« 山中先生の憂鬱/医療立国論/新しい産業の立ち上げに失敗してはならない | トップページ | 「頭痛」改訂中です »

2009年4月23日 (木)

SSRIと攻撃性の関連

抗うつ薬の功罪―SSRI論争と訴訟 抗うつ薬の功罪―SSRI論争と訴訟
David Healy 谷垣 暁美

みすず書房  2005-08-01
売り上げランキング : 17274
おすすめ平均 

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

うつで治療中の人が凄惨な事件を起こしたとき、SSRIの使用をチェックする必要があります。コロンバイン事件でも注目されました

それまで優しかった人がとんでもない事件を起こしてしまう・・・
衝動性を増す可能性が指摘されています。

週刊誌でうつ治療の方が豹変して殺人を犯した記事を拝見し、思い出しました。
準備中の創薬の本でも触れました。

この本に詳細に書かれています。

一読をお勧めします。

|

« 山中先生の憂鬱/医療立国論/新しい産業の立ち上げに失敗してはならない | トップページ | 「頭痛」改訂中です »

04.栄養運動医療アドバイザー / 医療コラムニスト」カテゴリの記事

17.雑言」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130679/44765898

この記事へのトラックバック一覧です: SSRIと攻撃性の関連:

« 山中先生の憂鬱/医療立国論/新しい産業の立ち上げに失敗してはならない | トップページ | 「頭痛」改訂中です »