« 週末頭痛の予防 | トップページ | 始まりの始まりの週/忙殺の一週間/頭痛学会のスライドもできました »

2009年11月10日 (火)

JIN/仁/梅毒とペニシリン/薬を作る苦労

知らずに飲んでいた薬の中身 (祥伝社新書165)
知らずに飲んでいた薬の中身 (祥伝社新書165)
おすすめ平均
starsたいへん読みやすい
stars読みやすい本

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

『JIN/仁』はなかなか面白いドラマです。

現代医療を身に着けた医師が、江戸時代にタイムスリップし、そこで必死に人々を守ろうとする姿を描いています。

前回は、梅毒の患者さんのためにペニシリンを作るお話でした。
ペニシリンは発見されても、大量生産できなかったため、現実に使われるようになるには少し時間がかかりました。

そのあたりの苦労も描かれていて、なかなかのものだと思いました。

医療は一日にして成らずのもので、多くの積み重ねで薬は開発されてきました。
私たちが何気なく接している薬たちは本当に貴重なものです。

上記の本では、他の抗生物質の発見や、抗がん剤の発見と開発についてもふれました。

|

« 週末頭痛の予防 | トップページ | 始まりの始まりの週/忙殺の一週間/頭痛学会のスライドもできました »

04.栄養運動医療アドバイザー / 医療コラムニスト」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130679/46719036

この記事へのトラックバック一覧です: JIN/仁/梅毒とペニシリン/薬を作る苦労:

« 週末頭痛の予防 | トップページ | 始まりの始まりの週/忙殺の一週間/頭痛学会のスライドもできました »