« 凄すぎの雑誌、Newton/光合成、iPS細胞/中学校受験、高校受験の理科、大人にも | トップページ | おかしの続き/久々のクリスピークリームドーナツ/セガフレードのエスプレッソ »

2008年12月 3日 (水)

ドイツのクリスマスケーキ/シュトレンをグリューワインと/Stollen 

今年もクリスマスのシーズンになりました。
このシーズンにしか現れないケーキが有ります。
Ca340215 それは、ドイツのシュトレン(Stollen)です。
ブランデーやラム酒につけ込んだドライフルーツやナッツをパン生地に練り込み焼き上げた物です。
さらに、何回も溶かしバターを塗って染みこませ、そのうえに粉雪のような砂糖をかけた物です。どっしりしたものを選びます。
Ca340216
このお菓子は日持ちがするので、数週間かけてゆっくりと楽しみます。
粉雪の様子がクリスマスをイメージさせます。
また、それまでの間、少し切っては食べると言うことを繰り返す間に熟成されて、ケーキ自体にブランデーの香りが漂い始めます。

グリューワインと呼ばれる暖かな甘めの赤ワインと一緒に頂くと、体が温まります。日本の赤玉ワインでも十分です。

寒い夜中、論文やコラムを書きながら小腹が空いたときにも結構いけます。
切り分ける量を調節できるところや、男性、女性問わないところが良いです。

でも、ブランデーの香りが高いので、欧州のものはたぶん、大人向け。

さらにバターを塗る(載せる)という強者もいらっしゃいました。
日本のケーキ屋さんでも時々期間限定でごくまれに見かけます。
日本のシュトレンは優しい味で、それはそれで良い物です。

今年は忙しくて買いに行けないので、ネットで調達しました。

バターとレーズンとブランデーの香りをワインと共に。
ちょっと贅沢な気持ちに浸れます。
寒い冬のこのシーズン、なかなか良いチョイスだと思っています。
あまり有名ではありませんが、とてもお勧めです。

冬のお菓子について尋ねられたので記事をお書きしました。

|

« 凄すぎの雑誌、Newton/光合成、iPS細胞/中学校受験、高校受験の理科、大人にも | トップページ | おかしの続き/久々のクリスピークリームドーナツ/セガフレードのエスプレッソ »

11.お役立ちの話題」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130679/43310297

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツのクリスマスケーキ/シュトレンをグリューワインと/Stollen :

» 電気ブラン。 [ブラックコーヒー]
ちょっと変わったところに飲みに行くことがあって知った。『電気ブラン』←たぶんブランデー近くの席のおじさんが飲んでて、少しいただいた。100年以上も昔のお酒で、なんとも不思議な名前です由来を調べたら... [続きを読む]

受信: 2008年12月 4日 (木) 14:32

« 凄すぎの雑誌、Newton/光合成、iPS細胞/中学校受験、高校受験の理科、大人にも | トップページ | おかしの続き/久々のクリスピークリームドーナツ/セガフレードのエスプレッソ »