« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

2009年9月30日 (水)

エコナ/グリシドールとグリシドール脂肪酸エステルの分子構造/ジ・アシル・グリセロール(DAG)/発ガン性の問題は難しい

よく外来で絵を描いて説明していましたので、同じ絵をお書きすることにします。
Fat 脂質グリセロール脂肪酸の分子3つが結合してできています。
脂肪酸にはいろいろ合って、その長さから、短鎖、中鎖、長鎖に分けられています。

リセッタはこの脂肪酸に中鎖をチョイスしたものです。
Risetta

一方、エコナは脂肪酸が2本の脂質を合成したものです。
2本を意味するジ(di)から、ジ・アシル・グリセロール(DAG)と呼ばれます。

Photo

ちなみに、一つはモノ(mono)、3つはトリ、トライ(tri)と呼ばれます。モノコックボディのモノ、トライアングルのトライです。

ちなみに、脂質は、脂肪酸が3つグリセロールに結合しているので、トリ・アシル・グリセロールとも呼ばれます。この、トリは3つと言う意味です。

グリシドール脂肪酸エステルはこんな分子構造をしています。
Photo_2C(炭素原子)2つとO(酸素原子)1つでトライアングル構造をしています。
面白い形ですね。こういった形の酸素原子は活性が強いものです。

Hatena
このエステルから脂肪酸が外れて、グリシドールだけになるかどうかが問題になっているワケです。

Jpg グリシドールは全ての脂肪酸が外れた、トライアングルを持ったCが3つの分子です。
脂質を作るときに必要なグリセロールは、グリシドールを経て合成されることもあるようです。

ジ・アシル・グリセロール(DAG)自身が不安定なのか、
脂肪酸・グリシドール・エステルは、グリシドールへ変化するのか、

発ガンに関係する濃度以上になるかどうか、

それが問題となっているわけです。絵に描くとわかりやすいですね。

発がん性の評価と言うのは難しい問題です。
たとえば、ワラビに含まれている発ガン物質プタキロシド(ptaquiloside)
通常では食べることができない量のワラビを食べると、そのときに初めて、発ガン性が問題になります。
なので、ワラビは『安全』なので規制されていません。

「全ての食品には大なり小なり発ガン性物質が含まれている」とお話される学者さんの発表を聞いたこともありますし、日光に含まれる紫外線も、私達の体で常に発生する活性酸素も全て発ガン性を有します。
全てを取り除くのは不可能です。
そんな環境の中で私達の体は、ガンにならないように、ガン細胞が生まれても見逃さない、ガン細胞がいたとしてもできるだけ長く共存できるように、けなげに戦ってくれているのです。

大切なことは、科学的な客観的な検証を行うことだと思っています。
消費者省が結論を早急に出すという報道もなされました。
こういった問題には、落ち着いて理系脳で対応すべき問題だと思っています。

| | トラックバック (0)

2009年9月26日 (土)

新型インフルエンザワクチン/輸入ワクチンの最新情報

毎週月曜日に連載しているサンケイエクスプレスのコラム

来週月曜日の記事は、海外から輸入される予定の新型インフルエンザワクチンについて、分かりやすくお書きしました。最新の情報です。
これまでの記事から通覧すると、どのような違いがあるかが、さらに詳しく理解できると思います。

大流行も予想されており、正しい知識が必要とされています。

9月28日 月曜日、首都圏の駅で販売予定です。
美しい写真満載の新聞で、100円。
よろしくお願い申し上げます。

続きを読む "新型インフルエンザワクチン/輸入ワクチンの最新情報"

| | トラックバック (0)

2009年9月22日 (火)

『新版 頭痛』 現在、完売御礼!

