« ガンダムカフェ/製作中でした/GUNDAM Cafe | トップページ | 国立西洋美術館のフランク・ブラングィン展 »

2010年4月24日 (土)

居ても立ってもいられず、劇場版銀魂 新訳紅桜篇

劇場版銀魂 新訳紅桜篇 MOVIE GUIDE 劇場版銀魂 新訳紅桜篇 MOVIE GUIDE

集英社  2010-04-16
売り上げランキング :
おすすめ平均 

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

居ても立ってもいられず、ロードショー初日の朝一で銀魂の映画を見に行ってきました。もちろん、WALD9のKINEZOで予約してからです。

早朝の新宿は人もまばらです。
男子だらけだと思いましたが、女の子が一杯でビックリです。本当に女子が多くて70%ぐらいを占めています。

なかなか始まらないし、なかなか終わらなくて、そこも笑わせて頂きました。
漫画しか見たことが無くて、アニメは初めてだったので、銀時と桂がカッコ良く動いていて斬新でした。神楽の声が予想よりもキュートな感じでした。
新八はぴったりの声。自己紹介のメガネから大笑いです。

泣くほど笑わせて頂きました。気分転換にはぴったりです。
映画が終わったところで客席から拍手が湧いていました。
アニメの映画で拍手なんて、ビックリです。時代の変化を感じます。年とりました。

バクチ・ダンサー(初回限定盤) バクチ・ダンサー(初回限定盤)
DOES

KRE  2010-04-21
売り上げランキング : 8
おすすめ平均 

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

初回限定版 バクチ・ダンサーもオススメです。
今、この曲をヘッドホンで聞きながら、新聞の医療コラムを書いています。

ナルトやブリーチも良いけれども、私はやはり「ワーさんとナーさん」の銀魂が一番好きです。スマートさ、クールさに加わった人情味が良いです。

「その“邪魔だ”って言っているスッキリしないゴチャゴチャしたものが、生きているってことだし、俺たちの力の源なんだ」なんて、カッコ良すぎです。
誰と出会うのか、誰を愛するのか、何と戦うのか、人の人生はそういったものに常に翻弄されていきます。
どこか、ドラマ「JIN」を彷彿とさせます。

アニメはジブリだけでは無いし、ずい分と洗練されたものです。銀魂はモザイク入りですが。
自由を感じます。

|

« ガンダムカフェ/製作中でした/GUNDAM Cafe | トップページ | 国立西洋美術館のフランク・ブラングィン展 »

11.お役立ちの話題」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130679/48170140

この記事へのトラックバック一覧です: 居ても立ってもいられず、劇場版銀魂 新訳紅桜篇 :

» 映画:「劇場版銀魂 新訳紅桜篇」♪。 [☆みぃみの日々徒然日記☆]
平成22年4月28日(水)#63647;。 映画:「劇場版銀魂 新訳紅桜篇」。 配 給 :ワーナー・ブラザース映画 監 督 : 高松信司 原 作 : 空知英秋 脚 本 : 大和屋暁 声 : 坂田銀時 (杉田智和)・志村新八 (阪口大助) 神楽 (釘宮理恵)・桂小太郎 (..... [続きを読む]

受信: 2010年4月30日 (金) 16:14

« ガンダムカフェ/製作中でした/GUNDAM Cafe | トップページ | 国立西洋美術館のフランク・ブラングィン展 »