« 体育の先生とお会いしました/トリトリ体操 | トップページ | 細胞培養による技術/輸入・新型・インフルエンザワクチン・セルテュラ/アジュバントの話 »

2009年10月31日 (土)

黒岩 祐治さんと和田秀樹先生の番組/大学でのプレゼン/神経内科の有用性

エビデンス主義―統計数値から常識のウソを見抜く (角川SSC新書) エビデンス主義―統計数値から常識のウソを見抜く (角川SSC新書)

角川SSコミュニケーションズ  2009-07
売り上げランキング : 32632
おすすめ平均 

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

フジテレビのアナウンサーだった黒岩 祐治さんと、受験や映画の大家である和田秀樹先生が司会をされている衛星放送に出演してきました。

メンタル的な問題についての連携についての話題でした。
都立松沢病院のリーダー的な精神科医、林先生のお話がお伺いできたのは収穫でした。

司会のお二方に新版頭痛の本を差し上げました。
和田先生からも御本を頂戴しました。
『正常値』という数字に追われて、医の本質を失ってはいけない、という良書でした。

林先生、和田先生、黒岩さん、よい機会を与えていただきありがとうございました。

同じ日の夕方、大学にて、神経内科の必要性についてのプレゼンをしました。
高齢者社会において、総合内科医である神経内科はお金もかからず、いろいろ判断できるとても有用な科です。

大好きなバカリズムさん風にスケッチブックの絵を準備して、若い先生に一生懸命お話しました。

|

« 体育の先生とお会いしました/トリトリ体操 | トップページ | 細胞培養による技術/輸入・新型・インフルエンザワクチン・セルテュラ/アジュバントの話 »

16.講演会/取材など」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130679/46606753

この記事へのトラックバック一覧です: 黒岩 祐治さんと和田秀樹先生の番組/大学でのプレゼン/神経内科の有用性:

« 体育の先生とお会いしました/トリトリ体操 | トップページ | 細胞培養による技術/輸入・新型・インフルエンザワクチン・セルテュラ/アジュバントの話 »