« きく8号 | トップページ | あるある大辞典の功罪 »

2007年1月31日 (水)

田中博教授にお会いしました

070130_08540001 クリニックが始まる前の早朝、東京医科歯科大学の田中博教授の御部屋に御邪魔してきました。
研究棟2号館の入り口です。新しいビルが建ったら移動する部分かもしれません。

朝日と言うのはすがすがしいですが、初めてお会いするので、ちょっと緊張です。
昨晩は2時過ぎまで15分間でプレゼンできるように資料を整えました。

沢山の準備と少しの時間のプレゼン。
そのわずかな時間にどれだけ必要な事を虚偽なく伝えられるか。それがとても大切です。

未来の医療情報の有り方。

070130_09280001電子カルテの進む道などについて、とても楽しいお話を伺いました。

御茶ノ水から秋葉原へ向かう時、朝日がさらに昇ってきて暖かくなってきました。

医療の未来形はまさに今働いている医療者が作っていくものです。
人任せではなく、コストのかからない効率良いものを作っていく必要があります。

ロケットを打ち上げられる国なのですから、インフラの疎通性を改善刷ればよいだけだと思っています。

シンクタンクでその会議が始まろうとしています。
能力が無いと嘆く私に、『3倍働けば半人前ぐらいにはなるだろう。3倍働いてからもう一度嘆け。』と励ましてくれた先輩のためにもがんばろうと思います。

その言葉が無ければ、努力を怠っていたかもしれません。
ありがとうございます。

|

« きく8号 | トップページ | あるある大辞典の功罪 »

08.新クリニック/未来の医療をめざして」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130679/13715083

この記事へのトラックバック一覧です: 田中博教授にお会いしました:

« きく8号 | トップページ | あるある大辞典の功罪 »