« 岡部信彦先生のインフルエンザの講演会/伺いたい謎が解けました | トップページ | 知らずに飲んでいた薬の中身/夏の課題図書/MRさん必読/薬剤師さんも楽しめる »

2009年7月24日 (金)

新書が発売になります/「知らずに飲んでいた 薬の中身」

Kusurinonakamiもうすぐ新しい著書が新書になり、発売になります。見本を頂きました。
「知らずに飲んでいた 薬の中身」です。
胃薬、抗生物質、抗がん剤、抗うつ薬・・・沢山の薬に囲まれて、私たちは暮らしています。

薬はとても沢山あって、そのままでは、よくわかりません。

でも、人類は少しずつ、薬を開発してきました。
薬は、その誕生秘話、生い立ちを少し知るだけで、ずいぶん薬の見方が変わります。

この本を読んでいただけると、区別のつかない味気ない錠剤やカプセルの違いが見えてくるようになります
一見同じに見える、抗生物質や高血圧、糖尿病、高脂血症などの薬の「味わい」が見えてきます。

自分の飲む薬がどんな由来なのか「わかるというのは、安心につながります。

沢山の方にご協力いただき、記すことができました。
皆さん、本当にありがとうございます。

今週の新聞のコラムは、夏に多い咳喘息についてお書きしています。
微熱や咳がつづくようでしたら、カゼではなく、アレルギー性の咳喘息も疑う必要もあります。オフィスに行くと咳が始まってしまうなどという症状も怪しいです。
毎週掲載の月曜日の美しいタブロド紙のコラムにお書きしました。

あわせてよろしくお願い申し上げます。

|

« 岡部信彦先生のインフルエンザの講演会/伺いたい謎が解けました | トップページ | 知らずに飲んでいた薬の中身/夏の課題図書/MRさん必読/薬剤師さんも楽しめる »

04.栄養運動医療アドバイザー / 医療コラムニスト」カテゴリの記事

11.お役立ちの話題」カテゴリの記事

16.講演会/取材など」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130679/45721511

この記事へのトラックバック一覧です: 新書が発売になります/「知らずに飲んでいた 薬の中身」:

« 岡部信彦先生のインフルエンザの講演会/伺いたい謎が解けました | トップページ | 知らずに飲んでいた薬の中身/夏の課題図書/MRさん必読/薬剤師さんも楽しめる »