抑えようとする力学が働く。

そして、車の会社が大変に大きな力を持っている日本ではまた別な力学が働いているのではないか、と思っています。

一つの考えをお聞きした事があります。

もし、交通事故を起こして、ドライバーに過失が大きいと言う事であったとき、『殺人罪と同じ罪で裁いた方が良いんじゃないの?』と聞いた時、法律に詳しい友人はこう答えました。

 

『だって、そんなことしたら、まず主婦がおっかなくなって、車に乗らなくなるじゃない。

公共機関に戻る人もいっぱいでる。

車はいつでも運転するのが楽しくて、ゴージャスで、ファミリーにハッピーをもたらす
というイメージを常にコマーシャルで流す必要があるんだ。

そして、万が一事故を起こしても、牢屋に入るのは控えなくてはいけない。』
と。

なるほどと思いましたが、同時に悲しくなりました。

車を大量生産し、流通量を増やすためにはある程度の人命の軽視はいたし方が無いという法律や経済学的意見は客観論として存在する事は仕方ありません。

でも、私は個人的に絶対に許せない。

殺人だからです。

数十メートル人を跳ね飛ばした飲酒運転のドライバーを危険運転致死傷罪で立件するのを止めたという報道がなされました。

被害者のご家族の方々は泣いていました。


予見する人なんていなくても、人を数十メートル跳ね飛ばしていたら、その事実だけで異常と考えて良いのでは無いでしょうか。

どこかの裁判官が、独自の判断をすれば良いが、それはありえない。

判例主義だからです。

一つ一つ丁寧に見るという判断がかけているように感じます。

車が売れなくたって良いでしょう。

エコロジカルにはそのほうが良いかもしれない。

 

別な産業が生まれれば良いし、このまま、沢山の人々が死んでいくのはあまりにもおかしい。

今、ターニングポイントにいるのではないかと思っています。

これから行われていくだろう、交通事故の裁判で、きちんとした判断を自分で考えて、裁判官が行う事を願っています。

|

« 電力は公的インフラではない | トップページ | 私的企業の仕事が公的インフラ化する難しさ/企業の理念が大切 »

11.お役立ちの話題」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130679/11926581

この記事へのトラックバック一覧です: 交通事故の罪は軽い:

« 電力は公的インフラではない | トップページ | 私的企業の仕事が公的インフラ化する難しさ/企業の理念が大切 »