Zutubook沢山の方に支えられて著した『頭痛』が完売になりました。
順次、Amazonに納品されると思いますので、よろしくお願い申し上げます。

肩こり頭痛、なで肩といわれて悩まれていらっしゃる方。

頭痛は治らない、気のせい、更年期障害、ストレス、市販の痛み止めでも飲んでいたら・・・・
と言われて悲しい思いをされている方、あきらめることはありません。

そのメッセージを伝えるためだけに生まれた本です。

新版 頭痛 新版 頭痛

新水社  2009-09
売り上げランキング : 45788

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

最新の情報をリニューアルした『新版 頭痛』。 碧色の表紙です。カバーをめくると、頭痛が消えてニコニコ顔のギミックは健在です。 今後ともよろしくお願い申し上げます。

| | トラックバック (0)

2009年9月20日 (日)

オイリオのリセッタ、コレステとエコナの違い/自然、不自然ということ/糖のように分解される脂肪酸と植物コレステロールの競合阻害

健康オイルでは、エコナの他に、日清オイリオのリセッタコレステが有名です。

どう違うのでしょうか?
エコナはグリセロールに脂肪酸を2つ結合させたオイルでした。
不安定さがあり、加熱により、グリシード脂肪酸エステルが生成されてしまうことが問題でした。

日清オイリオのリセッタコレステは全く違うオイルです。
コレステはマヨネーズのサラリアやディフェと同じメカニズムです。

日清オイリオ 日清オイリオ ヘルシーリセッタ 600g [体脂肪] 日清オイリオ 日清オイリオ ヘルシーリセッタ 600g [体脂肪]

日清オイリオ  2003-04-28
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

この2つは、面白い性質を持ったオイルです。
リセッタはグリセロールに3つ中鎖脂肪酸を結合させたものです。

脂肪酸には、短鎖脂肪酸、中鎖脂肪酸、長鎖脂肪酸とうものがあります。
脂肪酸は炭素が鎖状につながったものですが、その長さが短いもの、中ぐらいのもの、長いものに分けています。
長くなればなるほど、水に溶けづらくなります。

DHAの学会発表のときに、リセッタで用いられている中鎖脂肪酸の発表をお伺いしました。
ビンに入っていた中鎖脂肪酸は透明で、水のように粘り気無く、オイルのように褐色でもありませんでした。
「面白い脂肪酸だなぁ」と、壇上のお隣で日清オイリオの方のお話をうかがった覚えがあります。
なんといってもその特徴は、中鎖脂肪酸は人間の体で糖の様に分解されるという点でした。
人のからだでの、脂肪の代謝経路と、糖の代謝経路は異なります。
中鎖脂肪酸は水に溶けやすく、糖のように分解されていくという点でした。
脂肪組織に蓄積されにくく、代謝により分解されやすい性質を持っています。

日清オイリオ ヘルシーコレステ 600g 日清オイリオ ヘルシーコレステ 600g

日清オイリオ 
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

一方、コレステ自然界に存在する植物ステロールを用いたものです。
コレステロールと植物ステロールは非常によく似た分子です。
ところが、私達は植物ステロールを吸収するものの利用できず捨ててしまいます。

小腸では植物ステロールとコレステロール両方を吸収しますが、食品に植物ステロールを含まれていると、コレステロールの吸収が抑えられます。
100コレステロールを吸収したいときに、コレステロールだけを含む食品を食べると100吸収してしまいます。
植物ステロールが80含まれていれば、私達は、植物ステロール80、コレステロール20吸収します。そして、植物ステロールは捨てられてしまう。
つまり、コレステロールの吸収が抑えられるわけです。

こういったものを、競合阻害とよびます。
いわば、小腸のコレステロール吸収レセプターを植物性コレステロールで競合阻害しているわけです。

一方、ゼチーアというコレステロール吸収阻害薬は、コレステロール吸収の仕組み自体を抑える薬です。なんと、ペニシリンに似た形をしています。

サラリア

ディフェ

こういった植物ステロールの性質を利用して、マヨネーズも作られています。
中鎖脂肪酸は自然界に存在するものであり、リセッタはグリセロールにきちんと3分子結合したもので、(DAGを含有しないと仮定すれば)脂質分子としても自然な形をしています。
コレステに含まれている植物ステロールは植物の細胞壁、つまり野菜やキノコに含まれているものです。

こういったものなら安全なのではないかと思っています。
患者さんからよくうかがう、健康オイルについての質問をまとめてみました。

こういったコレステロールと植物ステロールは、ステロイドホルモンにも似た構造をしていて、創薬の分野でも大変に興味深い話題があります。ゼチーアの話題も含めて、拙書でも触れました。あわせて御参照ください。

