« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

2009年1月30日 (金)

子供たちに見せられない/心技体の崩壊

心技体のかけらも見られず、少なくとも日本の伝統ではなくなりました。
謙虚という大切な心の重心が無くなり、虚無的な力が支配しています。
また一つ、大切な物を失いました。
あるいは明らかになっただけかもしれません。

子供たちに良いものを伝えるというものでは決してない。
色々な事を教えてくれると言う意味では教育の題材にはなるかもしれませんが。

悲しい事です。

| | トラックバック (0)

2009年1月27日 (火)

くびの痛みや肩こり/片頭痛から

昨年末、清水先生のセッションのお手伝いに伺いました。
Ca340241
片頭痛の人にはクビの痛みや肩こりが多いものです。
よく、緊張型頭痛と言われている物ですが、私は片頭痛の仲間だとおもっているので、そのあたりを質問してみました。

「片頭痛そのものから来るものじゃないかな。アロディニアだと思うよ。」とのことでした。

続きを読む "くびの痛みや肩こり/片頭痛から"

| | トラックバック (0)

2009年1月23日 (金)

ヘリが沢山飛んでいます/秋葉原で火事

Ca340279ものすごい数のヘリが飛んでいます。
バラバラバラバラと音がしたとおもったら、あっという間に空に沢山のヘリがやってきました。


Ca340280 数がすごく多いです。
近くには消防車などが集結してきています。
消防車の数もすごく多い。


来院された患者さんのお話では、ソフマップの隣の角の大きなビルの建設現場付近で火事があったとの事で、通行止めになっている様です。

| | トラックバック (0)

2009年1月20日 (火)

メトロポリターナの取材

Screencapture4 今日は、地下鉄のフリーペーパー、メトロポリターナさんが取材にいらっしゃることになっています。

女性の気になる症状についてお話しする予定になっています。

ウエブサイトを見てみましたが、かわいい冊子のようです。
4月号に掲載予定のようです。
メトロで今度見かけたら読んでみようと思っています。

| | トラックバック (0)

2009年1月15日 (木)

Jobsの意志を受け継ぎ/ねじ穴のない美しさ

スティーブジョブスが休養に入ることが報道されました。

プレゼンテーションのyoutubeを見て、やせていたなぁと思って心配していました。

世代交代の時期なのかもしれません。
Macintosh SE/30やPlusなどの、究極の完成型をねじ穴を隠すような形のワンパッケージで提供するという思想は美しいものです。

こういったこれまでAppleが作り上げてきたものを他の人々の手で進化させる必要があります。

ゆっくり休んで恢復してもらいたいと思っています。

| | トラックバック (0)

2009年1月10日 (土)

福祉と教育

産経エクスプレスにモチを喉につまらせるお話しをお書きしました。

その続きを書こうと思ったのですが、医療システムを含む福祉に対する良い報道がなされていたのでご紹介します。

格差を大きくしたうえで、救いの手をさしのべるという米、英の方法は間違いで、広く浅くセイフティネットを造る北欧型がより効率が良いという考え方です。

続きを読む "福祉と教育"

| | トラックバック (0)

2009年1月 7日 (水)

コンピュータの未来とインターフェース/ジョブスの創った物

アップルは常に疾走を続けてきました。
つぶれかけそうになっても、不要なものをそぎ落とし、必要なものをパッケージングする事で進化してきました。

スティーブ・ジョブズ 偉大なるクリエイティブ・ディレクターの軌跡 スティーブ・ジョブズ 偉大なるクリエイティブ・ディレクターの軌跡
林 信行

アスキー  2007-12-17
売り上げランキング : 13047
おすすめ平均 

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

その姿はここに写真と共に描かれています。

続きを読む "コンピュータの未来とインターフェース/ジョブスの創った物"

| | トラックバック (0)

2009年1月 2日 (金)

青いトラ

なかなか味わい深い絵本です。

青いトラ 青いトラ
Tereza Horv´athov´a Juraj Horv´ath 関沢 明子

求龍堂  2008-10
売り上げランキング : 188876

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

続きを読む "青いトラ"

| | トラックバック (0)

2009年1月 1日 (木)

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。

新年の番組で懐かしい歌の特集がありました。
私が生まれたばかりの頃、バブルを経て長いトンネルに入り、少し上向いたところで現在に至るという、その中での様々な世相を反映した曲が流れていました。
とても懐かしいものでした。
でも、それは全て過去のものです。

続きを読む "あけましておめでとうございます"

| | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »