« 本日のメトロポリターナに記事が載っています/タリーズの「ハニーウォル ドーナツ」 | トップページ | 婦人科の先生方に頭痛の講演会をしました。 »

2009年4月12日 (日)

夏の俳句

課題となっている夏の句を詠みました。昨年の夏の夕方、乾いて赤土のひび割れた地面を、緑色のカマキリが独り歩いていたのを思い出しました。

独りきり蟷螂の影地に伸びぬ

秋も近づき、夕方になるとカマキリの影でも大きく見えるものです。

もう一句。

ひぐらしの止みて広がる星空や

お茶の水駅を下りると、お堀の木では沢山の蝉が鳴き始めます。
時折、一斉に鳴き止むことがあります。
その時見上げた空に沢山の星に気づいたことがありました。
同時に自然の悠久の中の自分の小ささを自覚しました。

ふと視線を移すと、都心にも気づかなかった美しさが静かに佇んでいるものです。

|

« 本日のメトロポリターナに記事が載っています/タリーズの「ハニーウォル ドーナツ」 | トップページ | 婦人科の先生方に頭痛の講演会をしました。 »

03.絵/詩/俳句/芸術」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130679/44614677

この記事へのトラックバック一覧です: 夏の俳句:

« 本日のメトロポリターナに記事が載っています/タリーズの「ハニーウォル ドーナツ」 | トップページ | 婦人科の先生方に頭痛の講演会をしました。 »