« ハイウエイラジオの無力さ/形骸化した無意味な放送/存在する意味なし | トップページ | 奇跡の出会いとタイミング2 »

2006年10月16日 (月)

奇跡の出会いとタイミング1

良いものが始動するときには、何か海流のようなものに流されている感覚になります。

今日は、午前中の診療を終え、まず、衆議院会館へ向かいました。

医療のシンクタンクへ出席するためです。

今日はあまりにも約束がタイトなため、時間の関係上、車で行かなくては行けなくて、駐車場を探しました。

タクシーでも良いと思ったのですが、自分で運転した方が良い気がしたのです。

20061014_3 国会議事堂の周りの駐車場なんてあるのかしら?と思ってい、首相官邸の前を通り過ぎます。

今日の首相官邸は時間のころあいもあり、静かにたたずむという感じで趣深かったです。

心持か、一時よりしっとりしている気がします。

和風でありながら、スクエアな透明でカチッとした建物で、結構好きな建築です。

20061014_4 案内されたのは、少し先にある、角の土地でした。

結構広い駐車場でした。

工事現場の一部を使っているようです。
車種とナンバーが既に連絡されていて、警備の人が手を振って呼んでいたので、スムーズに入れました。

20061014_2議事堂を駐車場出口から眺めます。

このアングルからの姿も良い形です。
木のモコモコした円錐の感じがかわいくて御菓子のようです。

20061014_5
いつもこの入り口を通るときには少し緊張します。

各地から素晴らしい先生が集まっているので、良いお話を短時間にまとめてしなくてはなりません。

このような中心部でも今、東京では建築が相次いでいます。終わりが無い。

無事、会議が終了し、新橋に電子カルテのシステムのお話を伺いに行きます。

霞ヶ関から移動するのに、15分しかなくて大慌てです。

先方に10分遅れるという連絡を入れます。



到着したのですがが、ビルが分らない。

仕方なしにパーキングエリアに入れて、300円投入です。

走って探す作戦に出ました。

やっと到着し、いろいろ説明を聞きました。

ためになりました。

ホッとするのも束の間、時間を見ると、1時間丁度たっています。

小走りで車に向かうと、なんと、駐車違反取締官が立ってシールをはがしています。

パーキングメータも点滅している。数分遅れてしまったようです。

ガーン。


ところが、シールを貼っていたのは、後ろの車でした。

後ろの車の違反時間は6分、私は2分でした。

もし、後ろの車が居なかったら、一発アウトだったでしょう。

また、会社の人に話しかけられて居たのを、『パーキングなので』といって、帰らなかったら会おうとでしょう。

奇跡的にセーフでした。

なんと、次の約束は、また新橋の東京第一ホテルでお祝いの会でした。

新橋続きで、こんな事もあるんだなぁと思いました。

すごい偶然です。

少し時間があったので、クエストの滝田さんと御茶をしました。

20061014_7 ふと見ると、テーブルに不思議な模様がありました。

何だろうと思うと化石です!

私の大好きなアンモナイトの化石でした。

アンモナイトは『ヤギの角に似た形の石』というところからつけられた化石です。

この形といい、中隔の配置といい、とても好きな形です。

フラクタル図形にも良く使われます。

20061014_6 これだけでも、とても得した気がします。

アンモナイトはこの化石から分るように、中隔が完全に閉じていて隔壁になっています。

ですから、サザエのように〝キモ〟が奥まで入っているのではなく、一番手前の部屋に体全体が収まっていて、奥の部屋は浮力になっていたと考えられています。
今、海に居る巻貝とは全く異なる構造なのです。

アイスコーヒーを飲みながら、大昔の生き物のかけらに触れられるなんて、とても豊かなことです。

今は無い構造の生き物のカケラ。

今日はついています。


黒岩祐治さんや、宮下元編集長さん方にお会いし、楽しいひと時を過ごしました。

尊敬する大先輩の先生とすごくそっくりの方が居て、びっくりしました。

お話をお聞きすると、ギリーと言う会社の渡辺社長さんでした。

ヘアラルト阪神理容美容学校理事長、半田まゆみさんにもお会いしました。

お話はとても面白かった。

全く別な世界のお話でした。

日経BP編集長さんに、今後の事も含めご挨拶できたのはとても良かった。


そこで、私は、とても素晴らしい先生にお会いしました。

〝人が自然から遊離したために起きる不幸を、文明的に解決していきたい〟という志で、NPO PLANET A TREE PLANT LOVEの理事さん、朝倉勇さんです。

お話をしていて、自然と静かに共生して健やかな心で暮らすという趣旨にとても共鳴するものがありました。

お話では、広告業界に長くいらっしゃったのですが、そこでの限界や、様々なものを作る、人々のウエルフェア(國本桂史先生も同じ言葉をつかわれていました)になるものは何だろうと考えるようになったそうです。

かわいい絵本もだされていて、その辺もいい感じです。

今日は車なので、お酒飲めないので、帰ることにしました。

すると、朝倉さんも帰るところだったので、お送りすることにしました。

すると、黒岩さんも出てきて、『次の会議に行かなくっちゃ行けないんだよね』とおっしゃいます。

ものすごく忙しい方です。

山岸さんもそうですが、活躍されている人は働き者です。

いつもよりとても慎重に運転する車の中で、朝倉さんといろいろなお話をしました。

ともにいきる・・・ともいき という概念も教わりました。

富士山のライブカメラのお話など、とても有用で、心温まる濃厚なお話を御伺いし無事お送りしました。

Fujisan20061015 カメラを自分で移動して、富士山が観察できます。

これが今日の富士山。写真も撮れます。

自然を観察し、感じるというすごいシステムです。

自宅に帰り、ご案内いただいたウエブを見てびっくり。

とっても美しいです。

朝倉さんも有名なコピーライターさんでした。二度びっくり。

いまさらながら、緊張しました。


今日は、車で出かける事にして、駐車違反も大丈夫で、新橋で偶然二つも会議があって、アンモナイトを見て、とても素晴らしい方々にお会いして、本当に奇跡的な一日でした。

(10月11日 テトリスノカケラ)

|

« ハイウエイラジオの無力さ/形骸化した無意味な放送/存在する意味なし | トップページ | 奇跡の出会いとタイミング2 »

08.新クリニック/未来の医療をめざして」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130679/12291403

この記事へのトラックバック一覧です: 奇跡の出会いとタイミング1:

« ハイウエイラジオの無力さ/形骸化した無意味な放送/存在する意味なし | トップページ | 奇跡の出会いとタイミング2 »