« 清水俊彦先生のセッション/片頭痛は神経の疾患 | トップページ | 今月の俳句 »

2007年9月 2日 (日)

片頭痛は治りますか?

片頭痛は治りますか?

この質問を良く伺います。
脳の血管や神経のシステムを交換することはできないですから、究極的にはNO、だと思います。

でも、こういった場合はどうでしょう。   

真理子さんは数年間ひどい頭痛に悩まされていました。
おとといも吐いてしまう頭痛があって、救急病院でCTを撮影したけれども異常を認めず、痛み止めの処方で帰宅しました。
痛みが続くため、悲しそうな表情でクリニックにやってきました。

『私の頭痛は治りますか?』
いろいろなお話の後、彼女は質問されました。

『ええ。』
多少の語弊を覚悟でそういいました。なぜなら、何もきちんとしたことがなされていない現状よりは必ずよくなると思ったからです。

激しい痛みは数日で治まり、数ヶ月の治療の後、予防薬もいらなくなりました。
月一度通われていましたが、先月初めて頭痛の無い月を迎えました。
『トリプタンがなくなった頃、また来ますね! それまでお元気で!』

彼女は、頭痛が『治った』と言ってよいのではないでしょうか。
外来通院も必要なくなりました。

私はこういった方々を『卒業生』と呼んでいます。
お会いすると優しい言葉をかけてくださる、間中先生の頭痛大学を踏まえてのことです。

『頭痛は治らない』という言葉を気にする必要はありません。
学んでのりきって行けばよいだけです。

頭痛を乗り切るスキルクリニックの外来で学べば乗り切っていけます。
そのスキルが必要なだけです。

|

« 清水俊彦先生のセッション/片頭痛は神経の疾患 | トップページ | 今月の俳句 »

08.新クリニック/未来の医療をめざして」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130679/16276000

この記事へのトラックバック一覧です: 片頭痛は治りますか?:

« 清水俊彦先生のセッション/片頭痛は神経の疾患 | トップページ | 今月の俳句 »