知らずに飲んでいた薬の中身 (祥伝社新書165) 知らずに飲んでいた薬の中身 (祥伝社新書165)

祥伝社  2009-07-28
売り上げランキング : 45054

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | トラックバック (0)

2009年9月19日 (土)

健康エコナ回収/グリシドール分子はトライアングル/DHAとの違い/人工的なものの危うさ/お勧めはグレープシードオイル

以前、DHAの話をお書きしたときに、人工的な油脂は良くないのではないかということをお書きしました

人間の体は、自然界に昔からあるものを分解して利用して暮らすように出来ているからです。
新たに人工的に作られた食物の振る舞いは予想しないものがあります。

その当時は、商品名を出すことは良くないと思ったので、何もお書きしませんでした。
身の回りの方々にはお話していましたが。
先日大きく報道されていて、やはりそうだったのか。 と思いました。

私たちが、台所で揚げ物をすると、油は酸化して使えなくなってしまいます。
でも、ファーストフード店では、繰り返し一日中揚げ物を続けています。

油が違うからです。

油は、炭素の鎖が直線状に並んだものですが、その鎖の途中に酸素が結合しやすい場所があります。

あらかじめ、そこに、水素をくっつけてしまっておけば、酸素がくっつくことが出来ません。
つまり、酸化しない油になるワケです。トランス脂肪酸が便利なのはそこです。

エコナの場合は、脂肪酸を人工的にチョイスし、2つの分子をグリセロールと反応させて、DAGを合成したものです。そういった脂肪酸2つの脂質は、もともと自然な食品にはほとんど存在しません。〝不自然な形のオイル〟なわけです。

私たちの体は、そういった自然界に存在しないものの吸収分解経路をもともと持っていません。エコナはそこを逆手にとって、吸収利用されにくい点を利点にしていたのですが、今回は足をすくわれてしまいました。
DAGそのものではなく、加熱により生成された 副産物(グリシドール(glycidol)脂肪酸エステル)の分解産物のグリシドールの発がん性の可能性が言われています。まだはっきりしていないようなので、心配は無用かもしれません
ただ、そういったものが混入されてくるという不安定さは人工のものだからだとも考えられます。

グリシドールはC(炭素)3の分子で、C2個とO(酸素)原子でトライアングル(環)を作っている分子です
その環を水分子で開裂させると、グリセロールが合成できます。そういった際の中間化合物として(chemical intermediate)用いられることもあるようです。この酸素原子はラジカルの性質を持つので、そこが細胞やDNAの障害性を持つのかもしれません。

このグリセロールに3つ結合している自然界のものとは異なり、2つだけ脂肪酸を結合させたもの(DAG)がエコナです。
そこから脂肪酸が外れたり外れなかったりして、グリセロールがグリシドールに変化したものが、発がん性を持つと問題になっているグリシドール脂肪酸エステルであると考えられます。
脱臭のため過熱したところ、グリシドール脂肪酸エステルが生成されたとのことでしたが、
もともと、脱臭加熱前の原料には、グリシドール脂肪酸エステルが、どれぐらい含まれていたのか、存在しなかったのか。
◎グリシドールは発がん性があるが、グリシドール脂肪酸エステルは安全なのか。
◎そもそも脂肪酸が2つなので、グリシドールが生成されやすい分子構造だったのか。
◎エコナ(DAG)の家庭での加熱ではグリシドール脂肪酸エステルは生成されないのか。
◎体内でDAGや
グリシドール脂肪酸エステルが代謝されて、グリシドールが生成されないのか
など、疑問に思うところは沢山あります。

もし、グリシドール脂肪酸エステルが加熱前には含まれておらず、加工方法を変えれば混入を防げて、DAGが体内で代謝されにくく、代謝されても、グリシドール脂肪酸エステルやグリシドールにならないのであれば、食品として存続できると考えられます。
検証するためには、グリシドールの性質が分からないので、不確かですが、エコナのグリセロールの炭素原子を放射線ラベリングしたものを用います。グリシドールあるいは、グリシドール脂肪酸エステルはグリセロール分子から生成されるからです。
ボランティアがラベリング・エコナを摂取後に採血。
血液中の成分をクロマトグラフィや質量分析機などで分析すれば直ぐに分かることではないかと思っています。あるいは開裂されやすいグリシドールの酸素原子を検出する系を用いても良いかもしれません。
組織への蓄積したものについては、動物を用いざるを得ませんが。

