« 谷川俊太郎さんと徳永先生のコラボ/誌と死をむすぶもの | トップページ | 産経エクスプレスの連載が始まりました! »

2008年10月26日 (日)

テレビの収録に行ってきました/噂のクエスチョン11月9日放映(関東ローカル)

昨日、テレビの収録に行ってきました。
Ca340198 いろいろな話題が満載の面白い物でした。
リハーサル中のオキシジェンという方のコントがとても面白くて、それだけでも行った甲斐がありました。

Ca340193 ちょっと余裕見てでたのに、途中よらなくてはならないところが合ってちょっとぎりぎり。
テレビ朝日に急ぎます。
東京タワーももうすぐ見られなくなってしまいます。
スタジオに着くと、奥のエレベーターへ。
Ca340194 扉が開くと、ポスターや視聴率の張り紙があったりして、テレビ局だなぁと。
今日の進行をもう一回思い出しながら乗り込みます。
ちょっとすると控え室へ。

Ca340195_2 控え室に寝ころんで撮ったところです。
ちらっと見えている方が番組製作の方。
実際、色々なこのような方々が大変に苦労して番組を作っています。
製作過程を見てきたのですが、本当に上手。
番組的に面白い物になるように、様々な工夫を凝らしていく過程を見ることができました。

その後収録。
高血圧の原因は一つでないことや、親の遺伝子情報は常にオンとオフが繰り返されていて、それが子孫へ遺伝するというエピジェネティックの話をしました。
太ったネズミのお母さんのコンディションを整えると、やせたネズミの仔が生まれます。
お母さんの遺伝子のスイッチのオンとオフが大切なのです。
最近になり、お父さんの遺伝子のエピジェネティックな話題も報告されるようになりました。

お薬についても、本を書いたので、その知識を利用してお話をしました。
トンデモない情報がテレビで放映される事が多いので、きちんとした科学的に報告された情報をお話できたのは良いのではないかと思っています。
放映時間に比して、収録が長かったので、たぶん色々なところはカットされてしまうのでしょうが。

Ca340199記念に司会の清水俊輔アナウンサーさんに、白衣の背中にサインしてもらいました。
滑舌と歯切れが良くて、時間内に話題を振る技術はさすが。
でも、伊集院光さんは面白いなぁ。
どんな話題を振られても、そこから面白い話に持って行けるのは中々すごい話術です。
どこからでも、笑いがとれる。

「もともと大きかったんですか」と休憩時間に尋ねたら、「大きかったよ」と。
「じゃあ、いじめっ子だったんでしょ?」と言う質問には、「心優しい大きい人間でした」と。
品川さんも面白かった。体脂肪率が落ちすぎると疲れやすいということを実感として話していらっしゃいましたが、なかなか鋭い。

Ca340197 夜遅くまでの収録でしたが、結構楽しかったです。
帰りの出口には、スタジオの模型がありました。
青山病院の模型も綺麗でした。建物の模型は良いものです。
テレビの収録はテレビならではの面白さや楽しさがあります。

|

« 谷川俊太郎さんと徳永先生のコラボ/誌と死をむすぶもの | トップページ | 産経エクスプレスの連載が始まりました! »

08.新クリニック/未来の医療をめざして」カテゴリの記事

16.講演会/取材など」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130679/42907574

この記事へのトラックバック一覧です: テレビの収録に行ってきました/噂のクエスチョン11月9日放映(関東ローカル):

« 谷川俊太郎さんと徳永先生のコラボ/誌と死をむすぶもの | トップページ | 産経エクスプレスの連載が始まりました! »