« 頭痛の記事がサンケイリビングさんに載りました | トップページ | 頭痛が無くなる日 »

2007年12月 2日 (日)

リッツカールトンやアルマーニスパの香り/秋葉原駅クリニックでも

香りは非常に重要です。

良い香りがすると、心が落ち着いてきます。

禅寺でも静かな何ともいえない時間を感じる香りがしていて、心が落ち着いていきます。

昨日、ボタニカル・フレグランスのHiroko Kさんがクリニックを訪れてくださいました。

彼女はリッツカールトンやジョエル・ロブションの香りを創られている方です。

彼女自身から何ともいえないすばらしい香りがしたのにはびっくりしました。
香水ではない、不思議な香りで、その空間が違ったものになるような香りです。

数時間、貴重な時間を頂戴し、神経内科の仕事の内容や、クリニックの機能についてお話をさせていただきました。
本当に穏やかな方で、人を癒すということはこういう事なのだなぁと感じさせていただきました。

なんと、今後オープンするアルマーニのスパの香りも全てアレンジする予定との事です。

彼女の作り出すアロマとその揮発方法はとても特別で、機械的なものは使わないとの事です。

リッツカールトンやマンダリンオリエンタルと同じ香りがクリニックでも楽しめます。
人々が行き交い、癒す所、という点で、クリニックとホテルはホスピタリティという点でも共通点が多いと思っています。
いくつかの良い香りが小さな空間を満たすと思うととても楽しみです。

少しずつ、未来型都市型クリニックの基礎が一つずつ、固まりつつあると思っています。

来週の報道機関さんのインタビューにこのお話をしようと思っています。

|

« 頭痛の記事がサンケイリビングさんに載りました | トップページ | 頭痛が無くなる日 »

08.新クリニック/未来の医療をめざして」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130679/17241795

この記事へのトラックバック一覧です: リッツカールトンやアルマーニスパの香り/秋葉原駅クリニックでも:

« 頭痛の記事がサンケイリビングさんに載りました | トップページ | 頭痛が無くなる日 »