« 渋滞学/未来型医療に向けて | トップページ | 日本保健医療学会の理事をお引き受けしました »

2008年3月14日 (金)

macとwindowsを超えて/マシンを超えて

MacOSでウインドウズで作られたファイルに自由にアクセスできるようになりました。
これまで、USBメモリを使っていたのですが、マシンさえあれば自由、というのが良いと思いました。

Idiskwinsshot_2 これが.mac上のディスクが見えているところです。
ネットワークドライブとして、複数のMacOSマシンでSyncしているディスクが見えています。
この画像はWindowsでスクリーンショットして、共有ディスクを通して、Macからアップしたものです。

Screencapture1 こういったことは、Windows XPしか対応していないようです。
Vistaマシンをすべて処分したのは正解でした。

モバイル型Windowsマシンからも見えますので、作業中にアップロードしておけば、出先ですぐに次の作業に移れます。

EMにも加入しましたので、これからさらに忙しくなっても、文章が打てると思っています。
効率性には先があるものです。
仕事が『渋滞』しない事が大切です。

Parallelsを用いた名刺管理はもう少し工夫しようと思っています。
Macには名刺管理ソフトが無いためです。
でも、後少しの工夫でいけそうです。

|

« 渋滞学/未来型医療に向けて | トップページ | 日本保健医療学会の理事をお引き受けしました »

11.お役立ちの話題」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130679/40444297

この記事へのトラックバック一覧です: macとwindowsを超えて/マシンを超えて:

« 渋滞学/未来型医療に向けて | トップページ | 日本保健医療学会の理事をお引き受けしました »