« 大石学先生の本/地名で読む江戸の町 | トップページ | 看護師さんと医療事務さんを求人しています!(御応募ありがとうございました) »

2009年6月 8日 (月)

新型インフルエンザの遺伝子検査/早急に指針を立てるべき

帰国者と言うわけでもなく、新型インフルエンザにかかられたと言う報道がなされました。

各地で散発的に発生しているようです。
海外からの帰国者でもなく、特別な理由もないようです。

日本感染症学会の行った提言は正確でした。
新聞のコラムではウイルスの異なる2つの生き残り戦略について書きました。

あまり新型インフルエンザ(トンフル)だけに力も注げません。
常に新しい感染症の流行に人類はさらされています。
トリフルもやってくるかもしれません。

新型インフルエンザの遺伝子検査をどのようなときに行うのか、学校のように集団発生しやすい場合は行うのか、明確な指標が必要だと感じています。

細菌やウイルスは生き残るために色々な戦略をとります。
今回、トンフルは広く浅く拡散するウイルスだったようです。
遺伝子検査については、もう少し詳しく私見を記載しました

このまま、季節性インフルエンザの流行時期に突入すると、遺伝子検査は必ずパンクします。100人中10人ぐらいが新型インフルエンザが入り混じっているという結果になるかもしれません。
指針がないと、現場は混乱してしまうでしょう。
多くの医師が素直に同様に感じていると思っています。

私は、簡易キット陰性の人も多いのではないかと感じていますので、感染しているけれどもキット陰性の方も多いでしょう。
キット陰性の方や不顕性感染の方は遺伝子検査からすり抜けているわけです。
そして、彼らを通して知らず知らずに新型は広がっていく。

何のために遺伝子検査を行うのか、どんなときに行うべきなのか、(旧型になりつつある)新型インフルエンザにどう対応していくべきなのか、その明確な指針が早急に求められています。

|

« 大石学先生の本/地名で読む江戸の町 | トップページ | 看護師さんと医療事務さんを求人しています!(御応募ありがとうございました) »

04.栄養運動医療アドバイザー / 医療コラムニスト」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130679/45269402

この記事へのトラックバック一覧です: 新型インフルエンザの遺伝子検査/早急に指針を立てるべき:

« 大石学先生の本/地名で読む江戸の町 | トップページ | 看護師さんと医療事務さんを求人しています!(御応募ありがとうございました) »