« 幸福に関わる短文/ブータンの目指すもの/青い鳥 | トップページ | 詩のような美しい文章 »

2007年2月11日 (日)

ささやかな喜び/GCH(gross clinical happiness)

臨床症状がインフルエンザが疑わしく、検査プレートは陰性の方がいらっしゃいました。

私は、念入りに診察し、経過を見てやはりインフルエンザらしいと思いました。
患者さんによくご説明し、お薬を出し、次週おあいすることにしました。

ところが、予定より早く彼はやってきました。
“家族が中耳炎でかかることになりました・・・”と切り出されました。

私は心の中で、“そうかぁ”と思いました。この前の彼の熱は中耳炎を起こしやすい菌か、ウイルスのためであって、インフルエンザじゃなかったのか・・・と。しょんぼりです。

ところが彼は続けたのです。
“先生がプレートは陰性だったけれど、私にインフルエンザのお薬を出した事をその先生に言ったのです。そうしたら、その先生が中耳炎からくる熱だろうけれども、念のため、と高熱を出した家族のインフルエンザチェックをしてくれました。”

私の耳は彼に釘付けです。“それで・・・”

“うっすらとA型に陽性ラインがでて、早期に見つける事ができました。私も翌日には急に解熱し、とても楽になりました。”

“よかったですね!”私は彼の手を思わず握って、握手してしまいました。

“もしも、先生が私にインフルエンザの可能性があると言わなかったら、その先生もインフルエンザチェックはしなかったと思います。”

彼が良くなったのもうれしいし、私がまだお会いしていないご家族も元気になられてよかった。
そこに日々の小さな幸せがあるのだと、今、噛み締めています。
昨日のブータン風にいうなれば、クリニック幸せ指数(gross clinical happiness:GCH)といった所でしょうか。
幸せは足下にあるものです。
素敵なエピソード、ありがとうございます。

|

« 幸福に関わる短文/ブータンの目指すもの/青い鳥 | トップページ | 詩のような美しい文章 »

08.新クリニック/未来の医療をめざして」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130679/13862611

この記事へのトラックバック一覧です: ささやかな喜び/GCH(gross clinical happiness):

« 幸福に関わる短文/ブータンの目指すもの/青い鳥 | トップページ | 詩のような美しい文章 »