« 女性セブンさんが取材に見えられました | トップページ | クリニック初日です/いらしてくださった方々、ありがとうございます »

2007年1月14日 (日)

前日の思い出/今はすぐに過去となる

私は、1年後どんな気持ちでいるか、想像してみました。
明日は開院初日ですが、無事に静かに始まればそれで良いと思っています。
継続こそが大切だからです。
070114_11560001_1 開院前日、チタンの堀江社長さんとチタン上級コンサルタント上瀧さんがいらしてくださいました。
なんと、NASAの宇宙飛行士も感動したという貴重な純チタンのエッチングによるツェッペリン号を贈ってくださいました。
このクリニックは日差しが柔らかく、本当に落ち着く場所です。

ほんの少し、エッセンシャルオイルで部屋に香りをつけていました。
ローズベコニアとウッドの良い香りが昼下がりの光でうまく機能しています。
朝のタリーズのコーヒーの香りも少し。

070114_14000001 拡大像はこちら。
寸分違わぬ複製です。
骨組み一つ一つが精密に再現されています。

ドイツのツェッペリン博物館の館長ですら、舌を巻いた作品です。
まさにチタンの芸術品です。

070114_17350002ツェッペリン号と、いただいたプリザーブドフラワーは入り口すぐの上に飾りました。
これから上昇気流へ乗れる様にとの願いを込めました。

070114_17360001拡大像はこちら。
素敵な贈り物です。
独りで最終調整していたところでしたので、本当にうれしかった。

さらにうれしい事に、銀座みゆき通り美容外科の水谷先生がいらしてくれました。
いろいろな楽しいお話自体で心が和みました。
ありがとう、水谷先生。
今度は私がお食事おごれる様にがんばります。

いろいろなセッティングを終えたクリニック。
既に多くの人々により命が吹き込まれました。
070114_17350001 多くの人々の全力を尽くした努力により作り上げられた結晶です。
私は、ここまで力を貸してくださった方々の顔を思い浮かべ、静かにお辞儀をしました。
このシステムも今は静かに明日の患者さんを待っています。
もし、このクリニックがうまく行ったなら、それは力を貸してくださった方々すべてのおかげです。

ファックスもHPのシステムを入れました。
お元気で良かったです。隙間を縫ってお見舞いにいきました。でも、さすが写真家さんです。お花一つでも、すごく美しいです。素晴らしい。

本当はダロワイヨのフレッシュジャムのマカロンや、無線通信によるプリントの素晴らしさや、いろいろないつも通りの事を書きたかったのですが、今日は前日なのでクリニックの記事にしました。
今なら冬の寒さに香るシトロンのマカロンも美味しいです。

米国内科学会雑誌の翻訳も終わりました。この正確を期す翻訳、厚労省の論文、女性セブンのためのデータ作成などがいっぺんに重なり合っていました。
でも、最終日に向けて重なり合った沢山の仕事が氷解した気持ちです。

初日からいらっしゃりたいとお話しされていた方々のためにも、静かにでも着実に始められればそれが一番良いと思っています。

一年後にはどのような思い出になっているのでしょうか・・・
(∴テトリスノカケラΣヒトビトノチカラ)

|

« 女性セブンさんが取材に見えられました | トップページ | クリニック初日です/いらしてくださった方々、ありがとうございます »

08.新クリニック/未来の医療をめざして」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130679/13495007

この記事へのトラックバック一覧です: 前日の思い出/今はすぐに過去となる:

» フラワー・アレンジメント [生活知恵袋]
 フラワー・アレンジメントに使う花といえば、バラの花。 真紅、濃いピンク、薄いピンク、オレンジ、パープル、ホワイト、つぼみから開きかけたものまで、四季を通じていろんなものが使われる。 [続きを読む]

受信: 2007年1月15日 (月) 11:55

« 女性セブンさんが取材に見えられました | トップページ | クリニック初日です/いらしてくださった方々、ありがとうございます »