残念ながら、先ほどの、酸化したり、分解されたりしないトランス脂肪酸は体内に蓄積され、動脈硬化などを促進するため、有害といわれています。
アメリカでは使用禁止になっています。EUでも制限されています。日本では制限はありません。

酸化して短期間で使えなくなってしまう油が正常なのです。
便利さとコストダウンの代償を健康で支払うのは得策ではありません。

コスタドーロ グレープシードオイル1000ml

アンデス産 グレープシードオイル

私は、グレープシードオイルがよいのではないかと思っています。
酸化しにくいオレイン酸が多く含まれているからです。
イタリア産、アンデス産のグレープシードオイルです。

オリーブオイルよりさらっとして、癖が少ないので、サラダや白身魚、貝などとよく合います。薄味のパスタにも良いです。
色もグリーン色が美しい。

ワインのぶどうの副産物(種)だけ合って、ポリフェノールも含まれています。
1mlのオイルのために1kgのぶどうが必要といわれています。
昔はポピュラーでなく、高価でしたが、今は良い品質のものが安価(1ml=1-3円)になっています。

人工的なものや、単一のあるものを精製して大量に摂取するなど、非自然的なものには危険が潜んでいる。
今回の話題も、その延長線上にあるのではないかと思っています。

| | トラックバック (0)

2009年9月18日 (金)

初めてみる表示/amazonで注文できず

Amazon_2 大学の先生から、大学生協さんが本を注文しても入庫しないというご連絡を頂きました。

とりあえず数冊、本をお送りしようと思ってアクセスしたところ、初めて見る表示になっていました。

しばらくすると、また違う表示になっています。
Korekuta
秋葉原の書店さんに注文して、届き次第お送りすることにしました。不思議なこともあるものです。

| | トラックバック (0)

2009年9月16日 (水)

『頭痛 新版』が出版されました。

頭痛の新しい本、『頭痛 新版』が出版されました。

『頭痛』から大幅に改訂をしており、新しい本になりました。

頭痛の頻発や連発からの脱出に主眼を置きました。

『知らずに飲んでいた薬の中身』
は品薄が続いていてご迷惑をおかけしております。
ネット上では品切れですが、出版社さんがきちんと再配分されているようなので、書店さんにご注文の程お願い申し上げます。

宜しくお願い申し上げます。

| | トラックバック (0)

2009年9月11日 (金)

HTV成功おめでとう!/日本の技術力/効率の良さ

HTVが成功しました。おめでとうございます。

スペースシャトルの落日~失われた24年間の真実~ スペースシャトルの落日~失われた24年間の真実~

エクスナレッジ  2005-05-12
売り上げランキング : 104652
おすすめ平均 

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

翼のあるシャトルの効率の悪さを克服した物資輸送衛星です。

今回は無人ですが、人が乗っていく可能性もあります。
大量の物資が積めますので、人が乗り込むスペースは十分確保できます。
有人飛行は、しがらみからあえて控えているという状態だと思います。
効率よく宇宙と行ったり来たりするのには、この形がベストです。日本ならではの効率の良い技術です。

国産旅客機MRJ飛翔 国産旅客機MRJ飛翔

大和書房  2008-05-22
売り上げランキング : 70212
おすすめ平均 

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

日本では、MRJというリージョナルジェットの開発も進んでいます。
もっともっとこういったことを報道して、若者が自分の国に誇りを持って、自国の技術の研鑽に喜びを見出してもらいたいものです。

濡れ手に粟の大金をつかむ、短時間しか人間の脳にアドレナリンを供給しない薬物を得る、といった建設的ではない事では、人は幸せになりません。

この国には、自分の手で建設的に生きていける道が沢山あります。
文系は詳しくありませんが、理系で言えば、ケミカルもバイオもエレクトロニクスも、車産業にもいくつも道が開けている。トロンがつぶされても、次を必ず作れます。
HTVもその一つです。
代替がないので、つぶされることもなさそうです。

