« ノロウイルス/きく8号 | トップページ | チタンの前進/静かに評価を受けながら »

2006年12月18日 (月)

きく8号ストーリーミングのすごさ!

きく8号のライブがストリーミングされています。

患者さんが一段落したので、見てみましたが、すごいです。
宇宙に飛び出していくところが生でみれます。

すごい世の中になりました。

コンタクト 特別版
コンタクト 特別版 ジョディ・フォスター


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

画面の揺れ具合がコンタクトを彷彿とさせます。リアルな画像です。

神武さんと岩本さんのなんともいえない技術者の静かなお話が、みのもんたさんと違って臨場感を盛り上げています。

JAXAの皆さん、とりあえずの成功おめでとうございます。

日本の大型ロケットが打ちあがるって行くというのは嬉しいものです。
オレンジと白のHロケットが宇宙を飛んでいるのです。

何回見ても美しい打ち上げ画像です。はやぶさの時もそうでしたが、彼らは人の手を離れ、自分でがんばっていかなくてはなりません。衛生が無事起動する事を祈ります。

もし、きく8号が無事起動したら、私達は山奥でも大海原にいても、様々な情報をやり取りできるようになります。

しかもその携帯端末は小さい。今、ロケットの燃焼を止めて超高速で滑空しているそうです。がんばって欲しいものです。

漆黒の宇宙にきく8号が切り離されました!
地上ではノロウイルスの患者さんのストリーム、ネットでは宇宙からの映像のストリームです。
患者さんの合間合間に見れるのが良いところです。
真四角のきく8号、きれいです。なんとその重さ5.8トン。

今日のストーリミングは終了のようです。

御疲れ様です。JAXAの皆さん。これからが正念場かもしれません。がんばってください。
ALOS(だいち)も、きく8号も稼動すれば、視覚、聴覚の両者がそろうようなものです。
素晴らしい。

|

« ノロウイルス/きく8号 | トップページ | チタンの前進/静かに評価を受けながら »

14.星空/ロケット/宇宙/ハヤブサ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130679/13112439

この記事へのトラックバック一覧です: きく8号ストーリーミングのすごさ!:

« ノロウイルス/きく8号 | トップページ | チタンの前進/静かに評価を受けながら »