« SNS脱会/さようならmixi | トップページ | まずはサイズ測りから »

2006年10月 4日 (水)

それでも美しいHPのコンピュータ/なんと本社はパビリオンカフェを知らず/大企業の悲しさ/野を超え山を越え

新クリニックに必要なコンピュータを見に、HP(ヒューレットパッカード社)のリアルサイトへ行きました。

ホームページ上では新宿西口となっていたので、地図をよく見ずにビックカメラの中かと思い行った所、『当店にはありません』と言われてしまいました。

HPの連絡先もわからないということでしたので、104で大代表の03-5463-6600を伺い、電話をかけました。(10月3日16時半)

『御社のリアルサイトが新宿西口にオープンされていると思うのですが、場所はどこですか?』

『え?リアルサイトですか?コンピューターの相談ですか?』

『いや、ですから、場所をお聞きしたいのですが。』

『HPにリアルサイトはありません』(断言)

『えっ?昨日御社のホームページで見たのですが、本日撤収されたのですか?』

『え?本当ですか?少々お待ちください。』

その後、延々5分ぐらい携帯を握ったまま待ちました。

『やはり、リアルサイトは無いようです。』

『じゃ、イベント終わっちゃったのかな?確認してもらえますか?そちらに、御社のホームページを見れる環境はありますか?』

『はい、今開いています。』

ここから、なんと大企業にその会社のホームページを教えると言う逆転現象を体験する事になったのでした。

『たしか、トップページから、ノートのページを開いて、パーソナルの方を選んだと思うのですが・・・

ノート型のトップページに新発売になったコンピュータのタグがありますよね。その近くにそのコンピュータがみれるリアルサイトの案内があると思うのですが。』 

新宿西口の夕焼けを見ながら、記憶をたどりながら話しをしました。

『あ、ありました、ありました。』

『その場所が知りたいのです。クリックしてもらえませんか?』

『あ、はい。』

『下のほうに地図があるでしょ。どこですかそこは。』

『えーっと。新宿西口ですね。』

『ですから、既に西口にいるので、西口のどの変化教えてくれませんか?西口っていわれても広いでしょ。』

『はあ。小田急百貨店の中で京王デパートのほうですね。』

『小田急の中ですか。それで何階ですか?』

『わかりません。』

『え?分らないんですか?』

『少々お待ちください。』

また5分。

『えーっと。お聞きしたのですがやはり分らないそうです。』

『御社で行っている事なのに、場所が分らないんですか?その場所の電話、ありませんか?自分で聞きます。』

『こちらは本社ですので、場所の確認まではしてないんです。電話もありませんし、情報も全く有りません。』

『えー?なにも分らないの?』

『小田急百貨店さんに聞いてみていただけますでしょうか?』

『HPの事を小田急さんに聞くんですか?何か変じゃないですか?HPさんはホームページで公開しているプロジェクトの場所を把握していないということですよね。』

『そうなのです。すみません。』

『・・・なんだかなぁ』(携帯代や104代が無意味・・・)
これ以上の情報は得られそうに無いので、仕方なしに小田急のインフォメーションを探して聞きました。

その後大切な待ち合わせがあるので、余裕持って来ましたが、時間がなくなってきました。

『それならば、中二階にありまして、突き当りのエレベータを回り込む形で少し階段を下りていただければ、Qsカフェと言うところにあります。』

なんと、一発回答。

HPのリアルサイトは小田急主催なのか?

061003_16340001 指示通りに曲がります。

うーんどこだろう。


見覚えのあるオレンジ色がチラッと見えました。

061003_16350001 ここです。

どうやらこうやら、着きました。

アイスコーヒーを注文し、『ここはもともとHPのカフェなのですか?』

『しりません。』にこやかにコーヒーを注ぐお姉さんが答えます。

またです。皆、何も知らないでやってんだなぁ。

なんだかなぁ。(再)