日本は地道に形のある新しいものをつくり、人々に貢献する。
私達の国ははそういった性質を持っている思っています。

万能細胞の研究費を凍結するかも、という報道もなされました。
新政権が「前政権のことはとりあえず反対という考え」から脱し、未来の国の富を生む科学技術を進めるための僅かな投資を惜しまないことを願います。

この国の未来は、製造業だけでなく、重工業とバイオといった未来の二つの技術にかかっています。これらは色々なものに「化けてさまざまな産業に広がる性質」を備えているからです。

こういった事が繰り返し、どんどん報道されると良いと思っています。
国民の沈滞ムードを、ロケットで吹き飛ばしてもらいたいものです。

| | トラックバック (0)

地震のときに備えて/171を憶えておきましょう

地震のときに備えて、水と食料、緊急用トイレを用意しておくと良いでしょう。

(お徳用ボックス) サントリー 天然水(南アルプス) ペット 2LX6本 (お徳用ボックス) サントリー 天然水(南アルプス) ペット 2LX6本

サントリーフーズ 
売り上げランキング : 3

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2L 6本で500円ぐらいです。プライムの人だと送料もかかりません。2年間は持ちます。

続きを読む "地震のときに備えて/171を憶えておきましょう"

| | トラックバック (0)

2009年9月 9日 (水)

『頭痛<新版>』が出版されます!/トリトリ体操が載っています!

Zutunohon今日、著者用のサンプルが届けられました。
前回の『頭痛』から数年。

ほとんど内容一新となった、『頭痛 新版です。

イミグランの自己注射やアマージも登場し、頭痛診療はずいぶん様変わりしました。

トリプタンを用いている患者さんも増え、世の中もずいぶん変わりました。

頭痛が減ったために、数ヶ月おきの受診で済む患者さんを、クリニックで拝見するにつけ、「頭痛を起こさないことが大切」というメッセージがより大切だと考えるようになりました。

続きを読む "『頭痛<新版>』が出版されます!/トリトリ体操が載っています!"

| | トラックバック (0)

2009年9月 7日 (月)

絵本を描き終えました/絵本の中の彼ら

昨日、コンテストに出すための絵本を描き終えました。

時間的に余裕がないけれども、丁寧に進めていたので、とても時間がかかってしまいました。

現在、文章の校正をしています。
絵本の中の彼らが力を発揮することを願っています。

| | トラックバック (0)

2009年9月 6日 (日)

バリエーションがあるから前に進む

人には色々な性質が備わっています。
バランスよくその性質がブレンドされていないことの方がほとんどです。
社会とのあつれきが生まれるときに、そのことに人はハッと気づきます。

大人のアスペルガー症候群 (こころライブラリー イラスト版) 大人のアスペルガー症候群 (こころライブラリー イラスト版)
梅永 雄二

講談社  2008-08-30
売り上げランキング : 3129
おすすめ平均 

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
大人のAD/HD 注意欠如・多動(性)障害 (こころライブラリー イラスト版) 大人のAD/HD 注意欠如・多動(性)障害 (こころライブラリー イラスト版)

講談社  2009-05
売り上げランキング : 43491
おすすめ平均 

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

この2冊は非常に参考になります。

続きを読む "バリエーションがあるから前に進む"

| | トラックバック (0)

2009年9月 1日 (火)

薬剤名の重要性/ジェネリック薬の薬品名も重要

サクシンサクシゾン
筋弛緩薬ステロイド薬です。よく似ています。

これらの取り違えによる事故が報道されていました(キャッシュファイルです)。

知らずに飲んでいた薬の中身 (祥伝社新書165) (祥伝社新書 165) 知らずに飲んでいた薬の中身 (祥伝社新書165) (祥伝社新書 165)

祥伝社  2009-07-28
売り上げランキング : 4528

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

自由に名づけられているジェネリック薬の薬品名も同様の問題を含んでいます。 この本には、アルダクトンAという薬のジェネリック薬が、アルマトールという薬品名になり、糖尿病薬アマリールと似てしまったための事故についてお書きしました。

サクシンスキサメトニウムという名前に変えて、サクシゾンと間違わないように工夫しているとのことでした。

ジェネリック薬は後発として、新しい名前でどんどん発売になります。
先発薬のこうした工夫もなされていません。
早急に改善すべき点です。

| | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »