« 日本テレワークさんと納豆 | トップページ | 頭痛の患者さんがいらっしゃいました »

2007年1月23日 (火)

公立病院は難しい

以前お話した都市部での医療崩壊が公立病院から顕在化してきました。
より良い公立病院さんは上手く行っていますので、淘汰が働き始めたと言ったほうが無難かもしれませんが。

一方で私は公立病院や半公立病院勤務が長かったので、医師たちの勤務上の難しさを実感してきましたので複雑な気持ちです。

その一番目は最先端の知識を得るための勉強が難しい事です。
公立病院の医師は、プライベートな企業がスポンサーである勉強会に参加する事を禁止されています。
企業との癒着を防ぐという名目です。それ自体は正しい。
しかしながら、多くの勉強会は協賛企業さんがいらっしゃいます。
かつて、私は胃瘻チューブメーカーさんの学会に出る事を申請しましたが拒絶されたことがありました。
地域の栄養管理の学会にもかかわらずです。
その理由は、その会合には、何社かの企業が協賛していらっしゃったことでした。

また、副業を厳しく禁止しているため、たとえ招聘されても、断らなくてはならない。
自分の能力を使って他の病院で患者さんのお役に立つことができません。
給与が発生せず、たとえボランティアだとしてもダメです。
理由は、『高能力の病院に勤める公務員が民間の御手伝いに自分の判断で行くのは利益供与になるので禁止』ということだそうです。
豊かになった日本では、厳しい競争を勝ち抜いている市中病院に比べ公立病院の方がはるかに施設が老朽化しています。
現状に即していない古い規則です。

今週末、私は千葉県看護協会さんに招聘されて、メタボリックディジーズの講演を行いますが、自分の判断で行く事ができます。

これが、公立病院だったらどうでしょう。
まず、招聘状を上部に出していただき、その可否を仰ぎます。その結果が出るのに通常2-3週間かかります。相手方には待っていただくことになりますが、その結果、ダメと言うこともあるわけです。依頼者に時間が無い今回のような場合はお断りせざるを得なかったでしょう。

つまり、公的病院の医師はその病院の勤務以外に、能力を高めていったりする機会を奪われ、技術の流動性も厳しく制限されているのです。公立病院の能力の高い先生方の力を社会が利用するのは難しいのです。公立病院の先生方がなさる、どれだけ素晴らしいお話をお伺いする機会を奪われている事か。

そして問題なのは職歴です。勤続が大切なので、どんなに能力が高くても、勤続年数が高い職員さんにはかないません。留学して、元の公的病院に戻る流動性もありません。勤続年数はそこで切れてしまいます。

それでは、事実上競争社会に突入している若手医師たちは逃げていってしまいます。
公立病院勤めは昔は能力の高い医師の
安定した勤務先でしたが、動けない(あるいは動かない)というリスクの方が、流動性の増した医療界ではリスクが高くなってしまっています。
能力を高める事でのインセンティブが全く働かず、ひたすら勤続年数本位なので、良い先生達はとても苦労されています。医療は技術職ですから勤続年数だけで計測されると、勉強熱心で、患者さんに慕われる人格の腕の良い若手は逃げてしまいます。

国立大学も産学協同の機運が高まってきました。
公の財政が全てをまかなう事は難しく、小さな政府となりつつあります。
本当に考えさせられる記事です。
そして、病院が消滅するというのはとても悲しい。医療界は大きなうねりの中にいるのだと実感しています。

沢山の仲良しの先生方を思い浮かべ、悲しくなる記事でした。
 

|

« 日本テレワークさんと納豆 | トップページ | 頭痛の患者さんがいらっしゃいました »

04.栄養運動医療アドバイザー / 医療コラムニスト」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130679/13627445

この記事へのトラックバック一覧です: 公立病院は難しい:

« 日本テレワークさんと納豆 | トップページ | 頭痛の患者さんがいらっしゃいました »