仕方なしにコーヒーを持って、HPのシャツを着たお姉さんに尋ねます。

『ちょっとお聞きしたい事があるので、HPの人いますか?』

『えーっと、今昼食でいません。』

『だって、16時ですよ。交代でどなたかいらっしゃ無ければ、コンピュータの事聞けないじゃないですか。』

『出張でいらしている方一名なのです。』

なんじゃそりゃ。

このやり取りを聞いていた、女性と戯れていた男性がこちらにいらっしゃいました。

『ここのイベンターのものですが。』

『ここの場所、HPの本社知りませんでしたよ。ここって、小田急の主催のものなんですか?』

『いいえ、HPさんがやられているイベントです。』

『コンピュータについてお聞きしたいのですが、HPの人がいなくて、バイトの方ばかり見たいですが。商談の方とかいらっしゃらないのですか?』

『HPを楽しんでもらうのが趣旨ですので・・・』

『本社も場所分らないし、HPの人もいないし、あまりやる気ないんですね。』

『私はイベントを計画するだけのものなので・・・』

『ここから、本社に場所聞いてみると良いですよ。』とお話しすると、また女性と戯れにいかれました。

なんだかなぁ。(再々)

ドヨーンとした気持ちになった時に細めの男性がいらっしゃいました。

『私でよければご説明しますので、奥へどうぞ。』

これが大ヒットでした。

彼はとてもコンピュータに詳しく、デルとHPの違いや、無線LANの組み方などを教えてくれました。

新しく出た、パビリオンPavilion dv6100についても、バッテリーの持ち時間を含め、詳しく教えてくれました。

『なんで、日本のメーカーのノートって、地デジがついちゃうんでしょう?』

『日本のユーザーはそういった付加価値がないと、コンピュータ買わないんですよ。テレビ好きなんですきっと。』

なんと、このリアルサイトを支えていたのは、HPの社員さんでは無く、イベントを仕切る方でもなく、そこに働いているオレンジ色のHPのシャツを着たスタッフでも無く、コンピュータに詳しい青年だったのです!

ありがとう!

『ご連絡先を御伺いできれば、後ほど商談対応の方にご連絡いたします。』

『そう来なくっちゃ。』

本社の電話のお姉さんも、コーヒーを売っているお姉さんも、案内してくれたお姉さんも、イベンターの方も全くやる気が無いところでズブズブおぼれそうになっていたところに、浮き輪が投げ込まれて助かった気持ちです。

でも、なんだかなぁ。(再再再)

まあ、でも、本物に触れられて良かったです。
HPは通販なので、本物が見れただけありがたい。

表面の波模様も美しかった。

061004_07020001 最後に、コースターとカップを頂いてきました。

きっと、HPはこういった山を乗り越えてくるコアなユーザーだけを獲得したいのでしょう。

本社に『え?そんなのあるんですか?』から始まり、『場所わかりません。』と突き放されてもたどり着いた僕は合格かな。

これからいらっしゃる方のために少しご案内します。

もうおしまいみたいですが。

061003_17100001 新宿西口の大きな改札を出ます。

そして、そのまま目線を上に上げればそこには・・・

061003_17100002 すでにカフェが見えていたのです。

ビックカメラに行ってしまって、そこから引き返したので、複雑だっただけでした。

本社のお姉さんが言った、『新宿西口にあるんですが・・・』というのは、これを知っていれば正解だったのです。

でも、西口といわれても、とても広い範囲だよな・・・
電話で尋ねても、いまでも『新宿西口だけれども詳しい場所は分りません』って言うんだろうか。

『小田急百貨店の中二階にあるQsカフェをお借りしていて、(中央西口ではなく)新宿西口を出て正面からみえます。』と言えば正解でした。

地図結構詳しく書かれていました。

本社の方はどうして教えてくれなかったのか疑問です。

アンサーシート作らないのかなぁ。

(テトリスノカケラ)

|

« SNS脱会/さようならmixi | トップページ | まずはサイズ測りから »

08.新クリニック/未来の医療をめざして」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130679/12143771

この記事へのトラックバック一覧です: それでも美しいHPのコンピュータ/なんと本社はパビリオンカフェを知らず/大企業の悲しさ/野を超え山を越え:

« SNS脱会/さようならmixi | トップページ | まずはサイズ測りから »