« 国産インフルエンザワクチンと輸入インフルエンザワクチンの違い | トップページ | JBpressの方が頭痛診療の取材に見えられました/本の売り切れが続いていて申し訳ありません »

2009年10月 8日 (木)

脆弱な東京のJR/首都圏は風が吹いただけで麻痺/KMタクシーは無事

Yamatesen 今日の朝、東京に台風が接近はしていましたが、直撃は受けず、大雨も降らずに、ちょっと風が強い程度でした。夜中の雨天は過ぎ去り、9時過ぎには青空が広がり始めていました。10時には快晴に近い日差しになりました。

それなのになんとJRがすべて長時間にわたり止っています

JRに乗れない人々はメトロや都営地下鉄へ移動し、大混雑のため地下鉄も麻痺。
メトロや都営地下鉄は地下にあるのに、健気にも洪水に備えながら、全面運休を避けながら、多くの人々の移動を助けました

地下鉄にあふれた人々はタクシーへ。
そして、タクシーや車の混雑のため、バスも停止しました。
このように、JRが全面的に運休してしまうと、都市圏の移動は他の代替輸送機関もあっという間に全て障害を受けることが証明されました。

私は何とか道を偶然走っていたKMタクシーさんをつかまえることが出来て、クリニックに到着しました。道すがら、メトロやJRの駅からあふれかえった人々を拝見しました。

KMタクシーさんは営業所が一箇所業務停止になりましたが、その車は他の会社が運営しているそうです。また、他の営業所はきちんと営業されているとのことでした。ドライバーさんと話していろいろわかりました。

SUICAや新幹線など先端的な技術は素晴らしいのですが、鉄道本来の足腰を鍛えてもらいたいものです。
冬の北海道、札幌では吹雪でも雪でも、10分おきにきちんとJRが運行されています。

雨はもちろん、風も止んだいまでも、山手線を含め、都市部JRが全て運行停止しているようです。8時に始まり、現在の11時過ぎまでまだ続いています。

安全確保のため、やむを得ないとは思いますが、全線同時に運転見合わせは無いでしょう。少なくとも部分的に動かす工夫をすべきです。

風速25m以上の場合、運転停止する規則になっているようです。
今後、風が強いときにはJR全面停止することを前提に自分たちで用意する必要がありそうです。
今回の場合は、風が吹くことは自明でしたから、あらかじめきちんと皆さんにお知らせすべきだったのではないでしょうか。
(10月9日)

天気は晴れの日ばかりではありません。

大雨や洪水の地域ならまだしも、ちょっと風が強いだけで全て全面的に運行停止というのは、ホントになんとかしてもらいたいものですが、しかたありません。
自分たちで対処していくことにしましょう。

|

« 国産インフルエンザワクチンと輸入インフルエンザワクチンの違い | トップページ | JBpressの方が頭痛診療の取材に見えられました/本の売り切れが続いていて申し訳ありません »

17.雑言」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130679/46428213

この記事へのトラックバック一覧です: 脆弱な東京のJR/首都圏は風が吹いただけで麻痺/KMタクシーは無事:

« 国産インフルエンザワクチンと輸入インフルエンザワクチンの違い | トップページ | JBpressの方が頭痛診療の取材に見えられました/本の売り切れが続いていて申し訳ありません »